TOP > CATEGORY - 日清食品チルド

file02458 日清食品チルド株式会社 勝浦風タンタンメン

皆様こんばんは、


今ちまたで話題となっている台風24号、「チャーミー」が全然チャーミーでないそうで、それがまた今月末に我が地域に来る予測がされている、えっ?ま、また!!ま、もう勘弁してつかあさい〜、ものグラムです(笑)。


今回はまたかなり大きな台風、しかも前回被害に遭われたルートに近いのでなんとか被害が最小限度になります様祈るしかないです。今回は沖縄が一番危険ですが、もうなんとかして下さい!大難を小難に、そして無難にお許し下さい、と、ワタシも自分の地域だけでなくそう祈りを捧げさせて頂きます。



では!
今かなり涼しく快適、今年はもうねとねととはおさらば出来てたまらん!(笑)げんきいぐでっ!!






はいよ〜〜!!


今回は日清さんからのチルド!結構ご無沙汰でしょうか、しかしカップでは頂いた事はあれど、このチルドでこの味わいは初めて、あの味わいがより本格的に頂けるとなると個人的にはたまらんなあ(またや笑)、そう思わせるこの地独自と言っていいタンタン。千葉!勝浦といえば!(ぜんぶゆうてもた笑)


そう!
コレです〜〜パケ〜〜〜!!



entry_img_2315.jpg



勝浦タンタンメン



今回はあの勝浦タンタンメンが日清さんからのチルドとしての味わいとして商品化されたものです。しかし勝浦風とされているのはONE勝浦企業組合が管理する地域団体商標であり、そのままのネーミングが許可無しでは使用出来ません。しかし大手日清さんがこのネーム使用にあたり勝手に風としてでも使用されているとは思えない、今回しっかり熱血!!勝浦タンタンメン船団監修とあります。この風は一体?と言うのはかなり個人的には疑問でしたが、それはパケウラでなんとなくわかる様な気がしました。先に言ってしまった(笑)。



では!
B-1グランプリでは2015年の第10回大会で見事優勝!見事殿堂入りを果たした味わい、そしてその団体が「勝浦タンタンメン船団」、かなり楽しみにしながらこの商品と対等しました。



ちなみに、この勝浦タンタンメン、以前カップ商品化でご紹介済みですが、コチラはエースコックさんからで、風の表記は無しの一品でした。併せてご覧いただけますとウレシいです↓コチラ。


file0957 エースコック株式会社 勝浦タンタンメン


今回で2品目の勝浦風タンタンメンの実食、まだまだその味わいを理解しきれてはいませんが、タンタンメンと言えど、元々漁師、海女さんの冷えた体を温めるメニューとして作り出された味わい、発祥は1954年(昭和29年)創業の江ざわさんと言われ、担々麺の存在を知りそれをメニュー化しようと企てたものの肝心の芝麻醤が手に入らない為に試行錯誤してメニュー化された味わいだそうです。



では!
めちゃ楽しみに続き参りましょか〜〜!!



th_180000927180927002katuuratantan.jpg



このウラですが、熱血!!勝浦タンタンメン船団監修のもと、千葉県勝浦氏のご当地ラーメンを日清食品チルドがアレンジ。あっ、このアレンジこそが風なのね!と、この段階でやっとわかった次第です(笑)。この勝浦風のネーミングはあえて日清さんが入れられたもので、新たな風を呼び込み吹かせる、そんな気もしながら、実際にはこの商品の売り上げの一部は「愛Bリーグ」及び「熱血!!勝浦タンタンメン船団」のまちおこし活動の支援金として活用されます。とあり、やはり公認で監修ながら日清さんが自ずから風と名付けられた家庭用の美味しさを作り出されたのでしょう。


そしてこの作り方。
勝タン(さっそく略す笑)は、玉ねぎ、豚挽肉、長ねぎがおすすめ具材で、なんとフライパン調理で仕上げるのもポイント。一般的なラーメンの麺ゆでとは違い、フライパンで具材を炒め水を加え(その時に調味オイルを入れる)、麺を投入し煮込む。最後にスープを入れ盛り付け完成と、通常のラーメンとは全く違う工程です。味わいは醤油ベースでラー油や唐辛子で炒めた玉ねぎと豚挽肉の味わいが先程お伝えさせて頂いた江ざわさんの試行錯誤の上生まれた味わい。タンタンメンは担々麺があってこそで、それ以後に勝浦で生まれた味わい、いやあ楽しみですね。


では!!
中身!!


ですが、今回はすみません割愛。コレは見せられない、というのが本当の理由ですが、表向きはアカン!撮影ブレブレで掲載不能すません!としておきます(なんかやばそうやな笑)。



いや!
大丈夫!しっかり具材を整え準備、フライパン調理にて仕上げましたよ!



完成!!



th_180000927180927003katuuratantan.jpg



玉ねぎは1センチ角サイズ指定を守り、豚挽肉、そして長ねぎは白髪ねぎ仕様でしっかり仕上げました。タンタンメンワードからはやはり白濁してないので違う感覚がありながら、しかし醤油ベースの辛さをしっかり感じられそうな色合いが美味そすぎですよね!



頂きましょうっ!!



す〜〜ぷっ!!



th_180000927IMG_6652.jpg



ラー油のオレンジから赤の色合いがかなり感じられる醤油ベースのスープ。しかし本当にこの玉ねぎと挽肉のトッピングは他ではなかなか見られないでしょう。しかしごく普通に美味しそうに感じられますよね!ずずz。



おおっ!
ラー油が真っ先に感じられ、その次に感じられたのは酸味。チキンポークエキスのわかりやすい土台がありながら昆布、削り節の和のだしの美味しさもあったのは奥の深くで支えかな、さらっとした醤油ベースの中華そばベースにごま油、豚脂、にんにく、それらの美味しさはとろみないながらのなかなか旨味凝縮な濃さを感じさせました。


個人的に簡潔に出て来たワードは麻婆的?で、この味わいのミックスのなかで仲裁役的にかなり利いてたのが生姜の存在。この閉まり具合というか、旨味香り、脂質のパワフル感がありながらもこの生姜の締めがなければまたくどさを感じるかもしれない、わかりやすく言うとホントにさっぱりなのに奥行きあってうまい!でしかない醤油ベースの他にはない味わい。としか言い様が無い感覚。



め〜〜〜〜んっ!



th_180000927IMG_6669.jpg



この麺は中華麺アプローチですが、ストレートな角ありのこの艶やかな仕上がり。



どちらかと言うと弾力よりも歯切れの良さを感じさせ、さらっと進みました。スープは清湯ながらに旨味しっかり、それにかなり馴染んだするする進む麺は軽やかで、かなり速攻で完食。この後、ちょ、ご飯欲しいかな?と思わせたスープと麺の分量具合でもありました(笑)。



かなり頂きやすい味わいは、担々麺では無いタンタンメン。勝浦らしさ、と勝手には言えないのはご当地実食経験が無いからですが、それを感じさせ想わせるには十分かなと、他にない美味しさ、スタミナ系な味わいを堪能出来ました。



いや、やはりこの勝浦タンタンメンも頂かないとこの味わいの素晴らしさはわからん!と、今後この味わいも現地実食リスト決定(笑)。とことん参るのが等ブログスタイルです。と、今は元気なのでそう言っておきましょう(笑)。



では!
今回はココまで。
明日も宜しくお願い致します!!



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : ラーメン
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン チルド麺 勝浦タンタンメン

    file02374 日清食品チルド株式会社 日清中華そば らうめん しじみだししお 2人前

    皆様こんばんは、


    本日も梅雨中の晴天なり、しかし明日から下る見込み、え”〜〜!まぢか〜〜ものグラムです(笑)。


    それにしても今日はかなり行楽日和というか、お出かけされた方も多いと思います、この土日とも、我が住まいではなかなかの快晴でした。もう5日間は雨が降ってないんじゃないかな、しかも結構涼しくて湿度も高く無いさらさら具合(いつもそこばっかゆうな笑)。しかし、明日からは梅雨らしさがやって来そうなカンジ。あ〜、あんまタイミングよろしく無いなあ、個人的に思ふワタシです(笑)。それは、また来週中に明らかになるでしょう(笑)。



    しかし!
    明日!ちょっと朝、勝負!の時間が待っています。明日はオフでは無いんですが、何としても明日には荷受したい!というワケで取りに行きます!(笑)そうで無いと気が気で無くなんにも手がつけられへん!という位、今も気になっているブツが一駅離れた運送屋さんの片隅に(かはわからんけど笑)置かれてます。いやあ、今までに感じたコトの無いプレッシャーというか、明日の朝の段取りを考えてる次第(おおげさやな笑)。いや、大げさちゃうねんって!もう今からでも取りに行きたい位やねんて!って閉まっとるからしゃ〜ないがな、。。



    コレは確実に当ブログにも関係するもので明日が最大のピークタイムとなります!(笑)それがどうだったかは、明日やった〜!とお伝え出来る様、進めて参りたいと思いますのでね、お楽しみに〜で宜しくお願い致します(なんのこっちゃわからんやろかいな笑)。いや、コレは超!凄記事になるのは間違いない!と、ハードルを上げるのは嫌だけど(笑)、あげますっ!!(笑)



    では!
    本日は出来るだけ早く休みたい(笑)、というワケで、めっちゃ巻いてます!(笑)いぐでっっ!!






    はいよ〜〜〜〜!!



    今回はですね、めっちゃ久々日清チルドさん!もうチルド自体めちゃご無沙汰ではあるんですけどね、いくらご無沙汰であっても辞めはしません!(笑)それにしても今回のスタンダードというか、シンプルな味わいでしょう、この一品はかなり楽しみ!


    では!!


    コレや〜〜〜パケ〜〜〜!!!



    entry_img_2211.jpg



    らうめん



    日清中華そば らうめんシリーズ。実はコチラのシリーズは1986年に当時では超画期的だったノンフライ即席麺だったんです!もうすでに30年以上前にノンフライで即席麺を出されていた、この時点で驚きなんですが、それが今回、懐かしい中華そばのイメージそのまま、しかしチルド、和風のこだわりだし、そしてこの一品はしじみだししお、しじみ70個分のオルニチン配合、なめらかなのどごしの中細縮れ麺と合わせた一品、だそうです。



    コチラは2016年9月1日発売、チルドも既にオールド化してます(笑)、価格は284円(税別)、しかし2人前となっています。いやあ、らうめんシリーズが販売されていた時はワタシもがきんちょ、まあ今も全く変わらない感ハンパないですけど(笑)、その当時はやはり頂いた事もあるかもしれないながらに全く記憶に無く、新規で頂くも同然。しかし淡麗な味わいを感じる一品で、しかもリーズナブルに頂けるコチラ、新鮮な気持ちで頂きたいと思いますっ!!



    つづき〜〜〜!!



    th_180000617180617002raumen.jpg



    今回のパッケージは通常の鶴度よりもかなり小さく、タテ仕様の仕上がり。かなりペタッとしたかさの低いコンパクトにまとめられた大きさです。しじみしおの旨味しっかりの塩、そしてチルドの生麺がたまらなく美味しそうに感じさせます。といっても全く仕上がり予想も出来ないので、



    かいふう〜〜〜!!!


    th_180000617IMG_1960.jpg



    オールドな一品は白抜きを想定してない為、かなりのマクロテイスト、接写で迫ってます(笑)。コレクセなんよなあ、元々アマチュアフォトグラファーなワタシ(笑)、寄れ、寄れ!シンプルいずベスト!なマクロ(接写)マンなので、そのクセがコレです(笑)。現在は少し引け!をモットーに活動中です(笑)。しかし麺と液体、この麺の生麺具合、コレはめちゃ美味しそうに仕上がりそうです!!



    では!
    つくりますよ〜〜〜!麺ゆで90秒!速攻で仕上がります!しっかり準備して!



    しじ〜〜み〜〜、うま〜〜〜み〜、おるに〜〜ちぃい〜〜んすた〜〜〜んと〜〜(わくわく手際よくやってるつもり、調理中)



    おっさ!!で、でけました〜〜!!



    th_180000617180617003raumen.jpg



    おおっ!!
    かなりしおの澄んだスープが印象的。色合いもライトに、めちゃ淡麗系を思わせる仕上がりです!



    ちなみに、しじみを入れてしまうと本来の味わいがわからなくなる為敢えて入れてません(笑)。本当はこのパケの様にめちゃ入れたいワケですけどね、このスープの美味しさをしっかり!堪能させて頂きましょう!!




    す〜〜〜〜ぷっ!!!



    th_180000617IMG_1967.jpg



    それにしても澄みながらも旨味を感じさせる仕上がり、って旨味は色出ませんけどね(笑)。この麺もたまらなく美味しそう、このルックスがおウチ、かなり本格感を感じさせますよね!ずずz。


    うん!!
    しじみ、めちゃわかりやすい!このしじみの旨味って独特の余韻に苦味を感じさせる美味しさがあるんですけど、それこそが美味い!と個人的にこのビターな感覚がたまらなく好みです。それがしっかり感じられるのがまずリアル。もちろんしじみエキス使用なのでその旨味があるのは当たり前かもしれませんけどね、昆布、キチンも入った旨味。もうかなり淡麗なしお味。しかし尖った感は無く、旨味しっかり、しかしさっぱり頂ける美味しさはなかなか素晴らしかったです。




    め〜〜〜〜〜んっ!!



    th_180000617IMG_1974.jpg



    このつややかな仕上がり!はやはりらうめんシリーズの当初のノンフライのしなやかさを継承しての進化系でしょう。今となってはチルド生麺は当たり前、しかしそのチルドから当時のノンフライ即席麺のアプローチ。その当時の味わいは味わえないながらもその想いがこの一品に仕上げられているのは間違いない、おっしゃ!


    う〜〜っ、ん、んまいっ!!
    この仕上がりのルックスから、つるつる滑らかさは感じられるも、ココまで弾力、コシがしっかりしてるとは想像できてなかった、というのが正直な感想。細ストレートのカドあり、滑らかさはもちろんながら、この細さから感じられるのか?と思う弾力、力強さを感じ、食べ応えもしっかりあったのはかなり印象的でした。



    しかも、この麺の小麦の風味は格別で、このスープの淡麗な味わいだからこそより感じられる麺の風味、スープと麺の一体化はココで感じられたかあ、じっくり味わう事の出来る一杯、当時の日清中華そばらうめん、今味わいたいなあ、でも無理だけど、そのニュアンスを進化系のチルドで味わえた、この一杯の体験はなかなか深く突き刺さった、そんな一品に感じた一品でした。


    もちろん、今現在はオールド、もう残念ながら頂けません(笑)。。しかしこの味わいは表面的なものでは無い、奥深さ、日清さんの開発の気に触れる事が出来る引き算の妙、そんな味わいが染みた、そう思わせた一品でした。


    いやあ、即席麺って奥が深い。です。そしてね、どんどこ出されて行く麺商品も、少しづつ微々たるかもしれませんが進歩工場発展、日進月歩で前に進んでます。1日1日進む。逆に戻られへんやん!ですよね(笑)。



    そんな日に日に美味しく進化する麺、気が付かないながらに味覚も進化。しかしちょっと前を思って後ろ向いて見てみると、あ、やっぱり進むことしか出来ないんやな、その当時とは違うんやな、という流れもインスタントからも感じられるんですね。



    そんなその時その時を刻む一品一品、オールドになってもええ!(笑)、しっかりワタシの出来る範囲でご紹介させて頂きますのでね、今後もおたのしみに〜〜です!



    ペース戻さなな〜ですけどね。(笑)明日!早起きして勝負!!(笑)の前にねよ〜(笑)。



    blogramで人気ブログを分析


    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : ラーメン
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン チルド麺 塩ラーメン

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク