TOP > CATEGORY - 北海道

shopmenfile039 すみれ 中の島本店 味噌ラーメン

皆さまこんばんは、


本日は朝起床後、若干手間のかかる調理実食を終え、その後はごく少量の荷受、そしてキャッシュカード再々受け取りも完了した、まあまあやるこたやったで〜〜ものグラムです(笑)。


よっしゃ!キャッシュカードも戻って来た!(笑)、実食もした、ベランダも軽く掃除出来た!(笑)そして洗濯もした!って当たり前な生活ではあるんですけどね(笑)、普段なかなか出来ないのをこなせたのでまあ気分は良いです(笑)。


しかし明日はまた台風が近づいて来る、今かなりもんわ〜とした暑さのコチラ、明日はどうなるか、わからないながら備えるとするか!と、元気に参りましょう!おしゃ!いぐでっ!!






はいっ!


今回はショップメン、やっと来ましたは人生初の北海道。本気でこの道をしていなかったら未だに行けてなかったでしょうを感じ、しかし行けた、来れた感動は後からじわじわやって来るもので、訪問時はビュービューの風と雨、春の嵐の状態でアタマぼっさ〜、そして足は水が染み込んだじゅくじゅくの状態、それどころでは無かったのは今思い出すといい思い出(笑)。



では!
今回はコチラのお店になります!着きましたっ!!



entry_img_2279.jpg



すみれ 中の島本店さん



そうなんです!
やはり北海道に来、インスタント麺のご紹介をさせて頂いている身、コチラのお店はまず最初に来させて頂かなければと思った次第です。とはいいつつもこの遠征ではかなりお店チョイスについては悩みに悩んだんですけどね(笑)。その到着まで近々の遠征記事は↓コチラ。


Column0124 2018年2発目、今度はさらに遠くへビューン!到着北海道、札幌2軒目無事?到着編



なかなか複雑な心境だったこの時でしたが(笑)、札幌から地下鉄、南北線で4駅、中の島駅から徒歩約10分圏内にあるのがコチラのすみれさん。中の島本店、やっと来れました。



現在ではすみれの名前はラーメンフリークでなくともご存知の方はかなり多いでしょう。それはカップ麺や袋麺でも商品化され、それらを頂いた方も多いでしょう。そんな全国的にも有名になられた札幌の味噌と言えばの筆頭にも上がるお店の本店がコチラになります。



まず、このすみれさんの実食の前に、創業についてお伝えさせて頂きましょう。創業者は村中明子さんという方で、昭和39年(1964年)8月に「純連」(すみれ)をオープンさせました。


当時の札幌味噌ラーメンはあっさりした味噌スープが主流でした。しかしこの純連さんは敢えての濃厚な味わいを追求され、それが話題になり、次第にマスコミにも取り上げられる様になりました。


しかし昭和57(1982年)年7月、その人気を嫌う様に突然消える。


昭和58年(1983年)、中央区南11条西1丁目に場所を変え、ひっそりと再開した屋号は「純連」(じゅんれん)、呼称を変える形で復活。


その後純連本店は長男の村中教愛さんが継がれ、もちろん今も営業されています。


そしてココから。
すみれの名を全国区に認知させたと言っていいのが三男、村中信宣さん。この「すみれ」は平成元年(1989年)、純連創業の地、中の島にオープン。しかし店主信宣さんはラーメン店をする意思は全く無かったそうで、和食の道に進み、高級レストランやドイツの和食レストランにて存分に腕を振るった後、地元の札幌で寿司店を経営されていたそう。しかし母親である村中明子さんたっての願いでラーメン職人に身を投じた、それ以降はこの通り全国区の有名店に。



その大きなきっかけは新横浜にあるラーメン博物館さん。出店アプローチがあったのが平成6年(1994年)、当時、母親以外親族猛反対、半ば勘当される窮地の中出店を決意。



それがあったからこそ今の知名度があると言っても過言では無いでしょう、純連さんにすみれさん。今ではこの味噌ラーメンの味わいを純連からの純、すみれからのすみを取り、「純すみ系」と総称される程なんですね。


特に、この後の事ですが、優秀なお弟子さん達がいらっしゃるのがこの純すみ系の名高い所でもあり、「麺屋 彩未」、「狼スープ」、「千寿」、「空」など、この面々自体も全国区で有名なお店と言ってもいいでしょう。札幌のラーメンの大きなひとつのカテゴライズとして捕らえられている味噌、そしてこのすみれさん、来ました。ガクガクブルブル的でしょ(笑)。



それにしてもモダンなこの建物、ですけどね、昨年2017年10月に新築されたばかりで、やはりこの綺麗さと規模の大きさ、ラーメン店?と思わせる出で立ちを感じました。



ぼーんじゅくじゅくなので、進みましょ。(笑)



th_180000822IMG_2546.jpg



この様にしっかり駐車場も敷地内に完備、かなりの規模の大きさを感じさせるお店。一見間違ったかなと思わせる程。でも間違ってません(笑)。


では!
いよいよ!かなり場違い的にビショビショで大きなカップ麺大量のビニール袋を提げ、リュックも旧MacBookんを始めモリモリの状態で傘を持った一見ヤバいおっさんものグラムは、インする(笑)。



それにしてもキレイなお店で、今までで見た事無い感じ。入ってすぐ右に最先端のタッチパネル式券売機があり、そこで食券を購入、並ばずに入ってすぐ左手のカウンターに案内され待機です。



th_180000822IMG_2548.jpg


この無垢な木のカウンターが凄い、もう今回は間違いなく味噌でしょう。これで醤油とかチョイスしたらヤバい、でもかなり気にはなるんですよ。本当に。



th_180000822IMG_2549.jpg



この光景はラーメン店らしさを感じさせます。まずお冷を頂き少し気を落ち着かせる、それにしても荷物置きのカゴがあったんだけど、それに思いっきりでかいスーパーの袋(厳密にはセイコマさんのカップ麺大量の袋笑)を置き、おまいなんやねん的な場違い感を感じてしまったのはワタシ自身です(笑)。



いや、そんなんいつもやがなと開き直って(笑)、さて冷静にメニュー表があったので見てみましょう。



th_180000822IMG_2552.jpg



味噌キムチ!こんな一品もあるのか!という驚きと、昔風、限定ではありながらもこれもまた行かないと知らなかったメニューでした。いや、どれも頂きたい、でも無理!(笑)。



th_180000822IMG_2554.jpg



チャーハン、これもかなり気になる!し、すみれご飯、錦糸卵、明太子、刻みのりがのったご飯、おにめし、たっぷりの錦糸卵と別皿で三升漬け(青とうがらしの正油漬ん)、どれも食べたい気分でした(笑)。後はすみれさんの袋麺、そして生麺のラーメンもこのメニュー表に載っていますね。まだご紹介には至っていないんですが必ずアップさせて頂きます。でもすみれさんのカレー、個人的には超頂きたかったのはオフレコ(オンやん笑)。



th_180000822IMG_2550.jpg


あと、店内は本当にカフェを思わせるこの感じ。しかしラーメン店です。この違和感は多少なりありましたが、今現在のラーメン店は本当にモダンでスタイリッシュなインテリアのお店も増えて来ています。(お兄さんホンマすません笑)


と、


そうこうしているうちにやって来た!い、いよいよ!!その時が来ました!!



th_180000822IMG_2557.jpg


うわっ!まさに!


と貫禄を感じさせる味噌ラーメンは、ラードの層が覆う濃厚味噌。色合いもかなりしっかりと、どんとした存在感が目の前に、正直個人的には信じられないけど信じる他ないやろ的に、まだ現実が飲み込めない位の感覚でした(笑)。



では!
あとは頂くのみ!



まずはスープから。



th_180000822IMG_2560.jpg



それにしてもキレイな味噌の色合いですよね。そしてラードのオイル蓋、寒冷地仕様のスープが冷めぬ様にされている特徴、仕上がりでは全く湯気が立ち昇らない静止した感じを与えますが、スープは熱いに決まっている、それはアタマでわかっている常識でした。



th_180000822IMG_2564.jpg



本当に美味しそう、このレンゲでこの量、少なめですが撮影し、いざ!ずずz、



あっぢっ!!!



となったのは北海道2軒目、全く学習能力が無い子はワタシ、いや、この熱さは半端ない。というか北海道2軒目、どちらも100%、我が住まいでは考えられない熱さを体験させて頂きました(笑)。軽く火傷にさらにダメージ感があるものの(笑)、いや、大丈夫です(笑)。



いや、今回はかなりキレを感じさせる美味しさがこのラードの層のオイルと相まった美味しさ。スープは豚骨や鶏ガラに香味野菜の旨味しっかりで濃厚な味噌な筈ではあるながらに、やはり生姜の役割の大きさが身にしみて感じられる美味しさ。しかし生姜自体を感じるというよりは全体的な味噌にキレがある、そしてそれなりの塩のパンチも感じさせたのは個人的ではありました。一回あぢっ!となってからは吹っ切れ(笑)、しかしどんどん進む美味しさが正直病みつきを感じさせました。キレとマイルドの両方を感じさせる美味しさ。



そして麺っ!!



th_180000822IMG_2566.jpg



黄色い仕上がり、麺の太さもしっかり太い、多加水の縮れ、そしてたまごな麺。コシがしっかりありこのスープに全く負けない存在はバランスがもちろん良く、風味もしっかり感じさせました。お腹にしっかり来る重さはかなりで、実は今回頼みたいご飯類を頂く自信が無かったのは正解かな(笑)、やはりこの後の腹持ちは素晴らしい、消化にかなり時間が掛かったしっかりした美味しさでした。



この一瞬の実食、約10分間。この奥にある4D的な空間は壮大なものであった、のはまあ遠いという個人的な思いもあるからこそながら(笑)、札幌の純すみ系と言われる程になったお店、この味わいの積み重ねられて来た美味しさも感じられた気がするし、この系譜はまだまだこれから広がって行くだろう、その素の本店、感慨深いものがありました。



大きなスーパーのビニール袋と思いリュックをまた担ぎ、ご馳走様の感謝をさせて頂きました。ご馳走様でした。



すみれ 中の島本店

〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条4丁目7-28

TEL
011-824-5655

営業時間
夏季(4月〜10月) 11:00〜15:00、16:00〜21:00
冬季(11月〜3月) 11:00〜15:00、16:00〜20:00
(土・日・祝は通し営業)

定休日
年中無休

席数
49席

メニュー

味噌 870円
味噌キムチ 980円
正油 820円
正油キムチ 980円
塩 820円
昔風(あっさり正油) 870円
チャーシューメン 各210円増
大盛 各110円増
半ラーメン(味噌・正油・塩) 各570円


ライス 170円
ライス(大) 210円
チャーハン 720円
すみれご飯 360円
おにめし 360円


たくあん 110円
チャーシュー 210円
かまぼこ 210円
キムチ 210円




公式HP
http://www.sumireya.com/

MAP




blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : ラーメン
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 北海道 札幌 味噌ラーメン すみれ 純すみ系

    shopmenfile037 にとりのけやき すすきの本店 味噌ラーメン

    皆様こんばんは、


    本日もしっかり実食外出をし、昼過ぎに速攻帰って来た、ゲンチャリダー 2〜5分圏内の2軒を制覇した、おっしゃ〜ものグラムです(笑)。


    しかし、灯台下暗し。またそれをかなり大きく感じさせた実食は、もう家からすぐなのに、かなり昔からあったのに、なんで行かへんかってん!と思う程で、多分おそらくこの道をしてなかったら未だに行ってないだろう、と思うとかなりコワイ事態だった、今回はかなりヤバイよ!と思ったワタシでした(笑)。



    それで満足で帰って来たはいいものの、麺とサイド、麺とサイド(メニューの事です笑)でご飯ものも2杯には〜いしてしまいはちきれ寸前で苦しく横になっていると、気がつけば夕方、あ”。またやってもうた〜〜!だけど、未だにお腹の具合はまだまだ中にある感じで、結構な苦しさだったのでまあいいとしよう(笑)。でも今日は満足。(ほんまか笑)



    では!
    ただいま元気は元気!かなり寝たしね(笑)、夜からしっかりいぐでっ!!!






    はいよ〜〜!!



    今回はショップメン、北海道札幌遠征記事も少し進み(予定よりかなり更新は遅れているが笑)、いよいよやって来たのは北海道1軒目、当ブログの道で記念すべき北海道初の麺、チョイスにはそれなりにどうしようか悩みました(笑)。候補は実は結構あったものの、やはりカップ麺やチルド等で商品化されているお店がいいだろう、全く商品化されていないお店からスタートするのはちょっと、というのもあり、悩みながらもスムースに事が運んだのか?(笑)いよいよやって来たお店はコチラ!



    entry_img_2255.jpg



    にとりのけやき すすきの本店さん



    コチラに辿り着くまでの直近の遠征は↓コチラ


    Column0122 2018年2発目、今度はさらに遠くへビューン!到着北海道、札幌どの麺食うねん編


    朝6時の電車からスタートし、6時間と少しで到着は12:13。飛行機自体は2時間で到着したものの、トータルでは結構時間は掛かったかな、しかし気分的には我が兵庫県からはもう遥か彼方の地でもあり(個人的感覚笑)、もう目の前にやって来た、来れた喜びは大きかった。


    のはいいとして(笑)、さて!初の北海道、記念すべき1軒目はコチラの「にとりのけやき すすきの本店」さんに決定致しました。札幌は超激戦区で1,000店以上のお店があり、選ぶのは相当頭を悩ませるんですが、しかしインスタントを主にご紹介させて頂いている当サイトなので、今では全国的にも有名になられたコチラのお店に来させて頂きました。


    にとりのけやきさんと言えば、カップ麺での商品化でお知りになられた方も多いでしょう、それらカップは何品かご紹介済みです、併せてご覧頂けますとウレシいです↓


    file01430 日清食品株式会社 プライムワン けやき 味噌拉麺


    file01987 日清食品株式会社 プライムワン けやき 旨辛味噌ラーメン



    あのPBのプライムワンから出された味わい、特にどんぶりタイプのこの一品は高価格帯ながらかなりのクオリティの高さ、美味しさがありました、日清食品さんの製造で、まだまだ記憶に新しい(かな笑)一品でした。



    コチラのお店は1999年11月にオープンされ、もうすぐ20年になるお店ながらも、連日行列のたえない味噌ラーメン専門店。店主は似鳥栄喜さん、オープン当時は「欅」と言う屋号で経営されていましたが、今では「にとりのけやき」と新屋号に変更されました。その奥には少し大人な事情と言えばいいのか、誤解を招く恐れもある為、悩まれた挙句に決断された変更でした。


    ここでどうしようか?とも思ったんですが、やはり今後ご存じ無い方が混同されると行けないとも思いますので簡単にご説明させて頂きますと、今現在、欅 美園店というお店があり、そちらのお店は実はにとりのけやき公式HPでは多くのお問合せがありますが、欅(けやき) 美園店は当社と一切の関係はございません。 (「にとりのけやき」公式HPより引用)とあります。



    実は元々は修行時代の兄弟子が出されているのがこの欅 美園店で、当初はレシピとこの屋号で開業する支援をされたそうです。しかし支店と勘違いさせる外内装やメニューにお客様が混乱されている現状があり、現地ではその事実がだいぶ浸透はして来たそう。


    にとりのけやきのにとりは、実はあの家具屋で超有名なあのニトリさんで、コチラのけやきの似鳥さんと親戚なんだそうです。そこでニトリの似鳥社長が無償でにとりの商標権を提供された、そんな経緯があり今現在に至っています。



    さて!
    いよいよ実食!に入っていくワケですが、この日は18年4月11日、まだ肌寒く春の嵐で雨風が思った以上に強くすでにソールがチビチビのマイ靴は水分が浸透しびちゃびちゃ。(笑)しかしなんと今日は一人も並んでいないではないか!と、普段の状況はわからないながら、いつもはやはり外にも待ちで列をなされているそうです。なかなかコレもスムース?(笑)。



    このすすきの本店はカウンターのみの10席で、本当に小さいお店ながら、やはり本店で頂きたい方も多いでしょう、支店は新千歳店、そして赤レンガテラス店を経営されています。



    では!インっ!!



    th_180000730IMG_2468.jpg



    入ってすぐ右側にこの食券機があり、入って正面と左側にL字のカウンターのみの店内。正直本気で狭い、ですがもう店内にはしっかりお客さんがおり、ちょうど左側に1席が空いている状態でした。



    まず今回はデフォでしょ!と味噌ラーメンをポチりしたんですが、この券売機を見ると、にんにくラーメン、ニラ豆板ラーメン、ネギラーメン、コーンバターラーメン、激辛ラーメンもありますね、思った以上にメニューがあったのには正直驚きました。あと、一番上にある280円の写真、コレなに?と思われた方もいらっしゃるでしょう、わかりにくくすんません(笑)、実は水餃子!こんなサイドがあるのは本当に知らなかった!です(笑)。



    そして着席。



    th_180000730IMG_2471.jpg



    もうこの段階で店内は満席。実はこの後も結構入れ替わりお客さんが入って来ていました、店内はなかなかの活気に満ちていましたよ。



    そして!



    th_180000730IMG_2473.jpg



    この上に見えるのがお土産ラーメン。店内でも食券で購入可、しかし実は空港でも販売されていましたね、この麺もいつか実食、ご紹介させて頂きたいと思います。



    そしていよいよ!!あ〜、とうとうこの時がやって来たかあ!本気でたまらない瞬間だったのはインして着席後、たったの4分後!は、早すぎっ!!



    th_180000730IMG_2476.jpg



    来ました!しっかりフライパンで作られた札幌らしいこの仕上がり。白髪ねぎがトレードマークの盛り付け、そして野菜の彩りとこの味噌のしっかりした色合い、たまらない美味しさがまず見た目からかなり感じられます。



    では!
    今日は朝からミルクティー的まっ透明なドリンクしか飲んで無い、あ、機内でコーヒーも飲んだな、どちらにせよ水分しか摂ってないかなり空腹だったので、勢いよく頂きます!



    その前にす〜〜ぷっ!!(笑)



    th_180000730IMG_2484.jpg



    さらっとした仕上がりですね、でも色合いが独特でもあります大豆みそや麦みそ、3種類のみそが使われているそうです。
    おっしゃ!ずずz。


    あっぢっ!!



    わ、忘とった、。北海道のラーメン、特にこの札幌ラーメンはオイルの蓋をされているのが一般的で、寒冷地仕様と言っていいでしょう、ラード等でしっかりスープに蓋をし、熱を逃がさないのはやはり北海道を感じさせる、実際に来た感を思いっきり感じさせてくれるでしょう、皆様もご注意を、でした(ワタシも含む笑)。



    もう今までに感じた事の無い位、しっかりした熱さがあり、それでか!湯気が全くたってなかったのは(おまいいままでどんだけオイル蓋ゆうて来てん笑)コレか!と、本場の熱さにはビックリ(笑)。しかしこの熱さも美味しさのひとつ、コレは今まで本州や九州で頂いて来た(まだまだ数は少ないながら)それらとは遥かに次元の違う熱さで、本気でまず口内が火傷(あら)。



    味わいは思った以上にキレがあり、甘味は比較的控えめな印象でとても飲みやすい(熱さ以外)。そしてこの味噌の香りはブレンドで非常に深く、濃いめながらどんどん進む美味しさ、しかし熱いので低速(笑)。



    このラードの層はご覧の通り、ご覧頂きましょう。



    th_180000730IMG_2481.jpg



    しっかりした蓋になっているのがご確認頂けると思うんですが、コレが全くくどさを感じさせず、むしろコクがしっかりで、本来はかなり濃い仕様ながらそれを全く感じさせずどんどん飲んでしまう美味しさがありました。実は本気でご飯が欲しかったながら、この後があるので断念、非常にご飯の衝動にかられた美味しさは素晴らしかった。




    でも!麺があるじゃないか!(あら笑)



    りふと〜〜〜!!



    th_180000730IMG_2486.jpg



    もうコレこそは!
    と思わせる札幌らしい多加水の縮れ、半透明までは行かないものの、グルテンのコシを感じさせる透明感にはかなり期待が高まります。



    こ、コレぞっ!!
    な多加水麺はコシがしっかり。そして舌触りの滑らかな泳ぐ様な感覚にぶりっと噛み込める食感はまさに札幌、を感じさせる食感で、基本やはりお腹にはかなり来る。(笑)しかし伸びる気配は全く無く、この一杯を頂くのには真反対の九州と比べると完食までに結構時間は掛かる、実際にお店にいらっしゃったお客さんを見るもゆっくりしっかり頂いている感じに見受けられたのが印象的でした。



    あとはシャキッとした野菜も美味しく、挽肉がほろほろと入って来る、この食感と旨味も素晴らしかったです。




    実は今回、店主の似鳥さんはいらっしゃいませんでしたが、常連さんが聞いていたのを一緒に聞かせて頂いていたんですが(笑)、この日は某デパートでの催事に出張されていたそうで、少し残念ではありましたが、しかししっかりした王道の味噌ラーメン、熱々の美味しさと味噌の美味しさがしっかり堪能出来、北海道遠征初の一品、個人的にはたまらない美味しさで完食。ご馳走様でした。



    にとりのけやき すすきの本店

    〒7064-0806 北海道札幌市中央区南6条西3丁目睦ビル1F

    TEL
    011-552-4601

    営業時間
    10:30〜04:00(月〜土)
    10:30〜03:00(日・祝)

    席数
    カウンター10席


    メニュー

    味噌ラーメン 870円
    にんにくラーメン 930円
    ニラ豆板ラーメン 930円
    ネギラーメン 930円
    コーンバターラーメン 980円
    激辛ラーメン 980円 


    大盛り 110円
    煮玉子 60円
    チャーシュー(1枚) 120円
    コーン 60円
    バター 60円
    ネギ 60円
    ニンニク 60円


    ライス 160円


    水餃子 280円


    MAP



    食べログ
    けやき すすきの本店 (欅)




    blogramで人気ブログを分析


    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : ラーメン
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 北海道 札幌 けやき 味噌ラーメン

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク