TOP > CATEGORY - インスタメシfile

file02417 日清食品株式会社 日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし(18年8月6日発売フライングゲット第60弾)

皆様こんばんは、


本日で喉のピークを過ぎたと言い聞かせる、結構喉いてえ〜ものグラムです(笑)。


昨日?今日の夜中から朝にかけては特に眠りが浅くてあ”〜、ねよ〜!って寝とるがなですけどね、そんな感じ(笑)。早く回復させたいながらも完全に脳まで休めたのは朝起きる前位かな、今朝の起床時が一番、あ、コレヤバいかも、と思わせながらも昼間は咳もほぼ出ず、なんとか元気に乗り切ったワタシでした(笑)。



んでは!
帰りの電車でもこほっ!とちょい出ながらもこうべを垂れた分しっかり回復!(笑)元気いぐでっ!!!






はいよ〜〜〜!!



今回は先週分のフラゲ、ギリゲ、でおます。(笑)
いや、でもなんとか来週月曜日発売なので、ってそれがギリですよね、すんません(笑)ですが、今回はメンでは無くメシ!そしてカップメシも今まで色々ご紹介させて頂きましたが、それがどんどんレパートリーが増えて行き、とうとうと言ってもいいでしょう、こんな味わいまでもが商品化されます!



コレや〜〜〜〜パケ〜〜〜〜〜!!



entry_img_2260.jpg



日本めし

鶏つくね豚汁めし


そうなんです!
カップメシと言えばまずカレーメシを思い浮かべられる方も多いと思うんですが、このカップメシはカレーだけではない、さらに発展させたシリーズがこの日本めしシリーズ。派生シリーズでもあります。


コチラは18年8月6日発売、価格は220円(税抜)と、カップ麺よりは少々値段設定が高めではありますが、このカップメシ、最初はレンジ仕様から始まり、その美味しさには本当に度肝を抜かされた美味しさ、それが今もなお鮮明に憶えている衝撃でもありました。その後かなりのレパートリーでこう来たか!と、驚きと美味しさを毎回感じさせられたカップメシですが、それからレンチン仕様からお湯のみで完成系に持って来た、それが16年8月29日発売の「日清 カレーメシ ビーフ」、そして「日清 カレーメシ シーフード」でした(まだココまでのご紹介に行き着いてませんが、なんとか追っかけ中です笑)。



それからもうすぐ約2年、この熱湯戻しのカップメシはさらなる進化を遂げ、今やこんな味わいを出すまでになられた、もうこれだけですごい!ですよね。



そして今回の日本めしですが、ひとつのテーマがあります。



それは!



一汁一菜うまいンゴ!



というのが今回、公式からそのまま引用したワード、一汁一菜?わかる、でも、説明してみろと言われるとなかなか出来ないですよね。


この一汁一菜は近年ブームになっているそうで、ご飯(メシ)、豚汁(汁)、鶏つくね(菜)をバランスよく摂り入れる料理を指すそうです。しかし今回はメシに豚汁、そして鶏つくね。間違いなく合う相性なのはわかりながらも、それらががっちゃんこ、は公式から、ひとつのカップとして商品化、これはスゴいですね!


では!
続きを見て参りましょう!



th_180000803180803004tonjirumeshi.jpg



この別添オイルは豚の旨み豊かな香油(かおりあぶら)。要はフレーバーオイルなんですが、このネーミングでさらに期待感が高まってしまう、この和な感覚が素晴らしいですね。



th_180000803180803002tonjirumeshi.jpg


th_180000803180803003tonjirumeshi.jpg



数値は394kcalの3.4g、カップメシとしてはまずまずの数値。もちろんカレーメシ系統よりはライトな数値となっています。


かいふう〜〜〜!!



th_180000803IMG_5840.jpg



うん、鶏つくねはこの段階でしっかり大きさを感じさせ、そして豚汁の定番、ごぼう、にんじん、ねぎが確認出来ます。



さて!
あとは熱湯を注ぐだけで、カレーでは無い日本めし、一汁一菜、うまいンゴ!はどんな進化系の味わいを見せてくれるでしょう?もうかなり楽しみ!つくりますよ〜〜〜!!



おゆ〜〜〜〜だけで〜〜〜、びっくり〜〜〜うま〜〜ぃい〜〜んすた〜〜んと〜〜(と言ってしまおうワクワク調理中)



おっさ!!おおっ、こ、これはっ!!!



th_180000803180803005tonjirumeshi.jpg



もう本当にカップ?メシ?なんですが、目の前にはしっかりした米粒が確認出来、そしてこの豚汁の味噌の色合い、鶏つくね、ごぼう、にんじん、ねぎの彩りもしっかり完成されたのが目の前に。香油のオイル感もこの段階でしっかり感じさせるは、本気で美味しそうですよね!


では!
もう頂くしかない!



あ〜〜〜〜っぷっ!!



th_180000803IMG_5853.jpg



日清さんのラーメンで培って来たノウハウを感じさせる味噌の仕上がりは、2種類の味噌をベースに仕上げられたそうで、その味噌は結構なラーメンにも通じるスープ感を感じさせます。しかしそこに浮かんで見えるのはメシ。ただただメシと一緒になった、そんな気が全くしない今までにない感覚か?雑炊的か?



では!
れんげ〜〜〜!



th_180000803IMG_5871.jpg



もうリフトというか、れんげ〜と思わず言ってしまったんですが(笑)、このかなり自然に感じられる、インスタントを全く感じさせない仕上りと言っていいでしょう。この段階で本気でヤバくね?と思われませんでしょうか?いざ!ずずz。



うっわ!
もう最初、一番に感じられたのがごぼうと豚とのコンビネーション、この風味こそが豚汁!で、もうこれ以上ないでしょう?と思わせる香り旨味。そして今回の豚汁はどちらかというとさらっとした感覚よりも少しながら濃厚さを感じさせる仕上りで、もちろんさらっとした頂きやすさもありながら旨味しっかり濃厚、若干トロッとした仕上りでもありました。そのとろっと感こそが香油ながらにさらっとした雑炊的感覚も感じさせ、なかなか絶妙な仕上り、この一品はただ単にメシ、豚汁をミックスしたものではない計算されたミックスを感じさせました。



そしてこのメシ。
いままでのレンチン仕様のカップメシではリアルというよりは本来のご飯では感じられなかった一粒一粒のもっちり感、弾力とコシを感じさせたのが麺を扱うメーカーのメシとしてかなり印象的で、今までに無かった食感と味わいでたまらない美味しさに感じさせました。しかし今回の仕上がりはもう完全なるリアル。もちろん原材料は日本産のお米ながら、湯戻しでこんなにもリアルに戻るのか?を真剣に考えさせられた仕上がりにはビックリ。今までの粒が際立ってるねえ!感から、一口入れた全体の感覚が自然過ぎ、もうコレ、本気で普通にメシやん!という他言い表せない仕上がり。



最後は鶏つくね。
もう豚汁とこのメシで逆に存在感が薄れそうな程ながら(笑)、しかしほろっと解れるつくねの感覚は相変わらず素晴らしく、コチラもかなり自然に入って来る印象でした。でも本当にこのトータルの仕上がりにかやくのつくねが存在感薄れる、これこそが豚汁めしの最高の仕上がりではないかと、あくまで個人的に感じさせる仕上がり。そして今までではここまでのクオリティにまでは持って行けてないでしょう、今がその時、それしか感じさせなかった一品でした。



今回は個人的にかなり力強くお伝えしてしまいましたが(笑)、あとは好みが大きく左右されますのでね、気になられた方はご自身の味覚でしっかり味わって頂ければと思います。



では!今回はココまで。
明日はより元気に!参りたいと思います(笑)!


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : カップメシ 豚汁 つくね

    file02190 日清食品株式会社 日清レモンクリームカレーメシ

    皆様こんばんは、


    本日帰り、スーパーに寄り、100均おやつコーナーにすかさず行き、バタピーを買おうとした所、他は普通に陳列されてるのにそこだけポカンと空間が出来ていた、オーノーものグラムです(笑)。。


    なんか最近オーノーばかりの様な気がする(笑)。。


    んですけどね、ノンアル生活になってから夜の定番はコーヒーとマメと言うワタシ(笑)、この晩のバタピーが楽しみで仕方ないのに(笑)なんとキレイに売り切れてました。。でも安いし、美味しいし、そして何よりカラダにも実はいいんです、やはり同じコトを思ってか知らず売り切れとはまさかの想定外やったなあ(笑)。。


    そして想定外と言えば今日の帰り、電車がまた止まった。実はこちらの方が大問題なワケでバタピーとかどうでもいいんですけどね(笑)、たまたまスーパーに行ってウッソ〜ん!と思いながらなにも考えずにホームに着いて、電光掲示板を見たら調整中になってて、ホームは凄い人。


    1時間半運行されてない状態だったにも関わらずにホームについてすぐに運転再開の最初の電車が来たらしく、その電車は一人も乗ってないまっさら!状態でね、いつも通りの時間に普通に座れて帰ってこれたのは奇跡!



    コレでバタピーのうやむやが完全晴れた、あ〜よかった〜〜と思ったワタシでした(笑)。



    いやあ、なにが起こるかなんて全くわからんなあ。と思いながら、



    本日も元気に夜の部!いぐでっ!!











    はいよ〜〜〜!!



    今回はですね、日清さんからなんですが、今となっては嗚呼と思ってしまう一品!もう食べたくても食べられないあのレンジでチンのカレー!と言えばもうピンと来る方も多いでしょう。


    では!!
    あのカレーの味わいにこんなドッキング!!


    コレです〜〜〜パケ〜〜〜〜!!



    entry_img_1959.jpg


    レモンクリームカレーメシ



    なんと!
    カレーにレモンがドッキング、コレはまた新しい味わいですよね!ってもうだいぶん前ですけどね(笑)、、あのカレーメシがレモンクリーム味、ちきんかれーらいすと言うコトで発売されたんですね。16年3月7日、220円(税抜)でした。


    もうご存知でしょうけどね、このレーメシを始め、どん兵衛やU.F.O.そばめし等全てのレンチンごはんラインナップが現在は販売終了となり、現在はさらに進化のお湯だけで出来るごはんものがリリースされていますね。


    でもこのレンチンタイプはやはりこのレンチンでしか出せないもっちりふっくらの味わいがあって正直個人的にはかなり寂しいんです(笑)。。復活せえへんかな!?なんて実は陰でかなり思ってるんですけどね(笑)、でも現在は進化でお湯を注ぐだけで出来るカレーメシが販売中です。


    しかし!!
    当ブログではまだまだ!このレンチンタイプ、ご紹介し切れてません!(偉そうにゆうな笑)


    というワケで、今回はこんなレモンと一緒になったカレーメシ、全く予測が出来ない味わいですけどね、楽しみに頂きたいと思いますっ!!



    つづき〜〜〜〜!!


    th_1701211IMG_5646.jpg


    なかなかの爽やかな黄色とクリーム系の色合いがカレーぽくないんですけどね(笑)、でもレンチンのこの四角、台形というだけでウレシくなるのはワタシです(笑)☆


    th_1701211IMG_5647.jpg


    th_1701211IMG_5649.jpg


    th_1701211IMG_5652.jpg


    このぐるりももう今となっては懐かしい(笑)、底からサイドまで全てこの紙で覆われた四角いカップとなってました。


    そして数値は481kcalの3.0gとカップメシとしては標準的な数値かな、結構食べ応えのあるしっかりした数値です。



    では!
    かいふう〜〜〜〜!!


    th_1701211IMG_5654.jpg


    サラサラのこの段階からどうして第3のカレーと日清さんが定義した「ルゥでもレトルトでもない、お米とルゥが混ざった状態で出来上がる」を想像できるでしょう。でもコレにお水を入れてレンジでチン!するだけで出来上がるこの技術、ホントにスゴイとしか言いようがないですね。


    つくりましょか〜〜〜〜〜!!


    まず、お水をじゃ〜と入れます!!


    th_1701211IMG_5656.jpg


    ホンマにコレでできんの!?と思いますけどね(うたがわしいやっちゃな笑)、この状態でレンチン5分半(我が家は500W)、ピッと押してしっかり待ちます!!



    れん〜〜ちぃい〜〜んすた〜〜んと〜(やる気あるんか笑)



    おっしゃ!いい香りがして来た!!おーぷんっ!!



    th_1701211IMG_5658.jpg


    おおっ!
    ってさすがにコレは盛りはでけません(笑)。。でもなかなかの色合い、クリームっぽいしレモンっぽいし、でもちょっとカレーぽい色合いがなんとも美味しそうですねっ☆


    さっそくいただきましょか〜〜!!



    あ〜〜〜ぷっ!!


    th_1701211IMG_5664.jpg


    ちょっとシチューぽい感じもしますけどね、レモンクリーム、どんな味わいでしょ?


    おっ!!


    クリーミー!
    まず最初のインプレはクリーミーで、そして結構な甘味が感じられた味わい。そしてそこからのレモンのふわっと来る香りが新しい、けど違和感が全く無い、こう来たか!とビックリした味わい。


    甘味もしっかりのクリーミーながらにレモンの風味で爽やかな感じ。でも酸味を強く与える味わいでは無くてあくまでもフレーバーとしての役割が大きいかな、そこが意外と言うか合うもんなんだなと新たな発見と言うか商品でもありました。すごい。


    今回のカレーの位置付けはそこまで前面に出る感じでは無くてクリーミーが強いトロッとしたメシとの一体感、カラダがポカポカ温まるシチュー的な感覚の方が強く感じられました。クリーミーにほんのりと香るレモンがホントに新鮮な感覚でした。



    そしてこのメシはしっかりもっちりしながらコシがある、一粒一粒をしっかり感じられるメシ。コレは毎回たまりません(笑)。カレーのとろみしっかりと一緒になった一体感はかなり素晴らしくてお水とレンチンだけで出来たとは到底思えない仕上がりが素晴らしかったです。


    チキンの繊維がしっかり感じられる具材も良かったし、最後の余韻で酸味が感じられた、不思議といえば不思議な味、でも違和感を感じさせない完成度の高さも同時に感じさせた今回だけの味わいは今思うとかなり希少な味わいだったなと思いました。



    もう後には戻らず思うと、この先のメシ、お湯だけでのメシのさらなる進化もホントに楽しみなトコロなんですけどね、まだそこまで行くには当ブログでは時間がかかります(笑)、まだこのレンチンタイプはございますので今後もよろしくお願い致します〜〜(笑)



    では本日はココまで、明日もよろしくお願い致します☆


    blogramで人気ブログを分析


    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : カップライス 日清 カレーメシ カレー

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク