TOP > CATEGORY - サンヨー食品

file02516 サンヨー食品株式会社 沖縄そばの名店 楚辺監修 (沖縄そば)

皆様こんばんは、


本日夕方から、ここ最近では感じられなかった足の冷えを感じた、さっぶさっぶ〜!ものグラムです(笑)。


そう言えば今朝、滅多な事では降らない雪がチラついてたなあ、と思い返すんですが、この我が住まいで雪がチラつくとは尋常では無いだろう寒さかなと、全国的にも寒かったと思います。そしてインフルエンザがかなりの猛威だそうで、くれぐれも皆様、お気をつけて元気で頑張れます様に!と意を乗せておきます。おまいが気つや、あ”、ほ、ほんまや(笑)。



では!
決して気を緩めず免疫を高め(笑)、うっしゃ!元気いぐでっ!!!






今回はオールドのカップ麺からですが、先日沖縄遠征にて実食させて頂きました唯一の沖縄そば、その商品化されていました一品のご紹介と参りたいと思います。ここ最近オールドのご紹介が滞ってましたが(笑)、このオールドももちろんしっかりご紹介させて頂く所存。(笑)


ではコチラです!


entry_img_2419.jpg



沖縄そばの名店 楚辺監修


実は商品名自体に麺の表記がないと言う今回ですが、クレジットとしては(沖縄そば)として付け加えさせて頂きました。個人的にはやっと現実にお店に行けた喜びもあるんですが、実はそのとうの昔にこのカップ麺実食をさせて頂いてました。



この一品はファミリーマート限定で、実はファミリーマートと言っても株式会社沖縄ファミリーマートとサンヨー食品株式会社との共同開発として全国に販売された一品なんです。そして販売数は限定26万食で、2016年7月21日発売、価格は200円(税別)でした。



ではまず実際のお店の佇まい、内装、料理は実際に行かせて頂き頂いて参りました、↓コチラとなります。


shopmenfile060 楚辺 軟骨ソーキそば

皆様こんばんは、本日気がつけばもう冬至、一番夜が長い陰の極まり、陰極まりて陽に転ず、この瞬間が毎年意外と好きな、うっしゃ〜ものグラムです(笑)。明日からほんの少しづつ陽が長くなって行き、気がつけばあれ、最近陽が暮れるの遅くなったよね?この感覚が堪らないんです(笑)。正直個人的には特にオフの時、17時位でもう1日が終わる感覚があるのでめっちゃ早く感じるのがあって(笑)、夏至近くは2時間位それが遅くなり長...




実は楚辺と言う名前はそのまま地名でもある那覇市楚辺で、築65年の古民家を店舗に改装した、赤瓦屋根が特徴の店舗で、地元の方々にはもちろん、観光客も訪れる人気のお店。創業は2009年2月で、もうすぐ10年になる、実はまだ比較的新しいお店でもありました。


今回、この一品を発売する事により、沖縄県の魅力を県内外に発信したいという想いがあり、この様に実際に商品化されたそうです。


しかし実際に行ってみると老舗と思わせる佇まいのお店で、お店は本当にあるお宅に訪問させて頂く感覚を憶える、初めてだと若干入りづらい?かもしれません。しかしドアを開けると活気に満ち、昼過ぎに訪問させて頂いたながらも後からどんどんお客さんが出入りし、訪問時は地元の方の来店が多かった印象でした。この古民家、お家スタイルというのも沖縄のキーワードのひとつかな、結構この古民家改装のお店って多いんだな、と後で知りました。



では、この一品、本題に入って参ります。続きを見て参りましょう。



th_1900000109190109002sobe.jpg



サイドもトップもかなり彩り良いパッケージですが、あくまで青空に海はイメージ。実際のお店は海に近い訳では無く、しかし沖縄を簡単に連想させるわかりやすさはとても良いですね。しかし実際に行くと結構な住宅街の奥にあります(笑)、到着時の喜びはなかなか堪らなかったなあ、と思い返します。赤瓦の屋根が室内からも見え、そこにシャンデリアのある空間はなかなか素晴らしかったですよ(是非↑の実店舗をご覧頂けますと嬉しいです)。



th_1900000109190109003sobe.jpg



やはりこの入り口が特徴的なのでこうして写真に収められています。この雰囲気はなかなか素晴らしかったです。この先にドアがあり、普通にそれを開け入店。このドアは中が全く見えないドアですが、いざ開けるとかなり広い店内でした。



th_19000001091901090004sobe.jpg



数値はめん70g、タテビッグサイズで、419kcalの食塩相当量は6.9g。脂質は16.9g。実は意外と食塩相当量、脂質ともに高めの数値で、沖縄そばはさっぱり美味しいイメージですが実はしっかりとした美味しさはこの脂質も意外と高いのがポイントです。しかし一般的に口当たりがとても良くどんどん進んでしまう沖縄そばですが、今回は比較的数値の高いこの味わいバランスがどう仕上がっているのかがかなり楽しみです。



そして開封、と思いきや、中身完成前の写真を完全撮り忘れており、今回はお見せ出来ません(笑)。すんません(笑)。しかし仕上がりをご覧頂くとその前も想像出来るかと、、、別添オイル以外はオールインワン仕様でした。



では5分タイプ、しっかり戻して完成待ち、そして完成はコチラ!



th_1900000109190109005sobe.jpg



オールドの写真は下手くそすぎ露出高過ぎすみませんですが(笑)、見た目からはすっきりしてそうなだしが美味しそうな仕上がりがご覧頂けると思います。かまぼこ、味付豚肉、そしてねぎのシンプルながらしっかり入った仕上がり。透明感の高いスープ、つゆが本当に美味しそうです。


早速頂きましょう!



th_1900000109IMG_5893.jpg



ずずzとまず参りまして、あっ、
鰹もしっかりの美味しさながら豚の美味しさも同じくしっかり感じられる、あまりかつお、魚介が前に出過ぎない仕上がり。そして調味油のコク出しもあり、しっかりしたスープですが、意外と魚介が前面全面に出る味わいでは無かったのがポイントで、お店の味わいもすっきりした自然に入って来る美味しさながら魚介と動物感の絶妙なバランス感を感じたニュアンスはそのまま感じられたのは大きかったです。魚介、豚のこのバランス感がこの楚辺さんの持ち味で、しかし意識しなければすうと入って消えて行く、奥深さはこの一品でも感じられたかなと思いました。


さらに塩の立った感覚は無く優しくもあり、後はこの麺との相性が気になります。



th_1900000109IMG_5907.jpg



今回はかなり太め、幅広の平打ちフライ麺ですが、楚辺さんの沖縄そばと見比べてもなかなか。今回それがフライ麺ですがその相性はどんなものか?


この麺の仕上がりはなかなかパワフル。しかし歯切れの良さは沖縄そばの特徴と共通項で粘りも低く良い感じ。適度な弾力がうどん系フライ麺とのしっかりした違いを感じさせ、フライ麺の力強さがこのスープと一体になる時、最終なかなか力強い一品に仕上がっていた様に感じられました。


さっぱりしているながらにしっかりした豚と鰹のバランス感こそがこの楚辺さんの特徴だと感じたんですが、この一品もしっかりした力強さ、食べ応えも感じさせながらにさらっと頂ける感覚が美味しく、鰹が前に出過ぎていないバランス感がポイントの美味しさでした。さっぱりなんだけど実はしっかり。意外と食べ応えあるなあと思わせたのはお店でもこの一品でも感じられた正に楚辺さん監修だからこそのバランス感でしょう。美味しかったです。



では今回はココまでです。
明日もしっかり参りますので宜しくお願い致します!



ものグラムインフォ:Instagram(cupmen)/Instagram(RAMENSHOP)/Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 沖縄そば 楚辺 那覇

    file02495 サンヨー食品株式会社 燻らーめん スモークチーズ味

    皆様こんばんは、


    本日帰りの電車、座った瞬間に眠りに就いた、あ〜、今日はなかなかやった、あ、昨日がなかなかやったなあものグラムです(笑)。


    何日か前から冒頭であるイベントと何度も書き濁して来たのが昨日で、それが自分の中の今年最後で最大の壁、だとも思ってたんですが、それを明かすと関西最大の麺好きが集まる会、いや、日本一と言ってもいい程の会。


    「第37回 関西望麺会 2018冬の陣」


    と言うもので、麺好きなユーザー、そして何よりも麺に関わるお店の店主さんや、製麺や製粉業者など、総勢260名余りが参加された今回のそうそうたる麺麺が集った交流の会、実は今回独り身で飛び込み的に参加させて頂きました。


    今回夏過ぎにこの会、どうしたら参加出来るのか気になり見てみると、特に参加資格と言うものは無さそうだった、そこから参加させて頂きたく参加表明をさせて頂いたんですが、やはりこの様に一人で飛び込み的な参加者は余りいないそうで(今回ご一緒させて頂いた麺ブロガーのかなり先輩の方から)、逆にビックリされ、しかもインスタント麺ブロガーがこの会に参加させて頂いた、と言うのも前例がどうやらなさそうでした(笑)。いや、でも今はショップメン、ちゃんと遠征もさせて頂いている初心者ラヲタの一因でもある(と自負している笑)ので、今回初の参加、実は当日どうなるか、どんな雰囲気の会かもわからない中、なんとか周りの方が仲良く話しかけてくれ、温かく迎えて下さったのをこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。



    しかし!
    この会、時が経過するごとにどんどんわちゃわちゃ(笑)。さすが大阪!と、最近こんなパワフルなまとまりの無い(かなりの褒め言葉)、それぞれが楽しまれている会、そうそう無いと感じさせ、楽しむ時は楽しむ!そしてちゃんとする時、締まる時は締まる!的な、本当にこんな大規模でエネルギーに満ちた会はやはりそう無いだろうと、今回はその中の一人として参加させて頂いた意味合いはかなり大きかった、楽しかった!と、帰って来ました。



    そして遠征や節目にいつも何かの偶然があるんですが、今回、この11月24日、大阪で開かれたこの望麺会のタイミングでなんと!大阪万博決定。全国的ニュースで皆様ご存知だとは思うんですが、日本時間の24日未明、2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会がパリで開かれ、加盟各国の投票で日本(大阪)が選ばれたんです!



    望麺会の冬の陣のタイミングとどんぴしゃに、しかも1970年の大阪万博以来55年の半世紀以上ぶり、その発表がこのタイミングで、初めて参加させて頂いたこのタイミング、正直、いつも自分には直接は関係無いんだけど(笑)、いつも何かあるのが本当に今回もビックリでした。


    ちなみにこの望麺会は1999年に第1回目が開催され今年で19年。そのトップは沖山欣也さんと言う方で、通称はPAPUAさん。ラーメン雑誌「究極のラーメンぴあ 関西版」の初代四天王であり現在もその四天王のトップ。


    そんな会に参加させて頂けた今回、というか2018年、本厄ものグラムは最高の1年になってないか?ぇ?と思いながら、明日はオフ、ちょ、ちょっとゆっくりさせてもらうで〜、でした(笑)。ちなみにワタシのネーム、相変わらずまぬけ感丸出しで、しかしコレがわいなんよな〜、なんて今回のネームタグを撮り、記念の一瞬を記録しました(笑)(直には貼りませんがコチラ


    では!
    正直カラダ的にはかなり疲労感があったのは正直ですが、気分はなかなか堪らないものがあった、今年は遠征後一発が最後の最後に残っている!と言うワケでそのモードに切り替え参りたいと思います!おっしゃいぐでっ!!!






    では今回はオールドからの一品ですが、コレも絶対に外せない一品で、このリリース後は見かけない希少さを感じさせます。味わいには風味も大事な要素の一つですが、そこに着目された、え?そう来ましたか!?と思わずビックリ、そしてかなり楽しみにさせた一品。燻と言えばもうどんな感じかおわかり頂けるでしょうか?



    コレです!パケ〜〜〜!!!



    entry_img_2374.jpg



    らーめん スモークチーズ味


    2016年4月11日発売、価格は180円(税別)の一品で、同時にリリースされたもう一品はすでにご紹介済みですが、なんでこんなにインターバルがあるのかは不明(笑)、もう一品は↓コチラ


    file02260 サンヨー食品株式会社 燻らーめん スモークチキン味


    今年2月から9ヶ月ぶりですが(笑)、もう一品はスモークチキン味、それにしても燻らーめんは他では本当に無いよなあと、インスタントラーメン史にしっかり刻まれた、この着眼点の素晴らしさを感じさせた一品です。



    今回はその燻、なんとスモークチーズ来ましたか!とさらに驚かされたんですが、パッケージにある、一度は食べたい奥深いスープの味、本当に一度は食べたいと手に取られた方もいらっしゃると思います。



    早速ですがこの予測が出来ない様な楽しみな味わい、見て参りましょう!



    th_1800001125181125002kunramen.jpg



    th_1800001125181125003kunramen.jpg



    めん60g、356kcalの食塩相当量は5.6g、脂質は14.9g。熱量と塩分はまずまず高すぎない数値ですが意外としっかりしているのが脂質でしょうか、頂く前の感覚では全体的にさらっとさっぱりしてそうで風味がしっかり来る様な予測をするんですが、意外としっかりと風味だけでなく食べ応えもあるのかな?と楽しみにさせます。


    中身を見てみましょう。



    th_1800001125181125004kunramen.jpg



    かやく、粉末と調味油構成。フライ麺は断面の丸いスナック感がしっかりあるでしょう。いよいよ!3分仕上げに参ります、速攻で完成!!



    th_1800001125181125005kunramen.jpg



    本当にシンプル、そしてスープはクリーミー感を感じさせる白さで、豚骨塩の味わいかな、そして今の段階では目に見えないのが燻の香り。かやくはキャベツ、コーン、人参、鶏・豚味付肉そぼろと、決して多くは無いながらに彩りは非常に良くキレイです。


    あとは頂くしか無い、燻が楽しみすぎます。頂きます!


    th_1800001125IMG_9577 2



    脂質の高さがあるのがこの仕上がりで感じられますね、ポークエキスにポークコラーゲン、そしてチーズパウダー、クリーミングパウダー、チーズ加工品のクレジットが原材料にされており、やはりかなりしっかりとクリーミーからの燻を感じられそうです、と言いながら実はもう頂く前のこの段階でチーズの香りが漂う、この頂く前の瞬間も堪らなかった(笑)。いざ!ずずz。


    うわっ!
    もうスモークが最初から鼻腔に広がる。なかなかしっかりした香りが大人な感覚(もうおっさんなってもうとるがな笑)で、しかしスープ自体はクリーミーとチーズが主の味わいかな、豚骨なスープでは無い、ヌードル系のクリーミーな印象で、タテ型カップで販売されてもおかしく無い印象なんですが、それがどんぶり型で発売されたのも興味深いポイント。


    しかし最初に感じられたスモーク感はこの後地クリーミーとチーズへと行き、前に出過ぎないのが何よりも良かったかなと思います。出しすぎると不自然な印象を受けるながらその辺りのコントロールがなかなかに素晴らしかったです。


    麺参りましょ!



    th_1800001125IMG_9585 2



    しなやかに仕上がったわかりやすいフライ麺。このスープとも相性がかなり良さそうです。



    うん、もうしっとりと言うかみずみずしさをも感じさせる仕上がり。弾力もありもっちりと、このスープがどんどん絡むスープとの相性は素晴らしく、ヌードル麺でももちろん美味しいとは思うんですが、この丸麺も合う、そしてこの合わせが他でありそうで無いのが良かったかなと。


    そしてこの麺を啜る時に再度入って来るスモークの風味。クリーミーの美味しさへ移行して行く中、ふとまた感じさせるこの感覚が何よりもニクい、と言うか堪りませんでしたね(笑)。この風味のコントロールは本当に絶妙な一品でした。


    ではココまで。
    明日は少し体を休めて夜には完全復活させたいと思います(笑)。



    ものグラムインフォ:Instagram(cupmen)/Instagram(RAMENSHOP)/Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 燻製 スモークチーズ味

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク