TOP > CATEGORY - サンポー食品

file02485 サンポー食品株式会社 焼豚ラーメン(2018年 40周年記念キャンペーンパッケージ)

皆様こんばんは、


此処二、三日、実は身体のあちこちで痛みを感じていたながら、本日はかなり元気に過ごす事が出来た、あ、いや、右の足の根元の軟骨がすり減った感覚でケツ、あ、いや、右尻に体重が掛かると若干痛みが走る、7発目遠征後からのバイオリズム的にあまり良く無い、ええことあるんちゃうんか〜ものグラムです(笑)。


まあめっちゃ元気なんですけどね(笑)、リズムで言うと実に歯車が噛み合わない感じで(笑)、あの岩手秋田遠征の導き的に勝手に思ってるのと、その少し後の人生初の流れ星きらり、それがなんと2日連続であった、あれなんやってん?と、今試されてる感じ(笑)。でもまあ、そんじょそこらの壁には負けへんで〜!と、ポジティブシンクおっさん、頑張るしかないでっ!でした(笑)。



では!
今回は前回とセットでご覧頂けるとウレシい、あの一品を!いぐでっ!!






あいよっ!


今回は前回に引き続きサンポーさんからの一品、前回をご覧下さって無い方はそちらもあわせてご覧頂けるとより嬉しいんですが、個人的には前回の一般的には流通されない激レア品、そして今回の定番の味わいと比較もありご紹介。しかし意外とこのオリジナル、当ブログで約2,500種近くご紹介させて頂きながら今回初というのは自分自身がビックリ(オリジナルベースの違う商品は多々実食済みと言い訳笑)。


では!まずご覧頂きましょう!


おめでとうございます40周年!!コチラ!!



entry_img_2359.jpg


サンポーさんの焼豚ラーメン。九州、特に佐賀や福岡ではソウルフードとしてごく普通にコンビニにも置かれている一品。生産されたこの焼豚ラーメンのシェアは実は9割が九州。しかし実は17年には東京のオフィスも開設され、ごく一部ながら取り扱い店も増えつつあるそうです。しかしまだまだ全国的知名度は決して高くない一品でもあります。



まずはこの焼豚ラーメンが1978年から40周年を迎えたおめでたい節目に今までに無かったキャンペーンをされた激レアな一品、実はそれが前回(昨日)ご紹介させて頂きましたエグゼクティブ焼豚デラックス。


file02484 サンポー食品株式会社 夢の焼豚ラーメン エグゼクティブ焼豚デラックス(40周年記念キャンペーン非売品)


そのカップ麺、インスタントラーメン史にしっかり刻まれるであろうこの一品、たった600個(当選者100名×6個)の生産だった一品、なんとかご紹介させて頂けました。正直これには燃えました(笑)。



では!
この愛されて40年、おかげさまで焼豚ラーメン40thのオリジナル、今回は感謝のキャンペーン第2弾!とした今回限りのパッケージ、これもインスタントラーメン史に刻まれるパッケージデザイン、サンポーキャラクターのヤカンちゃん、喜びで涙吹いてますが、ハートマークのしっかり喜びしっかり表に出されているナイスパケ!でしょう。楽しみに見て参りましょう!ですが、


その前に今回の一品、キャンペーン版パッケージでした(笑)、その第2弾の概要をお伝えさせて頂きましょう。



まず今回はなんと!


金の焼豚


が当たる!本当に本当の金無垢の金の焼豚、なんと5名様に当たる、そしてWチャンスとして500名様には金色のラーメン箸(コチラはあくまで金色)が当たる!企画です。今なお受付中なのは当ブログでは珍しい(すません笑)、11月30日まで受付されています。欲しい!と思いましたでしょ!?このパッケージトップにQRコードがあり、そこから応募出来る様になっています。しかし今回はこの1品を購入せずともフリーで応募出来るんです。



QRコードから入ってみましょう!



th_1800001110IMG_6288.jpg



この様にスマホから応募が出来ます、感謝で涙溢れる、いや、やはり吹いている喜びがかなり伝わって来ます。ヤカンちゃん、ぜひ覚えてくださいませ(しつこくいう笑)。


そして!



th_1800001110IMG_6289.jpg



約50万円相当ですが、実際には40gを使用予定、デザイン費や制作費込みの数字ながら、もしこれが当たってしまったら、速攻売り飛ばす?い、いや、もしワタシが当たってしまったならばコレクションとして売れない(おまいにあたるわけない笑)、一瞬考えてしまった(笑)。しかしお箸は欲しいかも。コレクターとしてコレで頂くのをご紹介したいトコロ(笑)。


今回のキャンペーンはこの一品を買われた方により優先的に参加頂けるながらどなたでも参加出来ます、是非どうぞ!



というワケで、今回の実食、参りたいと思います!



th_1800001110181110002sanpoyakibuta.jpg



と、サイドは数値で、エグゼクティブはトップに原材料等を表記出来なかったのでサイドにあり、あの一品はそれだけの為にパッケージを刷新されたのが本当に凄いとしかいい様がありませんでした。かなり気合の入った一品でした。


今回数値はめん71g、439kcal、食塩相当量は5.3g。基本麺量は全く同じです。そして原材料を見てもクレジットは同じ。あのエグゼクティブ仕様はやはりかなり焼豚からの旨味がしっかり出た美味しさで、今まで個人的にに焼豚ラーメンデフォのスープは結構頂いて来た(このオリジナルは頂いてないながら言わせて頂きます笑)感覚とは全く別物に感じられたのが印象的でした。



なので逆の順序で今回、オリジナルの美味しさをしっかり感じたいと思います!開封!



th_1800001110181110003sanpoyakibuta.jpg



粉末に調味油、そして紅ショウガにこのトレードマークのハート型焼豚。本来この1枚しか無い焼豚こそがこの一品。前回のエグゼクティブは本当に至福の時を感じられたんですが(笑)、オリジナルが美味しく40年愛され続けているからこそでした。



では!
3分速攻です、完成!!



th_1800001110181110004sanpoyakibuta.jpg



うん!
やはりエグゼクティブの10倍は特別ながら、このノーマルこそが原型、ハート型がしっかりわかります。そしてねぎ、紅ショウガもしっかりが嬉しい、そしてコーン。実は2011年の東日本大震災まではなるとだったものの、取引先の工場が福島県の工場で被災され、取引の目処が立たずに泣く泣く仕様変更された経緯があるのは是非知って頂きたいと思います。



それにしても豚骨の白いスープが美味しそうですよね!しかしサンポーさんが現地、九州で愛されて来た本当の理由、それは「ちゃんと臭い」んです。


今日この豚骨ラーメンにいい意味での臭さが無くなったのを嘆く豚骨ファンは実は多いんです。それをカップで今もなおしっかり作り出されているのがサンポー食品さん。いい臭さを追求され豚から採れるポークエキスは苦みや臭みなどの特徴のある十数種類を独自に配合された、まさに九州の魂を注入されているからこその9割シェアと言っていいでしょう。



見た目には白い豚骨わかりやすいですが、その奥にしっかりそのいい臭みあり、頂きたいと思います!



th_1800001110IMG_6271.jpg



あ、やはり!
しっかりいい意味での臭みある豚骨は他では味わえない香りで、それなりの塩パンチありの力強さ。そしてしっかりクリーミーが感じられる美味しさ。


前回のエグゼクティブはやはり焼豚の10倍の速攻旨味がスープに溶け出した肉の旨味が角を丸め込ませた上品に感じさせる美味しさだったのは感動的でしたが、今回はその肉の旨味がほぼ無い原型。コショウの力強さも一緒にそれなりの調味油のコクとで、今日のカップ豚骨とは一線を画す美味しさが感じられると思います。キレがあっていい臭さのある美味しさ。頂いた事の無い方にとってこの文面を見て興味をそそられたでしょうか?(笑)疑問ではあるんですが美味しいものは美味しい。



そして麺!!



th_1800001110IMG_6282.jpg



この仕上がりもいいですね。フライ麺の丸い適度なウェーブ。



やはり、今回もかなりしなやかでロングな麺が啜らないと頂けない、逆に言うと最近は麺の食べやすさにショート化しているのもあるんですが、個人的にずずzとしっかり啜り頂ける喜びは美味しさのひとつ。逆に言うとこのロング麺に慣れてないのが今現在の若年層やヌードルが世界へと波及する海外の方々。そのニーズに最近ではよりショート化した麺が主ながらにしっかり啜って頂ける、それだけで印象が変わる。もちろん食べ易いショートもいいんですが、個人的にはこの啜る、この感覚が本当に美味しく感じられました。逆に言うと、トータルの味わいにこの食感の大きさが実に大きいんですね。



最後にハート型焼豚。やはり甘味旨味を感じさせる味付けが絶妙。しかしエグゼクティブを感じられたからこそのこの一枚の美味しさかなあと。一瞬で入って来るんだけどじっくり味わいたい抜かりない美味しさもさすがでした。



今回は前回file2484のエグゼクティブ焼豚との比較的要素が強かったですが、この並びはなかなか気付き大きかった美味しさ発見でした。やはりこの焼豚ラーメンの王道の素晴らしさを逆に感じられた次第で、豚骨ファンに言われている、「くっちゃい」豚骨、カップで唯一しっかり感じさせる美味しさでした。いやあ幸せ。


今回ココまで。


明日以降もオールド始めまんだまんだご紹介させて頂く商品はございますのでお楽しみに〜〜です!






ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン とんこつラーメン 博多 サンポー食品

    file02484 サンポー食品株式会社 夢の焼豚ラーメン エグゼクティブ焼豚デラックス(40周年記念キャンペーン非売品)

    皆様こんばんは、


    本日は通常通り帰って来た、それにしても暑いな〜ものグラムです(笑)。



    今年、コレ秋?11月?と思わせる気温、そんな事言ってると急にさっぶ〜になりそうだからこれ以上言わない、つもりですが(笑)、それにしても暖かいですよね。しかし急激な寒暖差が今後もあるでしょう、お互いに風邪には気をつけたいですよね。


    と、
    さて!本日も元気に!(ほんまか笑)この約10日間は遠征記事等でイレギュラーだったので、そろそろばりばりと、麺メインで参りましょう!(ほんまか笑)


    げんきいぐでっ!!!






    はいよ〜〜!!


    今回の一品は、かなりヤバい一品と言っていい、おそらくこのパッケージ自体ご覧になられた事が無い方がほぼでしょう。それはカップ麺ブロガーを含めても言えると思う(かなり強気笑)、それ位の激レア商品。いや、商品では無いんです。非売品で当選された方のみが頂けたこの一品、なんとか!手に入れる事が出来ました!九州は佐賀、あのサンポーさんからの一品!!



    コレだっ!!



    entry_img_2358.jpg


    焼豚ラーメン



    ですが、まずこのパッケージ、初めて見たという方がほぼ全員と言っていいでしょう、実はワタシ個人的にもこの一品をマークしていたもののなかなかこのパッケージ自体オンライン上には出て来なかった、見る事すら出来ないのかと思っていました。


    次に、このサンポーさんの焼豚ラーメンについてですが、そもそも焼豚ラーメンって何?と思われる方も多いと思います。九州ではソウルフードと言ってもいいカップ麺で、1978年に発売され今年なんと40周年。販売地域は九州がメインで、我が近畿圏でも手に入れられるお店は限られているのが現状です。近畿以東では全くご存知無い方も多いでしょう。以前ご紹介させて頂いたこの焼豚ラーメンは↓コチラ(あわせてご覧頂けますと嬉しいです)


    file0486 サンポー食品株式会社 BIG焼豚高菜ラーメン 九州産高菜使用とんこつ味


    あ、意外とノーマルの焼豚ラーメンをご紹介出来ていなかった事に気づくんですが(笑)、この一品は高菜とBIGを除いて焼豚ラーメン、ってかなり強引か(笑)、九州地区ではスーパーやコンビニ等でごく普通に販売されているのは今年の福岡遠征で実際に確認させて頂けました。



    そしてこの一品、本題に入るんですが、実は先程も出て来たワード、1978年に発売されちょうど40年。このおめでたい時にサンポーさん、キャンペーンをされました。それが、


    「サンポー食品焼豚ラーメン誕生40th感謝のキャンペーン第1弾」


    とし、「夢の焼豚ラーメンプレゼントキャンペーン」を2018年8月1日から8月19日まで実施されました。



    まず、そのサンポーさん40周年、見た目にわかりやすくコチラをご覧くださいませ。



    th_1800001109sanpocp002.jpg


    コチラが上のパッケージ写真でもあったおかげさまで焼豚ラーメン40thのロゴ。この40のゼロの中にはハートマーク。これこそが焼豚で、「いつも心を込めて作っています」の気持ちを込められた焼豚なんです。



    さて、
    そして今回の一品ですが、夢の焼豚ラーメン、実はtwitter投票にて、夢の焼豚ラーメンの味わい3つの候補から選ばれ、そしてそれが参加された方の中から100名様にプレゼントとありました。サンポー公式アカウントをフォローし、その3つの味わいからひとつをチョイス、ツイートすると応募完了の流れでした。



    その味わいがどんなものか気になりますよね。それがコチラ。



    th_1800001109sanpocp001.jpg



    あなたの一票で決まる!と社員さんからの提案はこの3つ。社員の推し案と題されたのは、


    A、エグゼクティブ焼豚デラックス(焼豚10枚のせ)、B、紅ショウガデラックス(紅ショウガ10倍のせ)、C、焼豚スーパーリッチ(厚さ10倍焼豚のせ)の3種。この選択肢、どれも面白い!ですが、個人的には紅ショウガ10倍はコチラで用意出来るかな、後は2択、焼豚スーパーリッチ、これはかなりそそられるけど焼豚ラーメンじゃないよねと、やはりAかなと思っていると、やはり応募最多はこのハート型の焼豚10枚、これが一番支持され実際にプレゼント用として作られました。



    ちなみに、この当選者100名に6個もプレゼントされました。という事で生産数はたった600個。もちろん非売品。この数値のレア度はかなりもので、今回こうしてご紹介出来るのは本当に嬉しいご縁でした。(ちなみにクジ運最凶のワタシ、独自ルートにて確保、しかし今回は半ば諦めていた)カップ麺史においてもレア度は激と言っていいでしょう。



    では、長くなりましたが今回の一品はなんと、エグゼクティブな焼豚10枚のせです。ちなみにこのパッケージのキャラは「ヤカンちゃん」と言います、是非覚えて下さいませ。



    続き見て参りましょう!



    th_1800001109181109002sanpoexective.jpg



    サイドもこの一品用にデザインされているのが素晴らしい、エグゼクティブ感をしっかり感じられる仕様。嬉しいですよね。



    th_1800001109181109003sanpoexective.jpg



    th_1800001109181109004sanpoexective.jpg



    まず数値から、めん71g、518kcalの食塩相当量6.9g。脂質は22.1g。現行の焼豚ラーメンノーマルは麺量同じ、439kcalの5.3g、21.0gと、やはりこの10倍のせ焼豚によるプラスでしょう。若干塩分数値は高いのは致し方ないかな、それにしてもカロリーもそこまで高くなく頂けるのは嬉しい次第。(実は現行品、本日調達し見比べています笑)



    では!
    開封!中身です。



    th_1800001109181109005sanpoexective.jpg


    粉末、調味油に紅ショウガ。そしてトレードマークのハート型焼豚は立体的!10枚重ねでキレイにパウチされていました。いや、このルックス堪らん。たった600個しか生産されなかったこの一品、これを肉眼で見られるのは堪らない(笑)、肉眼では無いながらに皆様もこうしてご覧頂けるのも大変希少だと思います。以前以後、今までこんな一品はなかった、まさに非売品としてのエグゼクティブを感じさせる素晴らしさ。



    では!
    パッケージにあるハート型の中に熱湯3分、もうハート型がいっぱいの今回パッケージですが、一瞬で作ってしまいましょう!



    出来ました!!




    th_1800001109181109006sanpoexective.jpg



    本気で焼豚ラーメン!
    しかしこの仕上がりは40年の歴史で初、これ以後もそうそうないビジュアルです。しかしコレ、本気でヤバいでしょ、盛り付け時、かなり時間が掛かったのはココだけのハナシ(笑)。


    もう頂くしかありませんので頂きますよ!!



    まずアップ!



    th_1800001109IMG_6222.jpg



    一見9枚に見えてしまった、いちま〜い、にま〜い、......足りない......お岩さん的に自分がなったんですが(古っ!笑)、ちゃんと下に隠れていて10枚確認出来ました(笑)。それにしてもこのビジュアルは焼豚ラーメン、この時最大のお祭りと言っていいでしょう、もう今後このビジュアルは見られないと思うと感服。



    ではまずスープ!ずずz。



    あれ?
    ものすごくマイルド。こんなにもまろっとした仕上がりに感じられたかな?それが第一印象。塩の角がそれなりにあった力強さが美味しさでもあった感覚が今回はかなり変わって感じられました。そして奥から胡椒の風味とパンチがあるのはらしさながら、あれ?こんなに上品に感じられたかな?という不思議、エグゼクティブ、スープも違う?様に感じられたのは意外でした。



    そして麺!



    th_1800001109IMG_6230.jpg



    麺リフトもなんとか隙間から出来た贅沢な感覚(笑)。


    あれ?
    今回のしなやかさ、これもびっくりする感覚で、歯切れもいいながらに弾力推しでも無いしなやかさが印象的。そして何よりもロング麺で啜って頂けるこの感覚も美味しさのひとつ、エグゼクティブ仕様に全部が全部されていないとは思いながら、焼豚10倍でこんなにもバランス感が変わる?驚きを感じたのは正直。しかしカップ麺はカップの中のバランスが命。それを思うと、逆にとても良くなったエグゼクティブ、本気でヤバい、ここまでとは思わなかった美味しさを麺、スープから感じられました。



    そしてこの焼豚。今まで1枚だったのでしっかり感じようとするも10倍で初めて感じられたのは甘味旨味。こんなにもジューシーでハムっぽいながらに旨味を感じられたか?と言えばココまで感じられなかったのが本音。1枚目、2枚目と、それが10まで続くこの贅沢感は本気で無い、この旨味がスープには反映されているのは間違いない。しかしスープの豚骨しっかり臭は感じさせながら、ココまで角が取れた味わいは無かったな、と感じさせたのが個人的本気の感想。本気でエグゼクティブを感じさせた美味しさでした。



    いや、今回はこれで完結なんですが、本日レギュラーの焼豚ラーメンも入手したのもあり、明日はそちらをご紹介させて頂きたいと思います。今回の美味しく感じられた感覚がかなり大きいので(笑)、感覚おかしくなってるかな(笑)、明日お楽しみに!とワタシ自身楽しみに挑みたいと思います(笑)。


    ではココまで。明日も宜しくお願い致します。






    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン サンポー食品 佐賀 九州

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク