TOP > CATEGORY - インスタチルドメンfile

file02398 第一食品工業株式会社 元祖広島まぜ麺 一平や 元祖広島まぜ麺

皆様こんばんは、


本日は7月11日。
九州北部、中国、近畿、東海、北陸と、あの歴史的な大雨のすぐあと、9日には梅雨明けが発表される。近畿では平年より12日も早く、昨年差では4日早い。昨年も相当早い梅雨明けだったものの、今年はさらに早く、今朝、今年初めての蝉の声をベランダから聞いた、あれ、もう夏が到来?と思ってしまった暑い暑い1日。とろけそう〜ものグラムでした(笑)。



しかし!
最初に言った7月11日、日にちだけ言っといてなんやねんですが(笑)、実は本日!



ラーメンの日



なんです!
7がレンゲ、11がお箸に見立てられ、日本人で初めてラーメンを食べたとされる水戸黄門の誕生日。2017年に「一般社団法人 日本ラーメン協会」が制定され今年で丸1年、2回目のラーメンの日を迎えたんですね!



皆様本日もずずっと!行かれましたでしょうか?ワタシは、1食はずずっと、でも2食目はあむあむしてしまいまして(メシでした笑)、まあギリズズッとしたんですが、あの一風堂さんでは、project ZUZUTTOという特設サイトを公開されています。「一人でも多くの人にラーメンの魅力を知ってもらい、より美味しく食べてほしい」というシンプルな思いで発信された内容はなんと著作権フリー。麺をすすって食べることの効果をイラスト付きで紹介されており、他のラーメン店さんでもぜひ使って欲しいとも言われている、これ深いなあ、と思いながら、明日以降もずずっとしていくぞ!と思ったワタシでした(笑)。project ZUZUTTO(ズズット)



あ”っ!
そしてね、この日本ラーメン協会、本気でビックリ!なのは昨日ご紹介させて頂きました魚雷さんの店主、塚田 兼司さんもこの日本ラーメン協会の理事をされていた(現在は卒業されたそうです)、この偶然のワードのチェーンの符号には驚きました。でも昨年からのこのラーメンの日、今後も歳を重ね、より多くの方々にラーメンに意識を持って頂きすすって頂きたいなあ、と思った次第、ワタシに出来るコトは当ブログ記事をアップするだけですが、今後もばんばん!ばりばり!参りたいと思いますのでね、今後もよろしくお願い致します。



では!
冒頭からまた長なってもうた!ですけどね(笑)、元気の証!(笑)いぐでっ!!!






はいよ〜〜〜!!



今回はですね、2回目のご紹介、広島の第一食品工業さんからの一品。今回も岡山遠征時に入手した一品なんですが、なかなか中国地方以外では手に入れられない流通量は決して多くない一品でしょう。今回もお店の一品で、こんな味わいもあったんか?と思わせる、全国的にはまだまだ認知されてない味わい、かなり楽しみ!でした!



コレや〜〜〜パケ〜〜〜!!



entry_img_2236.jpg



元祖広島まぜ麺



んっ!広島まぜ麺?と思われた方も多いでしょう。漏れなくワタシもその一人です(笑)。



しかしこの味わいはこのパケの右上にある、「元祖広島まぜ麺 一平や」とあり、今回のお店こそがコチラのお店。その味わいが商品化されたのが今回の一品です。



広島は呉冷麺や汁なし担々麺が地域に根ざした味わいで、他の地域には無い独特の麺文化を歩まれている、と言っていいでしょう。その流れもあるかもしれません、今回の広島まぜ麺、元祖の一平やさんは創業2010年9月とまだまだこれから、今から歴史を刻まれるであろうお店で、このお店のオリジナルの味わいと言っていいかな(まだ情報が限りなく少ない為無責任ではありますが)、しかしこのお店は行列が出来るお店で、地元ではかなり人気のお店なんだそうです。



だからこそこうして全国区では無く地域に根ざした第一食品工業さんが商品化されてるでしょう、決して広範囲では無い流通ながらもこの商品化には理由がある。本当に現地で地元民に愛されているお店でしょう、コレは楽しみすぎですね!




では!
今回はかなり未知であり無知でもあるワタシ、余計なコト言わず(もうかなりゆうとんちゃうん笑)、頂くしかありません!



楽しみにつづきましょか〜〜!!!



th_180000711180711002ippeiya.jpg



まずね、この第一食品工業さんの以前、1品目、頂いたのは↓コチラ


file02330 第一食品工業株式会社 呉麺屋 広島 呉冷麺 二食入


このパケも今回と全く同じビニール袋に詰められた、パッケージの印刷物は四角い紙のみ、この感じがより内容重視を思わせる簡易パケ。仕上がりのクオリティもかなり高く、お店の味わいは現時点ではわからないものの、大変美味しかった、おウチにいながら本格的なご当地、ご当店の味わいのニュアンスを感じさせる様な味わいは、次広島に行った際には要チェック!と思った一品でした。ショップ麺ストックも溜まりに溜まりますなあ(笑)。



話は戻して、今回もこのパッケージの紙のウラには作り方が書かれています。温でも冷でも、どちらでも美味しく頂けるそうで、そのどちらの作り方も書かれています。個人的には温が好きなので今回は温で、でも味わいがわからないので今の段階ではなんにも言えない、冷でも良かった?いや!オンや!勝手ながらにもうオンしかない(おんおふか笑)。



おっしゃ!
なかみ〜〜〜!!



th_180000711IMG_0671.jpg



2人前!ぞろりと揃ったこの内容は、まずすみません、白抜き画像編集無理!(笑)当時はそれを想定せずに撮影していた為、今回は難しすぎで断念しました(笑)。しかし麺にスープはストレート、ごま油に辛味の素、そして天かすまで装備。あとはねぎ、ひき肉、卵黄を準備するとデフォの写の仕上がりになるみたいですのでね、しっかり用意しました!



おっしゃ!!
つくろか〜〜〜!!!



ひろ〜〜しま〜〜、まぜ〜〜めん〜〜、みちぃ〜〜〜のうま〜〜ぃい〜〜〜んすた〜〜んと〜〜(かなりワクワク、しかしじっくり説明見ながらごそごそ調理中)



おっしゃ!!な、なんとかでけた〜〜〜!!!



th_180000711180711003ippeiya.jpg



おおっ!
ホンマにパケそのままででけた〜!ですけどね、まあねぎ、ひき肉、卵黄がメインビジュアルなのでそんなものでしょう(笑)。しかしながらかなり美味しそうな彩り、でもまだ味わいは全くわかりませんね。



では!
広島まぜ麺!どんな味わいか?楽しみに頂くしかない!いきましょか〜〜!!



あ〜〜〜ぷっ!!



th_180000711IMG_0682.jpg



この段階ではスープ、ごま油、辛味の素は一番下にスタンバイ。頂く際はよくかき混ぜてから頂く、まさにまぜ麺なんですけどね、それにしてもこの仕上がりは食欲を掻き立てる彩りでワクワクさせますよね!



では!!



まぜまぜ〜〜りふと〜〜〜!!!



th_180000711IMG_0685.jpg



いつもはあまり原型を壊さずリフト写するんですが(笑)、今回はこの様にかなりしっかりまぜまぜしました(笑)。それでないと本来の味わいは頂けませんよね、というワケでなかなかのビジュアルですよね。しかしなかなかの麺の艶やかさと元気さがこの段階で伝わってくる仕上がりです。ずずz。


うっわっ!!
まずごま!そして酸味!やはり基本の味わいは冷麺の醤油だれの味わいで、とてもさっぱりした味わい。呉冷麺を思わせるのは↑の一品は同じ第一食品工業さんだからか、温だったのでよりしっかり強く感じられた味付けで、甘味をしっかり感じさせながらの酢の酸味が力強い。



しかし卵黄のマイルドさが一緒になったバランス感はなかなか。冷仕様だとココまで強い味わいを感じられなかったかもしれないながら、どちらにせよこの卵黄はかなり合うでしょう。



そして麺!
は中細のストレート。温で1分〜1分30秒、冷で2分〜2分30秒、冷だと締めがあるのでより長い設定でしょうけどね、今回は温、それにしても細ストレートの麺の香りしっかり、しっかりしたコシ弾力に粘りあるグルテン感を感じさせる麺はかなり本格で、麺自体の存在感アピールはかなりのものでした。この麺は非常に美味しかった。



粘りはあれどそれをこの醤油だれのさらっとしたスープがさらさらと進む様に慣らし、あとは具材との調和。



ミンチの弾力、肉感もまた良かったし(標準装備ではないですけどね笑)、そこにねぎのシャキッとした食感と香り、最後に標準装備の天かす、このカリッとした食感と適度なオイル感、全体的に食感のバラエティが素晴らしくカリッとした軽さからもっちりした麺まで、しかもそれをさらっと頂けるつゆのまぜ麺、味わいも美味しかった、しかし食感の物語があるかの様なそれぞれの食感が活きた、味付けだけでない美味しさもかなり感じられた一品でした。



基本は冷麺の美味しさに、ごま油の香ばしさとコク、あとは食感のワクワクさせる様なバランス感は、いや、他ではなかなか味わえないだろう一品。この一平やさん、やはり行列が出来るのは想像に難しくないなあ、と思い、またリストにプラス(笑)、これはお店の味わいを頂きたいなあと思わせた一品でした。



以上!
第一食品工業さんの一品、やはり美味しかった。中国地方の隣の近畿圏の我が兵庫県でも全く流通していない一品がすぐそこに。深いなあと思った、そして今後も中国地方の味わいも要チェック、もちろん今後もしっかりご紹介させて頂きますのでね、今後もおたのしみに〜〜ですっ!




では!
本日はココまで。明日もよろしくお願いいたします〜〜〜!!



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : 麺・パスタなど
ジャンル : グルメ

tag : 広島 広島まぜ麺 一平や

file02378 西山製麺株式会社 極艶 黒醤油 2人前

皆様こんばんは、


先程帰って来ました、


あ〜〜〜たまらん〜〜〜!!


ただいま〜〜ものグラムです(笑)。



今回の遠征は18年一発目と二発目そのどちらとも全く違うものになりました。いやあ、めっちゃ疲れました、そしてなんとも思い通りに全く行かない、ながらもまあ絶対に押さえておきたいポイントは押さえられたかな、と、今回の遠征はまだ記事に出来てないのでなんとも言えないんですが(二発目はじまったばっかやしな笑)、結果75点位かな、と自己採点してみます(笑)。この25点の足りなかったもの、それは、


全てにおいて余裕全くなしっ!(えらそうにゆうな笑)



でした。(笑)



次回はその辺りも踏まえ、よりじっくり時間を頂いてから挑みたいと思います、てか、ちょ、今それどころちゃう、帰って来たばっかやがな、でした(笑)。



でもっ!!
本日もいつもの書き始め時間には間にあった!!チカラふり絞って!元気に笑顔に(いえでひとりやばいで笑)!いぐでっ!!!






はいよ〜〜!!!


今回もチルドメン、そして北海道、札幌と言えば!のメーカー、ご無沙汰ぶりの西山製麺さん!しかしながらこの一品、やっと順が回って来た、個人的に待ち遠しくてたまらなかった一品でもありました。それはパケをご覧下さると絶対におわかり頂けると思いますっ!!



では!!


コレや〜〜〜、パケ〜〜〜!!!



entry_img_2215.jpg



極艶

黒醤油



いかがでしょうか?
この極艶の文字から連想される麺を想うこの一瞬、そして黒醤油!最近はブラックな醤油はかなり浸透して来た感がある、しかしあの札幌の西山製麺さん、西山ラーメンからラインナップされるのはかなり楽しみ。札幌と言えば味噌を連想される方も多いでしょう、しかし今回は醤油。しかもこの極艶シリーズは家庭では、出しえなかったとびっきり美味しい専門店の味をより忠実に再現したこだわりのラーメンです。(サッポロ西山ラーメンオンラインショップより引用)とあり、このパッケージからもその本格的な味わいを想像させるのはそう困難な事では無い、いや、もうめちゃ美味しそうですよね、楽しみすぎました。



ではまず、本題に入る前に、以前すでにご紹介させて頂いたこのシリーズの味わいは↓コチラ


file02233 西山製麺株式会社 極艶 金味噌 2人前


そう、まずこの金味噌を頂いた時点でたまらなかったのは個人的(笑)。コチラもかなり本格な味わいでしたのでぜひ!併せてご覧頂けますとウレシいです。



まいりましょか〜〜〜〜!!



th_01800621IMG_2156.jpg



めん140gは生麺での重量、業務用麺重量とパケオモテには書かれていました。そうですね、札幌では140gはスタンダードな重量です。しかしチルド麺の一般的な重量は約100gがボーダーラインで、実はお店よりも少なめの設定になっているんです。それを味わいとともに量もしっかり!なのはさすが西山製麺さん、業務用も手がけているからこそです。この量も味わいの内、あ、大勝軒さんの山岸さんを思い出してしまった。それにしてもいい言葉です。



かいふう〜〜〜!!



th_01800621IMG_2157.jpg



この黄色い麺こそが!西山製麺さんらしい見た目、多加水麺のこの麺。これが極艶。そして黒醤油の液体にガラスープが別添、この仕様を見るだけでより本格的、ワクワクさせてしまう。あとはしっかり!作りましょう!



では!!



こく〜〜つや〜〜〜、くろ〜〜〜うま〜〜〜、ぃい〜〜んすた〜〜〜んと〜〜〜(真剣に向き合い速攻調理中)



おっしゃ!!おおっ!!でけました〜〜〜〜!!!



th_01800621180621001nishiyamakuro.jpg



おおっ!やはりブラック!
この黒は本当に富山を思わせるブラック。しかし最近の黒は色はしっかりながら香りとコクがある味わいが多く深い印象があります。その辺り、今回の黒醤油はいかに?です。



参りましょう!


す〜〜〜〜ぷっ!!



th_01800621IMG_2165.jpg



適度なオイル感と、しっかりした黒醤油。もう美味しそうにしか感じられません。しかしまだこの黒い醤油を頂いた事のない方からすると違和感を憶えるかもしれません。いや、しかし絶対に美味しいに決まってる!と個人的に断言(笑)。頂きますっ!ずずz。


嗚呼。
まず醤油の香ばしさを感じさせる醤油本来の香りを堪能出来る鼻を抜けていく香り。たまりません。



そしてこのオイルはコクが感じられ、札幌の味噌を連想すると決して多くない量。まったくしつこくなく、この醤油本来もカドをあまり感じさせないながらさらにマイルドにもさせる美味しさ。この量、バランス感がとてもよく、どんどんスープだけ行ってしまう美味しさ。あ、めちゃ減ってしまった(笑)。



ポークエキス、そしてガラスープのベースは特別感は全く無いながらしっかりした旨味。ジンジャーエキスが入っているのもポイントかな、表には感じられなかったんですけどね、このしっかりした味わい、香りなのにどんどん行ってしまう味わいの支えとしてしっかり機能しているでしょう。ここおウチ?と一瞬思わせながら、あ、目の前めちゃ散らかっとるな、間違いなくおウチやなとすぐ思ったのは自業自得です(笑)。もっとキレイにせなアカンな(笑)。。



め〜〜〜んっ!!!



th_01800621IMG_2171.jpg



この力強さ!をとても感じさせますよね。そして西山製麺さんの黄色、しっかりわかる仕上がりながらこの黒醤油が染み込んだ(しゅんだゆわへんのかい←染み込んだの意笑)このカンジ。たまりませんね。



うん!!
もうコレは↑の金味噌でも感じられた多加水のグルテン感満載のごにょっと力強い噛み応え。伸びる気配など全く無い、そして縮れある麺が力強く、しかし食べにくさは全く感じられない麺。ゆでに入っている際にこの麺は透けるというか、半透明というか、独特の色合いになるんですね。これこそが多加水のグルテン感満載の弾力というか、それを超えるごにょっ!、この麺の食感は本当に美味しいです。



しかもこの醤油とのバランスは、実はどんどん飲めてしまう味わいながらもちろん濃いめ。このスープに見合うバランス、力強さがちょうどよかった。小麦の香りもしっかり感じられた美味しさはやはりおウチ?あ、チラかっとった(もうそれええしつこいな笑)、でした(笑)。



コチラは2人前で485円(税抜)。税込で495円の一品。1人前約248円、コレを安いか、それとも高いか?はそれぞれでしょうけどね、この内容では決して高くはない!もちろん自分で具材等用意しないといけないのはあるんですけどね、カップでも300円ボーダーのクラスはたくさんあります。それを思うと絶対にお高くはない、そう思える美味しさでした。




では!
正直明日から大丈夫かな?ですけどね(笑)、なんとか本日もメニューこなせました!(笑)



さて、明日からバリバリ仕事モードに切り替えて(笑)、の前に、あ、そうやった!まだやらなあかんコトが!でした。今回の遠征も間違いなく記事化致しますのでね、お楽しみに〜ですが、一旦忘れて頂いても結構です(笑)、二発目も進めます!ココまででした〜〜〜。


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : チルド麺 ラーメン 札幌 西山ラーメン ブラックラーメン 醤油ラーメン

スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
サイト内検索
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
サイト内検索
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク