TOP > ARCHIVE - 2018年05月

file02341 まるか食品株式会社 ペヤング マヨネーズソース風 キムチ焼そば

皆様こんばんは、


本日は昨日の雨が嘘の様、昨日の傘の事など全く忘れていた、ウソこけものグラムです(笑)。


いやあ、でも今日は一転ちょっと暑め、昨日はなんやってん!とぶり返したワケで(笑)、でも今年は5月なのに過ごしやすい温度の時間が長い様な気がする、まあそれでも暑いや寒いや言うてますけど、なワタシです(笑)。


では、本日もしっかり!バリバリと、ですけどね、朝、写の編集を終了した時点で、アカン、ちょ、ちょっと休ませて〜とダウンしたので夜の部からとなります(笑)、早くリズム掴みたい(笑)、、いぐでっっ!!!






はいよ〜〜〜〜!!


今回はかなり久々、まるか食品さんからの一品!まるか食品というだけではいまいちピンと来ない方も多いかもしれませんね、まるか食品さんと言えばペヤング。ペア&ヤングでペヤング!(ご存知でしたでしょうか?笑)このペヤングシリーズは本当に結構ツッコんだ一品が多いのもウリのひとつと言っていいでしょうけどね、今回の味わいもネーミング、そしてパケからもかなり楽しみにさせてくれた一品です。



では!
こんなんでましたけど〜〜、パケ〜〜〜〜!!!



entry_img_2173.jpg



マヨネーズソース風

キムチ焼そば



この赤から黄色にかけてのグラデーション、そして龍のシルエットが印象的なこのパケ、売り場ではなかなかインパクトがあった一品ではないでしょうか?それにしてもこのペヤングやきそば、カップ焼そばのスペシャリストと言っていいまるか食品さん、今回もどんな味わい?と思わせるマヨネーズ風味、そしてキムチですよ。それぞれの味わいは今や超メジャーではあるながらに、この焼そばの味わいはどんなでしょ?と、ワクワクさせながらも仕上がりの味わいがわからないのがより楽しみにさせます(個人的見解です笑)。



コチラは16年4月18日発売、わ!わいと同じ誕生日やん(どうでもええ笑)、でした、価格は175円(税抜)となっています。



では!
このペヤングがどんなマヨネーズソース風、そしてキムチな味わいとなっているでしょう?楽しみに見て参りましょう!



th_1800005131805140002peyangkimuti.jpg


th_1800005131805140003peyangkimuti.jpg



めん90g、523kcalの2.8g、カロリーはしっかりあるのに、なんと3gを切ったこの塩分数値!にはビックリ。焼そば系では5〜6gがボーダーと言っていい数値、油そば系で7〜8gというのが多い所、3gを切るのは極めて低い数値。この数値でマヨネーズやキムチ、その味わいをカバー出来るのかと思ってしまうのがまずポイント。しっかり味わって物足りなさが無いかしっかり味わいたいと思います。



かいふう〜〜〜!!!



th_1800005131805140004peyangkimuti.jpg



今回はべりべり〜の湯切りシステムは安心安定なのでパス、(ただとりわすただけやろ笑)ぱす。。



あれっ!?マヨが無い!!(さっきのスルー笑)
ココがもうひとつのポイントとなるでしょう。マヨネーズソース風味とありながら実はマヨが無い。カップ焼そばでは今ではメジャーのあのマヨネーズですが、この一品はマヨネーズソース風味であってマヨが添付されているワケでは無いのが特徴でした。かやくとソースのみのシンプル仕様、かやくはこの段階でキムチ感がかなり感じられますけどね、いやあ、めちゃ楽しみになって来た!!



おっしゃ!!
つくりましょか〜〜〜!!!



ぺやんぐ〜〜〜、まよ〜〜で〜〜、きむちぃい〜〜〜〜ん、すた〜〜〜んと〜〜(なんかどっかで聞いた事ある様な、じゃ〜と調理中)



おおっ!!これはっ!!でけた〜〜!!!



th_180000513IMG_0948.jpg



おおっ!!
まオレンジ!(笑)。かなり温かい、いやもとい、この色合いが逆に超暑いかもしれないキムチ感。やはりペヤング、まるか食品さんのツッコみ具合の凄さを感じさせるビジュアルとなっています。いやあ、でもこれでこそペヤングや!と楽しみにさせる仕上がりでもありますね☆



では!
いただきますよ〜〜〜!!



あ〜〜〜〜ぷっ!!!



th_180000513IMG_0953.jpg



かやくは乾燥白菜キムチで、袋に入っている状態から一目でわかるものでした。やはりこの仕上がりもボリューミーでしっかりひとつひとつが大きいのがいいですね。一見肉っ気も感じさせる仕上がり。



りふと〜〜〜〜!!!



th_180000513IMG_0955.jpg



うん、もう本気でオレンジ(しつこいな笑)。この感じだと結構なパワーを感じさせそうですけどね、まだわかりません!いざっ!!ずずz。



おわっ!!
まず真っ先に来たのはびりびりの辛味。コレは結構な辛さで、辛さに苦手な方はまず無理と言っていいでしょうレベル。同ペヤングの激辛やきそばや激辛カレーやきそばまでは行かないものの、速攻型の辛さはなかなか。しかし、同時に感じられたキムチフレーバーは全くこの辛さに負ける事なく便乗?(笑)、しっかりキムチを感じさせたのはかなり良かったです。



ただそれだけだとかなり攻撃的なイメージを持たれてしまいそうですけどね、それが今回のポイントだった、マヨネーズソース風。マヨの香りがこの前面の辛味キムチの後から余韻として感じられ、それだけでは無く、そのカドのある強さを丸くしてくれているのがしっかり感じられました。実際のマヨが無いながら、このソースにすでにミックスされた計算済みのこの味わいはかなりニクい。そしてこの辛味と風味の強さが減塩に繋がったと言っていいでしょう、想像を遥かに超えたしっかりパンチある美味しさ。や、やはりまるか食品さんは商品開発はカーブながらに味わいは直球的(わけわからんがな笑)、そんなコトを今回も思わせた仕上がりでかなり満足、でした。




そして麺!ですけどね、
コチラはあのペヤングの歯切れの良い軽さがありながらももち感も兼ね備えたしなやかな麺。歯切れの良さがやはり素晴らしいライトさを感じさせ、どんどんいけてしまう、だからこそ超大盛の2食分2倍量の一品が存在するのも頷けるこの感覚です。



今回はこの辛味、そしてキムチの酸味もより進む味わいだったと思いました。さすがペヤング、まるか食品さんの姿勢を感じさせる一品でしたけどね、この姿勢はさらに着実に新しい味わいをこの商品以降も開発され実際に販売されています。



その商品ももちろん!しっかりご紹介させて頂きたいと思いますのでね、超お楽しみに〜です☆(超ついてしまった笑)



では今回はココまで。明日も宜しくお願いいたします〜〜〜☆



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : カップめん
ジャンル : グルメ

tag : インスタントラーメン カップラーメン カップ焼そば 焼そば キムチ マヨネーズ

関連記事

Column0115 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!いよいよラスト3軒目いぐで編 その30

皆様こんばんは、


本日出勤前に「こらやばいな」と思える程の大雨が降っており、傘を持っていざ出発、したものの、いざ1階に着き傘をさそうとした所、雨が止んでいた。


しかしその後一日中降り続く雨は昼過ぎまで豪雨、その後もしとしと降り続け、まあ帰りには絶対傘要るよなあと思いながら、仕事終わり帰路に就く。



そして最寄駅に着き傘を忘れずいざ!と思いきや、完全に雨が止んでいた、んもうっ!出番ないやん!ものグラムです(笑)。



というワケで、結局傘はずっと携帯したものの、ばさっ!と開くコト無く本日が終わろうとしています(笑)、そして無事、いつも通り全く触れずに置いてあるかの様に、そっと傘立てに戻した、か、傘よ、すまんのうと思うワタシでした(笑)。



まあ、結局雨に当たらずラッキーって言えやですけどね、い、いやいや、その気でいたのでなんや〜思ただけです(笑)、すません(笑)。。



では!
本日はバリバリ元気に!夜の部いぐでっ!!!






はいよ〜〜〜〜!!



と、今回はもうええかげんにしいや!の遠征ですが(笑)、わかってます、でもゴールさせますと続けます(笑)。



前回は3日目最終日、久留米の地に2日連続で来、1軒目になんとか無事到着。この予定が全く別物になる可能性もあった命取りな2分間ギリセーフを体験したものの(笑)、やはり最後はセーフにしてくれた導きを感じながら(笑)、丸久ラーメンさんが1軒目。そこから次へ、が実は超特急、なんと1分後に到着。なんて素晴らしいスケジュール、では無く、実は徒歩30歩圏内にあった直ぐとなり、そこが2軒目、南京千両 本家さんでした。


Column0114 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!3日目2軒目どこや編 その29



entry_img_2172.jpg



いやあ、でもとなりどうしで豚骨ラーメンの元祖と大龍ラーメンの系統の新店のこのスポットはかなりヤバいよなあ、と思いながら、新店から元祖の順番で、いよいよ!この南京千両さん、元祖豚骨ラーメン、写で見てたあのお店が目の前に!若干緊張(笑)、あ、今何時や?12:57。をっ!あと1時間しか猶予は無い!この遠征もいよいよ佳境や、き、気合いや!とインしました。


先日コチラの南京千両 本家さんについてはしっかりご紹介させて頂きました↓コチラ


shopmenfile034 南京千両 本家 ラーメン


この記事は今までで一番時間が掛かったのはオフレコ(おんなっとるがな笑)で、5時間掛かったんですけどね(かんぜんおんやがな笑)、もうそれだけコチラのお店は行けてよかったという想いが強かったお店でもあります。なにせ豚骨ラーメンの元祖ですからね。



では、しっかりショップメンさせて頂きましたけどね、もう一度!この余韻を味わいながら、別目線で味わいたいと思います。



まず店内!!



th_180000513IMG_3967.jpg


この空間は本当に唯一無二と言っていいでしょう、独特の雰囲気がありました。この木を基調とした温かさのある店内はとても居心地良く感じられ、店内BGMはなんといったらいいか、クラシック的な音楽がまた独特で、屋台ラーメンを思うと若干違和感があると言えばあるんだけど、この空間こそが南京千両さんなんやなあ、と、初めてにも関わらず納得してしまう説得力があるというか、それが自然に感じられてしまう異空間、と言ってもいいかもしれません。その存在感、オーラを感じさせた瞬間でした。



th_180000513IMG_3964.jpg



先客は1名で、テーブルで食されてたのを確認しながら、わいは絶対ココや!とカウンター(笑)。そのカウンターからは奥の厨房が見える作り。肝心の羽釜の豚骨はこのカウンター越しすぐで見るコトは出来なかったものの、湯気の勢いを感じさせるのが確認出来ました。いやあ、たまらんなあ。


と思ってると先客さんは勘定を済ませ外へ。この段階でワタシだけ、完全貸切状態になったのにビックリ。平日でお昼時を少し過ぎたからかな、と思いながら、この展開は初めてかもしれない。



そしてオーダーし、すぐに来た!着丼!おおおお!



th_180000513IMG_3968.jpg


コレが豚骨ラーメンの元祖か!!ともう感動。してる暇は実は無くて、実感が湧くのが追いついて来ない着丼(笑)。でもこの豚骨の仕上がりは見たコトが無い色合いにオイル感の無さ、この段階でかなり優しそうに感じたのが印象的でした。



th_180000513IMG_3972.jpg


この海苔を入れるのも元祖なのでしょう、今回の久留米ラーメン実食では何処でも普通に見られたこの海苔。コレは特徴ですね。


th_180000513IMG_3973.jpg


このルックスも他でまず見られないでしょう、脂を全く感じさせないこのスープ。



th_180000513IMG_3979.jpg



そしてこのウェーブ麺。全てにおいて初体験の味わいでした。この一期一会の出会いは本当にあっという間に過ぎて行きました。



この味わいは現代の進化系の豚骨を思うとかなりというか、おもいっきり素朴です。しかし昭和12年をわからずながらもどんな時代かと想像すると、この味わいこそが当時では全く考えられなかった味わいで、その時の最先端だったワケです。それが今もなお2代目と3代目に受け継がれ、地元で愛され今こうして頂ける。嗚呼、ここでしか頂けないオンリーワン。そしてその豚骨が広まり今では九州と言えばの豚骨になり、そこから全国各地で独自の進化を為して行き今がある豚骨ラーメン。深いわあ、と唸る、



時間も本当はなかったんですけどね(おもいっきりおとしたな笑)、じわじわ思わせる美味しさ、元祖の味わいは本当に素朴で優しく、でも豚骨の旨みの強さはラードに頼らない力強い味わい、それが南京千両さんの美味しさ、でした。いや、時間は全く無かったけど、記事書きにこれだけ時間が掛かったのは今までに無かった深さは本当でした。



ごっつぉさん!!



th_180000513IMG_3983.jpg



そこまで言うなら最後の一滴まで飲めや、ですけどね、すません。。わいもそう思う(笑)。。。




いや、でももう一軒が残ってるから、、、と、女将さんのチエ子さんにお声がけさせて頂きました。



「あの、神戸から来たんですけど、本当に優しい味わいで美味しかったです」


神戸ウソこけや!ともうひとりの自分が言うんですけどね(笑)、まあ、ちょっとウソやけど実際に来たのは新神戸駅からやがなうっさいわ!と、半分ウソやけど半分はホンマやがな、明石から来ましたって言って、明石?って言われたらちーんやろ?そんなんもあっての神戸やがな(笑)!わいの職場も神戸や!うっさい!と。(笑)



するとチエ子女将さんは、



「こげなとこまで!はあ〜〜っ!」


と、本当にビックリされながらも、



「久留米のラーメン食べに来たっとですか?久留米のラーメンはどこも美味しいですよ」


と、他のお店への愛情も感じさせる言葉が沁みました。今後もこの南京千両の味わい、絶やすこと無く提供し続けて下さい、ごちそうさまでした!と念を送り(いわんかい笑)、ただごちそうさまでした〜とお店を後にしました。



今何時や?



13:10。約15分の滞在。時間ってほんま限りあるよなあ、ってあと1時間しかないやんっ!!



と、ちょいアセる(笑)。



あとは今回の遠征ラスト!!!あと1軒!絶対行ぐでっ!!なんとか行けるやろ!進むのであった。




ではココまでっ!!!



.............................................................................................。。




はアカンやろ!そ、そやな、まったく進んでないな、いや、ちゃんと進むがな!といくワケで今回は続きます(笑)。




th_180000513IMG_3985.jpg



ラスト一軒は、地図上ではそこまで離れてないにも関わらず、この南京千両さんからはこんな地元民しか通らないかもしれない住宅地のこんな道路を進む、いや、これが旅らしいやんか〜、と思いながら、ホンマにたどり着くんか?とも思ふ(笑)。いや、でも間違いなくこの先にあるハズ、もうすぐそこに最後のお店が待ち構えている、はず。



そして10分程歩みを進めると。



th_180000513IMG_3989.jpg



おおっ!
この信号に交わる道や!!なんとか今回の締め、来れたも同然!!や、油断は禁物や(笑)、注意し進む。



th_180000513IMG_3990.jpg



おおっ!!



だ〜だんっ!やんか〜〜!!(もうだ〜だんに危機感は無い笑)



き、きた〜〜〜〜!!!!



th_180000513IMG_3994.jpg



今回も順調に到着!は13:21。しっかり下調べはしてました、遠征の今までに食らった、行ったら閉まってた、だ〜だんの緊張感は無かったものの、残り時間との勝負は結構だ〜だん。(映画ジョーズからだ〜だんです笑)



いよいよ!今回九州福岡遠征最後!の締めのお店に到着、実食に参るべく参上!あ”〜〜、やっと来た〜〜、でした(笑)。



では!
もうこの九州ももう!ですけどね(笑)、次回は今回の九州福岡遠征最後、ショップメンにて続きます。どんなお店でしょうか?お楽しみに〜です☆



今回の遠征の一連はコチラ


Column084 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発編 その1


Column085 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発編 その2


Column086 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発編 その3


Column087 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発車中編 その4


Column088 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 目的地到着編 その5


Column089 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その6


Column090 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その7


Column091 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その8


Column092 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!そしてやっと夜は終わる編 その9


Column093 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目開始編 その10


Column094 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目ついに目の前にアレが編 その11


Column096 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目いよいよ実食進め編 その12


Column098 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目いよいよ実食到着編 その13


Column099 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、次どこや編 その14


Column0100 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、次どこや編 その15


Column0101 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その16


Column0102 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その17


Column0103 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その18


Column0104 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その19


Column0105 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その20


Column0106 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!2日目Uターン、帰路編 その21


Column0107 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!2日目Uターン、帰路編 その22


Column0108 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!2日目ホテルで晩餐編 その23


Column0109 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!2日目まだ終わらんのか編 その24


Column0110 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!2日目やっと終了編 その25


Column0111 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!3日目最終日起床出発編 その26


Column0112 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!3日目最終移動編 その27


Column0113 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!3日目1軒目行けるか編 その28


Column0114 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!3日目2軒目どこや編 その29


Column0115 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!!いよいよラスト3件目いぐで編 その30


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 久留米ラーメン 豚骨ラーメン 福岡県 うまか

関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
響 (1)
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
サイト内検索
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
サイト内検索
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク