TOP > CATEGORY - サンヨー食品

file02495 サンヨー食品株式会社 燻らーめん スモークチーズ味

皆様こんばんは、


本日帰りの電車、座った瞬間に眠りに就いた、あ〜、今日はなかなかやった、あ、昨日がなかなかやったなあものグラムです(笑)。


何日か前から冒頭であるイベントと何度も書き濁して来たのが昨日で、それが自分の中の今年最後で最大の壁、だとも思ってたんですが、それを明かすと関西最大の麺好きが集まる会、いや、日本一と言ってもいい程の会。


「第37回 関西望麺会 2018冬の陣」


と言うもので、麺好きなユーザー、そして何よりも麺に関わるお店の店主さんや、製麺や製粉業者など、総勢260名余りが参加された今回のそうそうたる麺麺が集った交流の会、実は今回独り身で飛び込み的に参加させて頂きました。


今回夏過ぎにこの会、どうしたら参加出来るのか気になり見てみると、特に参加資格と言うものは無さそうだった、そこから参加させて頂きたく参加表明をさせて頂いたんですが、やはりこの様に一人で飛び込み的な参加者は余りいないそうで(今回ご一緒させて頂いた麺ブロガーのかなり先輩の方から)、逆にビックリされ、しかもインスタント麺ブロガーがこの会に参加させて頂いた、と言うのも前例がどうやらなさそうでした(笑)。いや、でも今はショップメン、ちゃんと遠征もさせて頂いている初心者ラヲタの一因でもある(と自負している笑)ので、今回初の参加、実は当日どうなるか、どんな雰囲気の会かもわからない中、なんとか周りの方が仲良く話しかけてくれ、温かく迎えて下さったのをこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。



しかし!
この会、時が経過するごとにどんどんわちゃわちゃ(笑)。さすが大阪!と、最近こんなパワフルなまとまりの無い(かなりの褒め言葉)、それぞれが楽しまれている会、そうそう無いと感じさせ、楽しむ時は楽しむ!そしてちゃんとする時、締まる時は締まる!的な、本当にこんな大規模でエネルギーに満ちた会はやはりそう無いだろうと、今回はその中の一人として参加させて頂いた意味合いはかなり大きかった、楽しかった!と、帰って来ました。



そして遠征や節目にいつも何かの偶然があるんですが、今回、この11月24日、大阪で開かれたこの望麺会のタイミングでなんと!大阪万博決定。全国的ニュースで皆様ご存知だとは思うんですが、日本時間の24日未明、2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会がパリで開かれ、加盟各国の投票で日本(大阪)が選ばれたんです!



望麺会の冬の陣のタイミングとどんぴしゃに、しかも1970年の大阪万博以来55年の半世紀以上ぶり、その発表がこのタイミングで、初めて参加させて頂いたこのタイミング、正直、いつも自分には直接は関係無いんだけど(笑)、いつも何かあるのが本当に今回もビックリでした。


ちなみにこの望麺会は1999年に第1回目が開催され今年で19年。そのトップは沖山欣也さんと言う方で、通称はPAPUAさん。ラーメン雑誌「究極のラーメンぴあ 関西版」の初代四天王であり現在もその四天王のトップ。


そんな会に参加させて頂けた今回、というか2018年、本厄ものグラムは最高の1年になってないか?ぇ?と思いながら、明日はオフ、ちょ、ちょっとゆっくりさせてもらうで〜、でした(笑)。ちなみにワタシのネーム、相変わらずまぬけ感丸出しで、しかしコレがわいなんよな〜、なんて今回のネームタグを撮り、記念の一瞬を記録しました(笑)(直には貼りませんがコチラ


では!
正直カラダ的にはかなり疲労感があったのは正直ですが、気分はなかなか堪らないものがあった、今年は遠征後一発が最後の最後に残っている!と言うワケでそのモードに切り替え参りたいと思います!おっしゃいぐでっ!!!






では今回はオールドからの一品ですが、コレも絶対に外せない一品で、このリリース後は見かけない希少さを感じさせます。味わいには風味も大事な要素の一つですが、そこに着目された、え?そう来ましたか!?と思わずビックリ、そしてかなり楽しみにさせた一品。燻と言えばもうどんな感じかおわかり頂けるでしょうか?



コレです!パケ〜〜〜!!!



entry_img_2374.jpg



らーめん スモークチーズ味


2016年4月11日発売、価格は180円(税別)の一品で、同時にリリースされたもう一品はすでにご紹介済みですが、なんでこんなにインターバルがあるのかは不明(笑)、もう一品は↓コチラ


file02260 サンヨー食品株式会社 燻らーめん スモークチキン味


今年2月から9ヶ月ぶりですが(笑)、もう一品はスモークチキン味、それにしても燻らーめんは他では本当に無いよなあと、インスタントラーメン史にしっかり刻まれた、この着眼点の素晴らしさを感じさせた一品です。



今回はその燻、なんとスモークチーズ来ましたか!とさらに驚かされたんですが、パッケージにある、一度は食べたい奥深いスープの味、本当に一度は食べたいと手に取られた方もいらっしゃると思います。



早速ですがこの予測が出来ない様な楽しみな味わい、見て参りましょう!



th_1800001125181125002kunramen.jpg



th_1800001125181125003kunramen.jpg



めん60g、356kcalの食塩相当量は5.6g、脂質は14.9g。熱量と塩分はまずまず高すぎない数値ですが意外としっかりしているのが脂質でしょうか、頂く前の感覚では全体的にさらっとさっぱりしてそうで風味がしっかり来る様な予測をするんですが、意外としっかりと風味だけでなく食べ応えもあるのかな?と楽しみにさせます。


中身を見てみましょう。



th_1800001125181125004kunramen.jpg



かやく、粉末と調味油構成。フライ麺は断面の丸いスナック感がしっかりあるでしょう。いよいよ!3分仕上げに参ります、速攻で完成!!



th_1800001125181125005kunramen.jpg



本当にシンプル、そしてスープはクリーミー感を感じさせる白さで、豚骨塩の味わいかな、そして今の段階では目に見えないのが燻の香り。かやくはキャベツ、コーン、人参、鶏・豚味付肉そぼろと、決して多くは無いながらに彩りは非常に良くキレイです。


あとは頂くしか無い、燻が楽しみすぎます。頂きます!


th_1800001125IMG_9577 2



脂質の高さがあるのがこの仕上がりで感じられますね、ポークエキスにポークコラーゲン、そしてチーズパウダー、クリーミングパウダー、チーズ加工品のクレジットが原材料にされており、やはりかなりしっかりとクリーミーからの燻を感じられそうです、と言いながら実はもう頂く前のこの段階でチーズの香りが漂う、この頂く前の瞬間も堪らなかった(笑)。いざ!ずずz。


うわっ!
もうスモークが最初から鼻腔に広がる。なかなかしっかりした香りが大人な感覚(もうおっさんなってもうとるがな笑)で、しかしスープ自体はクリーミーとチーズが主の味わいかな、豚骨なスープでは無い、ヌードル系のクリーミーな印象で、タテ型カップで販売されてもおかしく無い印象なんですが、それがどんぶり型で発売されたのも興味深いポイント。


しかし最初に感じられたスモーク感はこの後地クリーミーとチーズへと行き、前に出過ぎないのが何よりも良かったかなと思います。出しすぎると不自然な印象を受けるながらその辺りのコントロールがなかなかに素晴らしかったです。


麺参りましょ!



th_1800001125IMG_9585 2



しなやかに仕上がったわかりやすいフライ麺。このスープとも相性がかなり良さそうです。



うん、もうしっとりと言うかみずみずしさをも感じさせる仕上がり。弾力もありもっちりと、このスープがどんどん絡むスープとの相性は素晴らしく、ヌードル麺でももちろん美味しいとは思うんですが、この丸麺も合う、そしてこの合わせが他でありそうで無いのが良かったかなと。


そしてこの麺を啜る時に再度入って来るスモークの風味。クリーミーの美味しさへ移行して行く中、ふとまた感じさせるこの感覚が何よりもニクい、と言うか堪りませんでしたね(笑)。この風味のコントロールは本当に絶妙な一品でした。


ではココまで。
明日は少し体を休めて夜には完全復活させたいと思います(笑)。





ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 燻製 スモークチーズ味

    file02451 サンヨー食品株式会社 塩とんこつラーメン(デイリーヤマザキオリジナルPB)

    皆様こんばんは、


    本日、昼休憩時にふと思い出しスマホでそれをチェックするとああまたかの事態。


    え〜〜と、次のオフはいつかいな?と、うっわ!む、無理やん〜〜!!


    実は最近の日清のフライングゲットのフライングはかなりタイト。今回もまた発売6日前だった。



    う〜ん、転送、してもらおかな〜〜、と、一旦番号を控え、そして電話番号も一緒に準備する。



    しかし、



    ん、まてよ。今日不在でさっき配達された、それで今この番号をメールで知り、今控えてると。先週はあの助かりました〜のお父ちゃん配達員、もう帰って来る時間はそろそろわかってもらえたかも、そのお父ちゃんのケータイ番号は、今わからんし、今日の夜に賭けてみるか!


    と、無事仕事も終了、通常通りに帰って来る。



    そして我が家に戻って来ると、やはり、コンパクトワゴンの車が停まっている。その車の中には誰もおらず。今配達中なのは間違いない。ここはマンションの駐車スペースの一角。



    下から自分の棟を上から舐める様に見て行く。しかしその配達員、お父ちゃんの姿は無い。


    あれ、違う棟かな?と見渡すも見つからず。



    しかしここで我が家に帰ると、そのエレベーターですれ違い受け取れないかもしれない。一旦エレベーター前に迄来たものの、車の側までバックした(笑)。



    しかし待てど全く来る気配が無い。もう我慢ならん!と、エレベーター2機共に1階に来るタイミングを見計らいそれに乗り、我が家の階に到着。若干の不安があり、それは本日どうしても受け取りたい、その思いがそうさせるのであった。


    そしてエレベーターホールから一歩、そしてまた一歩と歩を進め、我が家の通路が見えた瞬間。



    お父ちゃんっ!!あっ!ピンコ〜ン中やん!



    間違いなく我が家、部屋前にいる姿はお父ちゃんや!なんかまたおらんのか〜的なしょぼんとした感じや、いや、わいもめちゃ助かりました〜や!おとうちゃ〜〜ん!


    と、歩をさらに進めると、やっとその気配に気づき、そのタイミングで大きくハンズアップ、ここにおるで〜と、二人は出会えた(笑)。


    その後、やはり2梱包がしっかり台車の上にあり、お父ちゃん、



    「いや、助かりました〜〜!」



    と、そして、


    「いえいえ、コチラこそめちゃ助かりました〜ありがとうございます〜!」


    と交わし、ギリゲをなんとか受け取った、



    いやあ、今回の判断も間違ってなかったなあ、もうコレからの事もあるし、顔も覚えてもらった筈やから直談判させてもらおかな〜ものグラムでした(笑)。



    いや、今回も本気でギリセーフ(笑)。もうフライングの意味合いがかなり変わって来た日清さんのフライングゲットですけどね(笑)、いや、そもそもコレに食らいつくと決めた次第、負けるワケにはいかん(笑)!受け取る側も進化せなアカンねや!と思いながら、いや、コレ進化かな?とも思うワタシでもありました(笑)。



    では!
    そのフライングは即実食でご紹介させて頂くので宜しくお願いいたします(笑)、けどね、ホッとしたトコロで(笑)、元気いぐでっ!!






    はいよ〜〜!!



    今回はサンヨー食品さんから、といってもデイリーヤマザキさんからと言ってもいいでしょうPB(プライベートブランド)な一品。皆様のお住まいの近くにこのデイリーヤマザキさんがある方にとっては馴染みがあるかもしれませんが、そうで無い方にはこの一品はなかなか頂けない一品でもあります。PBのご紹介もまだまだ出来てないんですが、今回の一品の味わいはヌードル系では無いのはポイントでしょう。とんこつなんですが、こんな味わい。



    コレです〜〜パケ〜〜〜!!



    entry_img_2307.jpg



    塩とんこつラーメン



    シンプルなパッケージデザインがデイリーヤマザキさんの特徴でもあるこの一品、今回は塩とんこつラーメン。盛りつけの写真がサイドに載った白を基調としたわかりやすさがとてもいいですよね。


    サンヨー食品さん、サッポロ一番が有名ですが、サッポロ一番といえば塩、とも連想させ、今回の塩はとんこつの塩ダレか、もしくは塩ラーメンからのタンメン的な野菜感をとんこつにミックスされたか、一瞬戸惑うんですが(最近のラーメンカテゴリはより複雑で一般的にわかりにくい為(そちらについてはまたひとつの記事にさせて頂きたいと思います))、今回はより一般にわかりやすい後者、とんこつのクリーミーに香味野菜を合わせた塩ラーメン要素をプラスされた一品でしょう(硬くてすません笑)。



    では!
    今回あえてこれ以上くどくど言いません!(笑)さっそく続き参りましょう!



    th_180000919180919003shiotonkotu.jpg



    このトップも超シンプルなのがデイリーヤマザキさんPBの特徴。塩で青い印象は昔からのイメージなんですよね。



    th_180000919180919002shiotonkotu.jpg



    めん55g、320kcalの5.6g。脂質は12.7gで、総合的にもそこまで高く無い数値、若干塩分数値が高めかな、程度です。全体的にライトに速攻頂ける感覚ですが、塩とんこつ、楽しみになって来ました〜!



    中身を!



    th_180000919IMG_6895.jpg



    今回かやく見栄え悪くすません、ですが(笑)、この野菜、キャベツの色はかなり変わってしましたが、同時期に実食でも個体差があり今回は結構進んでしまった感があります。まあこれは言い訳でしかないのでこの位にしますが(笑)、いや、すません(笑)。



    では!
    3分で仕上げ!参ります!!



    でけました〜〜〜!!



    th_180000919180919004shiotonkotu.jpg


    おお!
    この仕上がりで珍しいのはキャベツ、鶏豚そぼろにねぎ、あれれのふんわりたまご、そしてキクラゲまでもが装備された具材でしょう。とんこつにキクラゲは九州福岡では定番的、そして肉の鶏豚、キャベツねぎもカップの定番ながらにふんわりたまごまで、一見ヌードル系の具材の豪華さが素晴らしく感じるんですが、他には無いトッピングミックスでもあります。スープはわかりやすい白い白濁とんこつ。



    これいかに?



    まずあ〜〜〜〜っぷっ!!



    th_180000919IMG_6905.jpg



    しっかりしたとんこつを感じる白濁スープはオイル分も適度にあり美味しそうです。では!ずずz。



    うん!
    塩の結構パンチのある美味しさと甘味旨味の強さはサッポロ一番をやはり感じさせる美味しさで、やはり力強い塩でした。しかしそれ以上に、予想を超えるクリーミーさも感じられたのはクリーミングパウダーとポークコラーゲンの強さ。コラーゲンで脂質を抑えながらに濃厚な感覚を味わえるのはよくあると言えばよくあるんですが、クリーミングパウダーの脂質ありのクリーミーさとの合わせのバランスがとても良くて、結構な力強さを演出されていました。



    そしてキャベツを始めとした野菜の具材からの速攻だしの自然な甘味がよりそれにプラスされて、結構攻めのとんこつの味わいの角を丸く収められた感があるバランス感がごく普通に美味しく感じさせました。



    め〜〜んっ!!



    th_180000919IMG_6909.jpg



    ヌードルの平打ちでは無い丸い細麺仕上がりですね。
    やはりつぷっとした歯切れの良さと麺自体の軽さが感じられ、この55gはあっという間に完食。このライトな麺の感覚がスープのとんこつ具合とマッチしたバランス感。


    思った以上にクリーミーで野菜の甘み旨味を感じさせた味わいはタンメンな塩プラス?は勝手ながらの想像で(笑)、思った以上にしっかりしたとんこつと麺を感じたライトながらしっかりした美味しさでした。



    さて、と、
    今回はココまで。


    このデイリーさんの他の味わいもまだありますのでね、またご紹介させて頂きます!お楽しみに〜です。



    blogramで人気ブログを分析


    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン PB とんこつラーメン

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク