TOP > CATEGORY - ショップメンfile

shopmenfile026 ラーメン海鳴 中洲店 魚介とんこつラーメン 

皆様こんばんは、


本日仕事中のふとした会話。


おかあちゃんスタッフ、


「な!あのあうちゃんキレイなったな」



ん、あうちゃんってなんや?と思いながら、


「な、なにそれ?あうちゃんってどこ〜?」


と聞くと、


おかあちゃんスタッフ


「そこのあうちゃんやんか〜☆あうちゃんあうちゃん♪」



あ”っ!


職場近くでキレイなった、なるほどな〜、って、なんでやねんっ!!!


「auかいなっ!ああ、え、でもそんなキレイなっとったか〜?」


と、えーゆーと切り返しながらもその流れを切らさないナイスパス!と勝手に思うものグラムです(笑)。



そう言えば前にもあうちゃんってゆっとったな(笑)、しかもあ、えーゆーね、って言ったのにコレっすよ(笑)。ま、まあ全く問題は無いんですけどね(そういうもんだいか笑)、そんなおかあちゃんスタッフとの1日が終了でオフ前のワタシです(笑)。(昨日夜から日をまたいでのアップとなっています笑)



では!!
めちゃどうでも良かったですけどね(笑)、夜の部!いぐでっ!!







はいよ〜!
というコトで今回はショップメン参ります!



今回は初の九州、そして福岡県と言えば!まず博多かな、中洲のコチラのお店にやって参りました!個人的にかなり気になっていたお店で、今回の遠征では行けるかどうか、と思う中、どうしても行きたい!頂きたい!と来させて頂きました☆



ではまず外観!コチラ!


entry_img_2064.jpg



コチラではわかりにくいかもしれませんね(笑)、ちょっと角度を変えまして一枚!



th_18000219IMG_3269.jpg


逆サイドからですけどね、コチラは博多の中州にございますお店、


ラーメン海鳴(うなり) 中州店さん


そう、このショップメン福岡の1番目がコチラとなります!
ココまでに来る過程は遠征記事にて嫌な位ながながと書かせて頂いてます(笑)↓コチラもご覧くださるとウレシいです☆


Column090 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その7


コチラの海鳴さんですけどね、博多と言えば豚骨!ですよね、でも、その中でも現在進行形で進化系とも言える、地元でも大人気のお店なんですね。博多の豚骨ラーメンと一口に言えど、老舗から新しいお店まであり、その中でも中州は屋台もあるかなりの激戦区。そんな場所に構えられたコチラのお店ですけどね、気になるコトが山ほどある魅力に満ちたお店でした。



まずね、この海鳴さん、なんと創業は2009年、今年でまだ、と言ってはなんですけどね、9年になるお店なんです。清川店が第1のお店で、コチラの中洲店は2年後の2011年11月にオープン。現在は5店舗を構えるまでに急成長されたお店なんですね。


店主は大久保茂雄さんと言う方で、やはり口コミに支えられて再来店頂ける喜びを感じておられる方です。



「海鳴だけで楽しめる、本当に旨い1杯」を目指され、お客さんが思わず、「美味いっ!」とうなるような一杯、そして、=魚介の美味さを存分に堪能できる新しいとんこつラーメンを!



からの海鳴、その想いを実践されオープンしたお店だったんですね。美味しかった!また行こう!と徐々に評判を呼び、リピーターになり新たなお客さんになる、そんなお店が今回のコチラのお店で、注目されている現在かなり波に乗っている、この魚介のとんこつ、普通にめちゃ美味しそう!と思い行きたくなるワタシでもありました。



味、素材全てに手を抜かないとお仕事されて来た店主の大久保さんは、下処理の手間も惜しまない、コレが海鳴流だそうで、2種の煮干と3種の節、昆布からの旨味に、豚頭骨を炊き込んだ秘伝のスープを配合。そしてこの主となる煮干は産地で分けて使用されているそうで、1回につき1.2kg、約200〜300匹に相当する量を使用、しかも全て手作業で頭と内臓を丁寧に取り除いたものを使用されるそうです。この作業だけでも大変ですよね。


他にも新しい寸胴は3ヶ月間下処理用やスープの温め用で味や油が馴染むまで慣らす、コレも鳴らす?(それまたいらん笑)と思わせる程徹底されているのが伺えます。


まだまだこのお店の詳細をお伝えさせて頂きたいトコロなんですけどね、今回はこの辺りにしておきまして、また次回の実食ご紹介時に続きとしてお伝え出来ればなと思う次第です。



これだけ聞いただけで頂きたい!とも思わせますけどね、実はやはり実績も素晴らしいのがコチラなんです。



まずね、地域ラーメン専門誌のラーメンウォーカー福岡では2014年に総合部門1位!15年には新店部門1位、16年も総合部門1位を獲得。最新ではなんとラーメンウォーカー九州2018年で福岡総合2位!この実績はやはり簡単に成せるワザではありません、それもあり、より注目が集まってるお店でもあります。



今までにあったお店の博多らしさであるとか、豚骨ラーメンとは、というボーダーを設けず、素材や技法にも捉われずに自由な発想でオリジナリティ溢れる一杯を生み出されている、このスタイルにも素晴らしさを感じますね☆今回ワタシも海鳴らせて頂きたいと来させて頂き今そのお店の前に来た、いやあ感慨深い、でした(笑)。



結構な文字列でしたね、すんません(笑)、結構熱入ってる証拠です(笑)、というコトでね、この時日が変わりの2月8日、営業日としては水曜日でした、平日のど真ん中の中、現在0:40。もう1時が迫っている中この待ちの状態です。それを思うとやはり地元でも注目店なのがおわかり頂けると思います。



そして!
案内されたのは約15分後。この外観からもおわかり頂けると思うんですけどね、席数は11席だそうで、待ち人数5名を思うと回転は決して早くは無いかな、でもその分ゆっくりも頂けるのはありがたいかなとも思いました。


さて!
いん〜〜〜!!


th_18000219IMG_3279.jpg



もうこの距離しか無理な位やはりかなりスペースは狭いですね。でもかなりスタッフさんも多く全力で回転。11席のうちカウンターは4、テーブルで7となってまして、そのカウンターに着席!ココでオーダーを掛けさせて頂きました。



コチラの中洲店にはコチラだけの限定の味わい、特製の辛味醬(じゃん)をプラスしたラーメン火豚骨(ひぶたほね)や、中洲店と食堂店(博多駅南の食堂スタイルの店舗)限定の博多とんこつ×イタリアンのラーメンジェノバもかなり魅力的なメニューではありました。迷う!トコロではあったんですけどね、やはりコチラのお店といえば魚介とんこつ!というコトで魚介とんこつラーメンをチョイス。もうかなり楽しみな時間を味わう、


と思うとなんと3分程度で着丼!は、はやいっ!!



では!進化系のとんこつ!魚介とんこつはコチラ!!



th_18000219IMG_3281.jpg


見た目からしてもう今までの博多の豚骨とは一線を画す感のあるラーメン。でもしっかり豚骨色、白ネギが輝いてこれはたまらないですね☆



では!
いただきますよ〜〜〜!!



す〜〜〜〜ぷっ!!


th_18000219IMG_3283.jpg


結構しっかりしたオイル感はわかるながら魚介はまだ見てわかるものではありませんね。たまらん!ずずz。


おっ!!おわっ!!
もうまず圧倒的に感じられるのが魚介。節の美味しさが豚骨に負けない強さに驚きながら、やはり嫌味やえぐみの全く無い魚介の美味しさが強く前に出て来ました。コレは凄すぎました。もう芳醇と言うか香しいと言うか、圧倒的な魚介なのに上品な美味しさが一口目から。


そしてその次には豚骨もしっかり感じられます。濃度もなかなかでクリーミー。本当は豚や鶏を時間差で抜き差しして作られるスープなんだそうですけどね、強くて濃いのにやはりシルキーで上品というか、繊細さも感じられるんですね。本当に唸る。(声は出していない笑)でもどんどん飲んでしまいました。



そしてその間に感じられたのが豚骨の骨のザラつき、コレが九州の豚骨か!と思わせるんですけどね、これも全く嫌な感は無く、むしろこのザラつきが喜びに感じてしまった程。


そしてまだ次があって、最後にはニボの節とは違う味わいが感じられました。これが重層型と呼ばれる店主大久保さんが追い求めた味わいで、それを実際頂くと本当に順番に味わいが感じられる、このドラマチックな展開をも思わせる味わいに、何度もスープを頂いてしまいました。本当に驚きとともに後から来た、来てよかった〜☆と、ココに来るまでの道のりのトラブルが全て晴れた感がありました(そこはどうでもええ笑)。



ではめん!参りましょうっ!!


th_18000219IMG_3291.jpg


コチラは魚介とんこつ用に中細麺を使用されてるとの事です。実は味わいによって4種類の麺を用意されているのがコチラの海鳴さんです。



うん!
歯切れがとても良いわかりやすい美味しさ、でもしっかり中は芯のある弾力も感じさせる麺でとても良かったです。しかもライトな感覚があって本当は替玉をしたくてしょうがなかった、でも今回の遠征の事を思うと我慢(笑)、それ位に実はあっという間に完食、そして完飲してしまった一瞬の出来事の様でした。ちなみに実際の麺量は100gで博多、豚骨の系統では定番の量ですが、ラーメン全体で言うとこの麺量は若干少なめの設定になっています(なので替玉があるんですよね☆)。


後は軽く炙ったチャーシューもトロッとして香ばしいのも良かったし、後はこの白ネギは実は1日に数百杯の注文があるにも関わらず全て手切り。自然な甘味とシャキシャキ感に拘ったコチラもホントに元気で存在感が半端無く、スープに全く負けない力強さ、美味しさにビックリしました。



ごちそうさまでした!



th_18000219IMG_3294.jpg


底には骨粉のざらざらがかなりありました、コレもひとつの美味しさとしてしっかり!頂きました☆



また頂きたい、本気でそう思わせた、このお店に集まるお客さんの気持ちが大変わかるお店でした。



でもやはり進化系ながらしっかり博多も感じさせる美味しさもあり、でも他のお店では味わえないオリジナリティ、そして圧倒的な重層系のスープをじっくり頂く、この時間を大切に頂きたい、そう思いながら頂けたのはこの海鳴さんのラーメンに対する姿勢がそのままこの味わいに現れていたからでしょう。本当に来れて良かったと満足しながら、約10分の滞在の時間の長さ、濃さを感じた実食でした。



ラーメン海鳴 中洲店

〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲3丁目3-6-23 和田ビル1F 角号

TEL
092−281−8278

営業時間
18:00〜06:00

定休日
日曜日

席数
テーブル7席
カウンター4席

メニュー

魚介とんこつラーメン 720円
とんこつラーメン 650円 
ラーメン火豚骨(中洲店限定) 680円
ラーメンジェノバ(中洲店、定食店限定) 740円

替玉 100円

餃子(6個) 350円
餃子(14個) 700円

海鳴丼2 380円



公式HP
https://ramen-unari.com/

MAP



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 豚骨ラーメン 博多ラーメン 海鳴 進化系ラーメン 魚介豚骨ラーメン

shopmenfile025 麺屋 醤 和歌山駅前店 紀州湯浅吟醸醤油ラーメン(+幸せを呼ぶ唐揚げ)

皆様こんばんは、


本日は暖かいと思いきや、体感温度がかなり低かった、さっぶ〜〜ものグラムです(笑)。


この先またかなり寒くなるそうでちょっと今年はヤバイな、例年こんな寒い思いしたコト無かったのにな、や、あったんかもしれんな、と、どっちやねんながらなんとかこの1ヶ月を乗り越えたいワタシです(笑)。。


では!
今回はショップメン、和歌山!行ってみましょ!いぐでっ!!







はいよ〜〜!!


今回は和歌山ですが、少し変わり種と言えばコチラのお店に失礼かもしれません、でも一般的に認知されている和歌山ラーメンとは一線を画すお店。今回気になっていたのと、たまたま目の前にあった、と言うか通りがかりご縁で決まったお店です☆コチラに決まってからの楽しみは相当でした☆


ではコチラっ!!



entry_img_2042.jpg


麺屋 醤(ひしお)さん


そう、醤油の醤ですよね。


実は和歌山と言えば、醤油発祥の地で、和歌山県有田群湯浅町の湯浅醤油と言うのが有名なんですね。なので今では和歌山ラーメンと言われている中華そばは豚骨醤油としてしっかり醤油を使われています。


しかし今回のお店はそんな和歌山ラーメンの流れとは違ったお店で、経営者の河端さんと言う方が湯浅醤油の丸新本家さんと言う醤油メーカーさんに飛び込みで行かれ、和歌山市内で、湯浅醤油ラーメンを作りたいと、丸新本家の社長新古さんと言う方に語られ、現在丸新本家、湯浅醤油(有)(湯浅醤油とは湯浅町で醸造される醤油を差し、こちらの湯浅醤油(有)の醤油だけを指すものでは無い)とのコラボレーションで作られた今までに無い和歌山ラーメンを創り出されたお店なんです。いやあ、聞いただけで楽しみになりますよね!


と言うワケでもう一枚!


th_18000203IMG_7637.jpg


お店の外観も今までの和歌山ラーメンのお店とは一味違う雰囲気で、醤油の樽に見立てたこの作りもイメージが膨らむ感じで楽しみになりますね☆そしてお店の看板には丸新本家さんのマークもしっかり入ってます。コラボですもんね。和歌山の今までに無い湯浅醤油のラーメン、どんなのかまだ想像出来ないながらにかなりワクワクさせられました。



ちなみに醤さんは本店が和歌山市駅近くにあり、コチラは和歌山駅前店、2012年にオープンされたそうです。



では!がらがらと、インっ!!


th_18000203IMG_7643.jpg


もう着席ですけどね(笑)、入った時には先客は2名で結構空いてました。と言っても12時前、今から混んで来るかなと思いながら、コチラはどうやら地元の方がほとんどかな、観光で来られる方は今回見受けられませんでした。逆に言うと和歌山ラーメンの有名店や人気店程観光客が多く地元の方は意外と行かれてないかもしれませんね。井出商店さんは完全に観光のお客さんが圧倒的でした。


th_18000203IMG_7645.jpg


最初はこんな感じでかなり静かだったんですけどね、実はその後はビックリのあっという間の満員、仕事昼休みの方がメインかな、やはり地元の方に愛されてるお店だというのがすごく印象的でした。


店内は清潔感がとてもあって女性店員さんもかなり感じ良く、お好きな席へどうぞと声をかけて下さいました。



さて!!
どうしよっかな〜?コレは迷うっ!!


th_18000203IMG_7642.jpg


紀州湯浅吟醸醤油ラーメン、湯浅白醤油ラーメン、やはりこの辺りかな、特選煮干豚骨も気にはなるよなあ、ですけどね、よし!やはり醤油をしっかり堪能したい!というコトで紀州湯浅吟醸醤油ラーメンに決定!このメニューでは結構な黒いスープ、和歌山ブラックと一部でも言われているみたいで、それも納得の見た目ですね、早速オーダー。


約10分後、やって来ました!!おおっ!!


th_18000203IMG_7648.jpg


コレが紀州湯浅吟醸醤油ラーメンかなりしっかり黒いスープだけどコレは美味しそうですよね!!


実はコチラを持って来られた際、小さなポケットサイズの霧吹きと言うかスプレーと言うか、その中に醤油が入っててね、手を添えながらプシュプシュっと仕上げをしてくれるんですね。コレは他ではなかなか見られない特徴でもあると思います。しっかり醤油の美味しさを感じさせてくれるでしょう、頂きますよ〜〜!!


す〜〜ぷっ!!


th_18000203IMG_7653.jpg


このブラック、そして背脂もかなり入ってますよね、結構こってり系なのかな、と思いながら、


th_18000203IMG_7656.jpg


このルックスがたまりませんね!ずずz。


ん?
意外とこのオイルでコーティングされたかの様に醤油が全く濃くなく、そしてこのオイルもまったくクドさを感じさせずにすっと入って来たのには驚き。


でもそこから本来の醤油がじわりと感じられました。このコクのある、香りも良い醤油は他ではなかなか味わえない感覚でいいですね。そして実は結構しっかりと魚介を感じられる、そして背脂のコクプラスなんですけどあまりこってりさを感じさせず、そして醤油の塩辛さも感じさせずで意外と飲みやすいんですね。かなりマイルドに感じさせるのが不思議な感覚でした。


このオイルでコーティングされた様な醤油なので最後の霧吹きの仕上げがあったのかな、と思わせた味わい。醤油のコクと魚介が美味しいスープでした。


め〜〜〜〜んっ!!


th_18000203IMG_7658.jpg


この麺も一般的な和歌山ラーメンとは一線を画す太さとしっかりコシがありそうな麺。美味しそうですね!


うん!
しっかり多加水してる噛み応えあり、しっかり粘りコシのあるごにょっとした強さはこの醤油とかなり合いますね。重さのある麺で結構しっかりお腹にも来ます(笑)。コレは本当に美味しかった。


そしてこのもやし、結構見た目よりもしっかり量があってこれも個人的にはよかったですね、あとはメンマ、ネギ、チャーシューとしっかりした具材もこの価格、680円はかなりリーズナブルかなと思いました。


そして!もいっちょ!


th_18000203IMG_7664.jpg


実は唐揚げも頼んでました(笑)。ちなみにランチのセットでご飯も付けてました(ラーメン+ご飯、ひしおセット、720円)。


丸新本家さんの塩麹入りだそうですけどなかなかに美味しそうですね。


うん、普通に美味しい、けど正直言うと若干小振りかな、と3個275円でした。



でも今回本当にコチラに来れて良かったと満足でした。和歌山のラーメンは決して和歌山ラーメンの豚骨醤油だけでは無い、その味わいと、地元の方で人気のある違った味わいのコチラに来られたのは本当に個人的には満足、そして和歌山の湯浅醤油を使った新たなと言っていいでしょう、この先この新たな流れが和歌山のラーメン界でも来るとより楽しみになって来ますよね☆



と思いながら今回の和歌山遠征ラスト、コチラで締められたのは満足、ご馳走様でした☆


麺屋 醤(ひしお) 和歌山駅前店

〒640-8331 和歌山県和歌山市美園町5丁目7-12

営業時間
11:00〜15:00
18:00〜24:00

定休日
日曜日(11:00〜15:00)

席数
20席

メニュー

紀州湯浅吟醸醤油ラーメン 680円
湯浅白醤油ラーメン 680円
特選煮干豚骨ラーメン 720円
煮込み つけ麺 黒玉 820円

紀州ばら寿司 320円
湯浅おかかご飯 320円
チャーシュー丼 400円
白ごはん 150円

幸せを呼ぶ唐揚げ 550円
天使の羽ギョーザ 370円



公式HP
http://www.menya-hishio.jp/

MAP



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 和歌山ラーメン 和歌山駅 湯浅醤油 丸新本家 醤油ラーメン

スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
お知らせ、関連記事
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク