TOP > CATEGORY - ちょっと一息☆Column

Column0145 2018年8発目、沖縄遠征ダイジェスト その4

皆様こんばんは、


本日オフ、昼前に宅内実食を3個完了させ、昼からは荷受待ちをしていた所、予定の2梱包とは違う物が到着した。それは先日沖縄で購入した島とうがらし、コーレグースである。


実は遠征から帰宅後、持ち帰って来たリュックの中身を楽しみにチェック。しかしそのコーレグースが無い。あれっ?と、帰りに増えたビニール袋の手荷物の中を探すも無い。あっれ?ホテルの部屋に置いて来たのかな?と、思い出せないのが気持ち悪く、次の日、ホテルに電話して聞く。無いと言う回答。そしてこのコーレグースは1日目3軒目の楚辺そばさんで購入したもので、お店で忘れたのだろうかとも思い、電話して聞くとやはり無いとの回答で、ついでにまた購入して送って頂けるか聞いた所、快くオッケーして頂けた、や、やった〜〜ものグラムでした(ながいわ笑)。


いや、本当に今でもそのコーレグースに関しては購入して安心したのか(笑)全く記憶が無いままで今も気持ち悪いんですが(笑)、楚辺そばさんから届いた梱包はとても丁寧で、達筆な字でご購入ありがとうございます、と書かれ、銀行振込先を手書きされたカードがとても丁寧に添えられていました。そう、なんと後払いにて発送して頂けたのもとても嬉しく感じました。明日速攻で振り込みするから待っててね!(きょうふりこめや笑)と、今目の前に楚辺オリジナルコーレグースがありにんまり(笑)。500円の商品調達に合計約2,500円掛かってしまったけど、自業自得やなあ(笑)と思うワタシでした(笑)。



では!
本日も無事荷受け完了しホッとしたトコロで、洗濯もしたしバッチリ!(笑)元気いぐでっ!!!






沖縄那覇遠征初日全ての実食を終了迄がその3。しかしかなりの距離を歩いたのと、ギックリ背中、そして満腹120%となり、3軒実食後直ぐはかなりしんどかったながら(笑)、見る景色が全て新しいのでそれが紛れた。後、撮影の事でも頭がいつもメモリを食っているので(笑)、それも逆に苦しさは紛れていたのかもしれない、沖縄そば楚辺を出ると14:43。



entry_img_2392.jpg


Column0144 2018年8発目、沖縄遠征ダイジェスト その3


この古民家を店舗に改築して営業されている楚辺は一見入りにくそうながら、実はそれ程思わなかったのは個人的。中は14時を過ぎていたのに満席に近い状態で賑わいを見せていた、やはり地元の方にも愛されている人気店と言う印象だった。(店内や店舗の詳細は近々ショップメンにてアップ予定致しますので宜しくお願い致します)


この後、本来の予定では首里城かもうひとつ、観光スポットに行く予定にしていたが、もうむでぃむでぃ(無理無理の意笑)!よく考えてみると4時起床からはもう軽く10時間を超えている。ホテルチェックインが15時からなので、とりあえずチェックインして軽く休んでから、夕方は宴ビアーに遠征時のみ解禁のスイーツを買いに(笑)、いや、それと夜の景色の撮影もしたいなと思いながら歩き出す。


その楚辺を出ると、この様な景色。



th_1800001213IMG_9271.jpg


大きく楚辺と言う文字が確認出来、此処も建物となっている。実は今年2018年6月にオープンしたばかりのタコス、タコライスの専門店をオープンされたのには驚き。このタコス、タコライスもかなり興味あり頂きたかったが、もう胃袋は限界を超えている(笑)、またいつか行けたらなと思った。


そしてもうひとつ、石厳當と書かれた大きな石、岩が確認出来る。全国的にはご存知ない方も多いと思われるので簡単にお伝えすると、一般程には「いしがんとう」と読み、沖縄では比較的よく見られる、沖縄の文化に深く根付いた物。沖縄で古くから信じられている魔物、マジムンを撃退する魔除けの役割を果たすと言われる石碑。


そのマジムンは、沖縄で言い伝えられている魔物総称で、股をくぐられた者は死んでしまうと言う迷信があるそう。種類は様々ながら動物、獣の身なりをしたものが多いそうで、そのマジムンは直進方向にしか道を進めず、曲がる事が出来ない。その為、直進し家の中に入って来る為、沖縄で多くあるT字路やY字路の突き当たる場所にこの石厳當が置かれているのが多いのだそう。


シーサーも魔除けではあるが、今現在も現地にしっかり根付く魔除けの文化が他ではなかなか見られない、それらが今回の短時間の遠征でもしっかり感じられた。ちなみにこの石厳當は鹿児島県にもあるそうで、鹿児島では「せっかんとう」と割合多く言われるそう。それもまた確認できたらなあ、鹿児島もいつか行くぞ!本当は18年に必ず行く!は実現出来なかったので2019年!と思った。


そして更に、このまま進みたい所ながらスルー出来なかったのがこの石厳當、東北では秋田、幕末から明治初期に建てられたと考えられる古い石厳當が多数確認されているそうで、え”っ!?また出た奇妙な符号(前回遠征は岩手・秋田、それから約1ヶ月半後に今回の沖縄那覇の繋がり)が確認されたのは帰ってから(笑)。



th_1800001213IMG_9196.jpg



しかし楚辺の石厳當は格別に大きく、この様に置かれていた。



さて、そこから帰路、ホテルに向かうはず、ながら住宅地というのもあり、シーサーもしっかり確認出来る。今までコチラに来るまでも、ゆいレールの駅から店舗、あらゆる所に居たのがシーサー。石厳當はご存知ない方も多いだろう中、シーサーは全国的にも知名度は高い。しかし住宅地のシーサーは一般に根付いている証しで、それぞれに色々なシーサーを見られるのはかなり堪らなかった。



th_1800001213IMG_9280.jpg



この様な現代的にカッコよくも感じさせ、



th_1800001213IMG_9286.jpg



ほぼ見えないながら(笑)、この様なモダンな家にもしっかり鎮座されていた。



th_1800001213IMG_9289.jpg



そして



th_1800001213IMG_9288.jpg



この様に壁に嵌っている石厳當。もとい、今回は石敢當。実は石敢当、泰山石敢當、石敢東、石散當、石散堂、石厳當等あるらしく、文字違いを見られたのも大きかった。いや、堪らんなあ(そればっかやな笑)



そして元の道を帰る中、行きに撮れなかった場所の撮影をしながら駅に戻り、ホテルまではゆいレール一駅で到着。



th_1800001213IMG_9307.jpg


この時15:26。


そして駅を降り歩き出すと直ぐ。



th_1800001213IMG_9311.jpg



この建物も堪らないなあ、は実は銀行。個人的にこの古い様式の建物に弱い事が判明(笑)、本当にぼーっと眺められる自信がある(笑)。



th_1800001213IMG_9315.jpg



やはり県庁前は国際通りもある都会で、この辺りは景色として全く沖縄に来た感覚を忘れる程。もう此処から直ぐにホテルがある、ちょ、ちょいやすませて〜〜〜!本気の心の声(笑)。


つ、ついた〜〜!や、やった〜〜!!



th_1800001213IMG_9317.jpg



と思うのもどうかと思うが(笑)、なんとか到着は15:34、今回お世話になるのはアパホテル那覇。かなり良い立地で、国際通りも直ぐ近く。行けるか?今の段階ではわからない(笑)。



た、ただいま〜〜〜!


と思わず声が出てしまいそうになる帰宅的チェックイン。(笑)



th_1800001213IMG_9322.jpg



実はツインだが、もちろん一人である(笑)。今回無駄にツインにさせて頂いたのはある程度の広さが欲しかった為。しかしそれでも今回宿泊費はほぼ5,000円(税込)。しっかりテイクイットイージーなのは貫いているつもり(笑)。15:50。



重かったリュックを置き、身につけていたものを出来るだけ取り外し少し横になる。さすがに少し疲れたので、そのままゆっくりフェードアウトする様に意識が遠のいて行った。


しかしこれで初日を終わらせられるワケでは無く、まだ本日のメニューは残っている。一旦小休憩させて頂いた、通常ならまだ昼過ぎばりばりの時間帯に横になるのであった(笑)。



はい!
う〜む、今回も全く進んでないな、ダイジェストちゃうなですが(笑)、これでも今までの遠征記事を思うとかなりカットしてます(笑)。もう初日が最終に近づいてますので(今までは1日終了までに10話位は当たり前だった笑)。これ以降はかなり早いと思いますので宜しくお願い致します(笑)。ではココまで!





ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 遠征 沖縄 ラーメン旅 那覇 那覇空港 県庁前 楚辺

    Column0144 2018年8発目、沖縄遠征ダイジェスト その3

    皆様こんばんは、


    本日遠征明け2日目、ギックリ背中完治まで後5%に迫った今(まだなおってへんのかい笑)、オフ前の夜を迎えている、康直にやった〜ものグラムです(笑)。


    いや、もう完全に通常モードにはなっているんですが(本当ですよ笑)、少しゆっくりしたい、と言うか動画の編集をしたいと言うのがひとつ。


    今回遠征時にかなり動画撮影をしたんですが、動画は全くの素人、初心者なので構想が具体的にイメージ出来ない、編集の経験も極端に少なく、まだ何の経験も無いに等しいので、手当たり次第録画ボタンを押してみたんですが、果たして使える画がどれだけあるのだろうか?それを明日、実際にパソコンにデータを移して編集作業に入りたいと思っています。でもその動画チェックの間、使えるものが少なくええっ?となるのは想像出来る様な気がする...(笑)。


    では!
    最近カップ麺どないなっとんねん?ですが(ワタシもそう思う笑)、ええい!今一番タイムリーに書かなあかんのが遠征や!今までとは少しちゃうで〜と、元気いぐでっ!!!






    前回までは出発から沖縄空港に着き、いよいよゆいレールに乗った、ゆいレール沿線テイクイットイージー旅が開始。何故テイクイットイージーかと言うと、予算が低く、荷物も最小限度のリュックひとつの身軽さで挑むからである(笑)。


    今回は今まで持って来ていたMacBook Proもギックリ背中の為、出発時まではリュックに忍ばせていたもののあだだだとなり、なんとか無しでも原稿途中まで仕上げていたのでスマホでアップや!と、玄関でこのパソコンをリュックから出し出発した。


    そして1軒目最寄駅に到着するも、いざ徒歩経路を調べてみると約3.7kmもある事が判明。本気で面食らった感がありながらも事前準備不足から来る自業自得(笑)。いや!絶対に行ってやる!あ、行かせて頂きたい!と、逆に燃え(笑)、片道1時間づつ、移動だけで往復2時間掛け、元の駅に戻って来たのであった(笑)。



    entry_img_2391.jpg


    Column0143 2018年8発目、沖縄遠征ダイジェスト その2


    しかしこう書くだけではどれ程の距離かはわかりにくいだろう、一応簡単ながら地図を用意してみる(笑)。



    th_1800001212IMG_9762.jpg



    下のマークした円が古島駅、そして中央右上がいしぐふーらーめん城間店。右下にある尺は500mで、コレを見る限りでは3.7kmもあるのか?と思われる方もいらっしゃるだろう、同じく思ったのがワタシだったが(笑)、やはり曲線と言う厄介な要素がその距離を伸ばした様だった。(直線素直に考えた甘さに今まで色々行って来てわからんのかい、と自分で思った笑)


    この線のルートを往復2時間、よくよく考えてみれば7:20発の9:40着のフライトとほぼ同じ時間を費やし、飛行機なら神戸空港に戻れるのかと思うと尺というものはつくづく怖いなと思った瞬間。(笑)徒歩だと往復約8km弱しか移動出来ない、しかし飛行機だと約1,200km離れたこの地に今上陸し色々思っている、また脳内メモリがヒートしてしまいそうだった(笑)。全然テイクイットイージーな発想では無い(笑)。。あかん!つ、次やっ!!と強く思う事にする。(笑)


    スマホ歩数計も常時バックグラウンドでカウント。古島着前にスクリーンショットしたのがコチラ。



    th_1800001212IMG_9125.jpg



    やはり9km歩いている、この歩数計アプリはなかなか誤差が少なく感じる。iPhoneのモーション・コプロセッサというチップの凄さを改めて感じさせるが、固すぎてなんの事を言っているのやら?になるので割愛(まだでたぐだぐだ笑)。


    そしていよいよ此処から改めて2軒目スタートだが、ゆいレールであっという間に最寄駅。旭橋と言う駅に到着。



    実は本来予定していた初日訪問の店舗は明日に変更し、まだ確定していなかった後ひとつの枠をこの初日2軒目に急遽決定。それは今回のルートからかなり効率的でもあり、個人的にかなり気になっていたひとつでもあった為。この旭橋から徒歩10分圏内(信号多く停止も含む)にある2軒目、やっと到着。古島駅着から約30分、13:28。



    th_1800001212IMG_9136.jpg



    中華そば ぬーじボンボンメンデス。
    個人的に気になるリストに入っていたが、当初は訪問予定が無かった店舗。しかし予定と現実が違うのも旅の醍醐味であり、1軒目に相当時間を要したのが簡単な理由で(笑)、実はかなり自由にチョイスしたのは正直な所。行った事も経験も無いのでチョイスはフリーであり、しかしそれも旅の中のひとつのご縁としてしっかり刻みたいと思う次第。



    th_1800001212IMG_9160.jpg



    ルックスとしては昔ながらの中華そばを思わせる仕上がり。それが沖縄、那覇で頂けた経験は大きかった。(コチラも詳細はショップメンにてもちろんご紹介させて頂きます。)



    実食が終わり外に出るは13:55。やはり1軒目の移動2時間が効いている昼過ぎ。ながらもう1軒は必ず行かせて頂きたいと決めていた初日本命の3軒目。ココから徒歩すぐにある店舗。しかし14時過ぎての3軒目実食は夜の宴が出来るかかなり心配(笑)、今現在腹具合7割強と言った所だろうか?カラダに言い聞かせているので思いっきり働いてくれているのを自覚しながら、す、すまん、もう1軒行かせてもらうで!普段朝しか実食してないのんわかってくれるよね?ねっ!!たのんます〜!と、言い聞かせるというか、お願い、下から懇願である(笑)。



    th_1800001212IMG_9764.jpg



    ココでわかりやすく改めて地図。古島の丸からゆいレールで旭橋駅という駅に着き、そこからの2軒目がぬーじボンボンメンデス。そしてそこからさらに徒歩はこの地図からも直ぐだと言うのがおわかり頂けるだろう個人的本命店。いよいよそこへ向かう。


    ごく普通の観光では感じられない地元住宅がある路地を歩く、コレはその現地のリアルを感じられるものであり、旅行は生活感を感じさせない現実離れがリゾートという定義とすると、個人的に求めているものは現地の生活感とリアルである事を改めて知った瞬間でもあった、この路地の光景は個人的に宝物であった。やはり我が住まいでは味わえない光景が広がる。



    th_1800001212IMG_9179.jpg



    ごく普通にありそうな光景ながらに無い光景。それを思うと日本全国どの地域にもそれが当てはまるだろうかもしれない、しかしこの沖縄の空気感とこれは無いよなあ、たまらんなあ、と進んだ。ちなみに動画撮影と静止画撮影を同時並行がなかなかマイメモリでは追いつかず、動画を撮っている時はそれモード、あっ!写真!と思うのはその後で、同じ場面で動画静止画を撮れていない(笑)。実は移動中ずっと撮影に動画静止画を撮り続けており、油断が全く出来ないのは正直な裏側である(笑)。



    th_1800001212IMG_9183.jpg



    地元の方からすれば当たり前かもしれない公園。しかし何このノスタルジックと勝手に思う感覚、青々とした南国の一面が公園にも現れてるやん!え?コレ12月?冬?


    そんな一瞬思い一枚。ながら実はGoProタイムラプス撮影中、動画静止画同時撮影の瞬間(笑)。



    th_1800001212IMG_9185.jpg



    この公園にはやはり南国を感じさせる生きて来た足跡を感じさせるこの木。我が住まいでは100%見られない光景に見入る。(笑)


    この路地の世界はやはりたまらんなあ、一瞬麺を忘れた?い、いや、一瞬だけよ、もう着くがな!とこの時14:02、たった7分間で思いは深くも浅くも自由自在(笑)、都合よく歩を進め、スマホ地図上でもう直ぐがわかると若干緊張感が走る(笑)。



    th_1800001212IMG_9190.jpg



    この看板が示すのが今回本命の3軒目。住宅街にありながら知る人ぞ知る店舗でもあるだろう。インスタント麺マンからすると商品化されたお店でもありそれなりの知名度もあるかもしれないが、実際に足を運び訪問する確率は決して高くは無いだろう、それを絶対行く!と決めたのが今回の一番でもある沖縄那覇初日のトリ。



    th_1800001212IMG_9269.jpg


    沖縄そば楚辺。
    戦後の古民家を店舗として作られたお店で、入口も普通に家の玄関、ドア。実際にお店に来る人々はカップ麺商品化され有名になったものの観光客よりは地元に愛されるお店としての印象があった。地元の方々がごく普通に頂きに来ている印象が強かったお店だった。ドアを開けて靴を脱ぎ、そして畳の居間へ、ごく身近な家へ訪問する様な本来あった感覚が現代では失われつつあるあるなあ、ごく普通だったのが堪らない古き良きの感覚かなあ、と、正直このスタイルは新鮮に感じた。(コチラも近々ご紹介させて頂きます)



    th_1800001212IMG_9246.jpg



    今回唯一のラーメンでは無い沖縄そばを堪能。
    この沖縄そばは我が関西、近畿圏で言ううどんの様なソウルフードでもあり、実に馴染みを感じさせる素朴な味わい。個人的関西人のワタシもすんなり入って来る美味しさは飾る事無く、しかし染みる味わいだった至極繊細な奥深さ。万人に愛されながらその味わいの文化が生き残った味わいはやはり素直。その奥に深さもあるながら、原点を感じさせた旨味、この土地の素直さを感じさせられもうギブアップ(笑)。



    実は座敷の姿勢が何よりめっちゃカラダ硬いねんのワタシにはキツかったのは正直に(笑)。腰と股関節の筋肉の負荷(笑)、腹具合7割から一気に120%になった麺量のサービス精神混合が忘れられない感謝と苦痛同時の至福だった(笑)。正直腹120%の腹具合は超苦しかったものの、マイカラダはベスト尽くしました!と声が聞こえて来、や、いつも無理させてごめんな、遠征時だけは無理させるけど普段1食で休めてるやんね?いや、でもいつもありがとう!



    と、勝手ながら自分のカラダに感謝の意を送り、維持して頂くより他なかった、本命の訪問が現実となったのは堪らなかった瞬間でした。



    あれ?
    今までのぐだぐだ遠征と全く変わらんやん?のダイジェスト沖縄ですが(笑)、出来るだけ早く完結します。(笑)待った思う迄進まなかった〜!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 沖縄そば 沖縄 那覇

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク