TOP > ARCHIVE - 2018年10月

Column0135 2018年7発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その1

皆様こんばんは、


本日は3週間ぶりの通常オフ、遠征は無いものの外に繰り出そうと朝少し遅めに出発、そして帰宅は13:40。そこから横になり気がつけば17:20。久々にまた〜りしてもた〜〜ものグラムです(笑)。


しかししっかり洗濯もしたし!(笑)最近全く無い荷受がノンストレスでええわあ、なワタシです(笑)。本日は実食2軒、意外と満腹ぷくぷくで苦しかったのが意外(笑)、それもあり横になる、あ〜これ絶対アカンやっちゃ〜、でした。



では!
体力回復させたトコロで(笑)、さて、先日の遠征もダイジェスト参りましょかと、先程写真の編集をしてた所、今回は内容的にもダイジェストと言いながらにやっぱり1回では無理ね、となり(笑)、数回に分けて綴りたいと思います。しかし今回ラストは本当に自分でもビックリしたのもあり、必ず記事にしたいというのもありダイジェスト。コレ、通常のだらだら遠征記事にすると20話は下らなそうなので(笑)、さらさらっと!参りたいと思います!



いぐでっ!!!






2017年6月の夏至、思い立ったが即行動、お店の味わいを頂かないと即席麺の良さ、側面が見えないんじゃないか?と、その時に与えられた連休を使い外での実食を始め今現在、約1年4ヶ月が過ぎようとしていた。


今年2018年に入り、スロースタートで2月より遠出、遠征がより本格化。しかし当初の予定では3回、出来れば4回程出来れば上等、そして近場の実食は昨年よりはしっかり行かせて頂きたい、そう思っていた。



それから8月に入り、その想いが加速、8月末に1発、そしてその4日後は9月、さらに1発。そして10月に入り臨時収入があり時間も急遽取れた、10月中旬に茨城東京横浜、そしてそこから5日通常業務をこなした翌週、10月24日、関東の余韻も味わえない中、今回は起床が4:30。起きられるかさすがに心配だったが、ケータイアラームを4つの時間帯でセット、しかし熟睡出来なかったのもあり、1つ目で無事起床、まずはココが第一関門、突破(笑)。でも今日行くのかぁ、実感あんまり無いなあ、が本音(笑)。



entry_img_2349.jpg



もう一度日時、2018年10月24日(このワード覚えて下さると後の展開がよりおわかり頂けます)。出発は5:10。そこから電車に乗り空港まで。移動の間にさらに体力回復を予定、おもいっきり眠い(笑)。



th_1800001031IMG_4510.jpg



神戸空港着、6:24。そこからお腹の具合が心配だったが大丈夫だった(笑)、フライトは7:20、まあ余裕、しかし油断をすると速攻時間が過ぎる空港独特の時間の流れ。フライトまでの時間に待つストレスをそんなに感じさせない。少しして手荷物、ボディチェックを済ませるは今回もう4回目かあ、慣れちゃった(笑)。は6:48。



th_1800001031IMG_4519.jpg



しかし2週連続は初、先週来たばかりのこの光景にわあ!と歓喜が上がる事は無く(笑)、でもしかし、このフライト直前のこの時間帯、飛び立つ瞬間は何度味わってもたまらない期待感が膨らむ。要はガキンチョものグラムである(笑)。先週に続いてまた乗れた〜やった〜!!と思っているのはココだけにしておこう(笑)。



なので、やはり。



th_1800001031IMG_4523.jpg



この飛び立った一瞬の重力が抜ける瞬間と、その後に高度が上がる数分、いや十数分はいくら眠くても眠れない(笑)。この雲も好きなんだあ(笑)。



th_1800001031IMG_4524.jpg



雲海も堪らない。しかしこの後は即眠りに就く(笑)。キットカットも欲しいが本当に欲しければ買えばいい、いや、そういうものでも無い、けど寝る(笑)。



しかし熟睡出来る訳は無く、途中機長より挨拶と現在の場所がアナウンスされる。イヤフォンをし音楽を聴いているが、それ越しに聞こえる声に反応、イヤフォンを外す。この機長アナウンスは毎回ある訳では無く、ある時はついつい聴いてしまうが、今回はかなり丁寧だった。右手にそろそろ見えるのは富士山。等教えてくれる。おお!と眠気吹っ飛ぶ(笑)。本当は寝たいんだけど(笑).....。



th_1800001031IMG_4527.jpg



飛行機からも確認出来る程の存在感はやはり凄い。肉眼ではもっとしっかり確認出来た。しかし寝たい(笑)。でもフライト時間は1時間と少し。もう即下降を始め着地スタイルに徐々になって行く。飛行機ってホンマすげえなあ、はココロの声(笑)。



到着。



th_1800001031IMG_4533.jpg



人生二度目の仙台空港。あっという間のフライト。予定より早い8:32。しかし出発からは3時間。さて、しっかり地に足を着け、ここからが遠征初の地、東北を北上なワケだ。ココからは寝られへんで!と自分に言い聞かせ、あいよ〜〜!となる(笑)。



th_1800001031IMG_4535.jpg



東北の玄関口、いよいよ到着。8:38。そこからはレンタカーを手配しており、移動、だが、まずはお腹の調子チェック(笑)。急に来てももうこの後はフレキシブルには行かない(笑)。そこで若干時間を使うと、レンタカーの送迎に待ちが出来ており少々待機。



到着。



th_1800001031IMG_4542.jpg



空港からすぐ、しかしこの手続きに順番待ちで自分の番が回って来、今回の相棒に出会うまでに30分を要した。本来の予想を少し押した形で出会う相棒はコチラ。



th_1800001031IMG_4544.jpg



実は今回遠征初の日産、足回りにフィーリングがトヨタとは若干違うので不安はあったものの、今回はNOTE、マーチでは無かった。しかも後々乗り込み音楽を聴きたいと見ると、Bluetooth対応だった、もうこの仕様はニクい奴め!超喜ぶ(笑)。早速セットし、今回宜しくね、たのんまっさ〜!と進む。


th_1800001031IMG_4546.jpg



最初ナビセットをしたつもりが出来ておらず、そのままナビゲートされていると錯覚しながら高速へ。しかし音声が全く無い、今回のナビはいつもと違うのか?と思っているとナビ開始直前で案内ボタンを押していない事が判明(笑)。急遽止まり設定し直し、すると分岐点選択が間違っていたらしく、一旦高速を出され400円ロス(笑)。再度乗り直しやっと順調に行ったのがコチラ。


そしてココからは真剣勝負、軌道に乗った東北自動車道は予測もしていなかった、流れの速さがなかなか。途中110km/h制限って、もう120km/hが普通の流れに驚きながらも(笑)、ココで思った以上に早く進む、いや、そうでもないか、約2時間経過後、知っている地名のパーキングエリアへ。とうとうココまで来てしまったか、いや、しかし到着では無いんだけど、がコチラ。



th_1800001031IMG_4548.jpg



花巻PA(パーキングエリア)。11:34。PAだけあってこうして写真を撮ったものの、中はトイレだった(笑)。ちょうど良かった(笑)。



そしてさらに進み目的地の地名、今度はSAだった。もちろんコチラには止まらないワケには行かない。



th_1800001031IMG_4550.jpg



もう木の葉が色づき始め、紅葉も見れるのか?と思いながら到着は11:48。殆ど進んで無いながら、もう最初の目的地にかなり近づいた。



th_1800001031IMG_4551.jpg



紫波SA(サービスエリア)。この中はトイレでは無い(笑)、お土産やイートインのあるサービスエリアらしい佇まい、東北で初のSA、テンション上がる、ながら今回も調達遠征する余裕は金銭面、持って帰る荷物許容範囲もあり複雑(笑)。でも楽しみに入る(笑)。



おおっ!!



th_1800001031IMG_4553.jpg



嫌が応にもテンションが上がる(笑)。本当に東北のお土産コーナー初めてなんだよなあ、わっ!もう関西からだと知らないものばっか!た、たまらん〜〜!!と、見入る(笑)。



th_1800001031IMG_4555.jpg



そして麺を見つける。この場所までのワクワクが堪らない(笑)。あっ!東北限定袋麺、やっと出会えた!は現地でという意味。実は我が家にはしっかり鎮座しているものの、その下の箱、コレは初見。なんと釣りキチ三平。コレ、よほど手をだそうかと、、い、いやアカン!今回はアカンのや!と抑制(笑)。



th_1800001031IMG_4556.jpg



しかし写真上部の箱では無い袋の釣りキチ三平、コチラはゲット。もう今回はこれ位にしとったろ、と、名残惜しい結果(笑)。




th_1800001031IMG_4562.jpg



うわっ!
元祖じゃじゃ麺!初めて見た!こ、コレは持って帰りたい!と思い一旦手にする。



しかし一瞬で思い出した、今財布の中1,000円ちょっとしかない、車に戻ってお金を取って来るか、いや、結構面倒臭い(笑)、いや、今回は断念するべきか?の葛藤の中、帰りに買おかな?などと思い断念。しかしその次の出会いは今回遠征では皆無だった、やはり本当に欲しけりゃそれが今、今回はご縁がなかったか、蹴ってしまったか、結局持って帰る事が実現出来なかった一品でもあった。



そしてココから目的地は直ぐ。高速道路では味わえない地に降りた光景。東北の地を感じさせる瞬間に萌える。(笑)



th_1800001031IMG_4564.jpg



ただ単にのどか、というより広大さを感じさせるのが我が住まいでは感じさせない空気感。堪らない。しかし今回の遠征スケジュールは時間に余裕が無く、観光地に来て観光なんて全く出来ないガチラーメン遠征(笑)。本当に勿体無いと周りからいつも言われるが、旅行では無い、ラーメン遠征、ラーメンの旅なのよ!と、その地の独自を感じたいのはもちろんあるながら、十分感じられたんちゃうん?まあそれでええねんって!と思う他無いのであった。(笑)



いよいよ思っていた場所に到着。12:13。自宅から7時間、距離にして約800km。仙台空港から200kmの道のりは、着時の喜びは半端ない(笑)。しかしココからが勝負!



実はこの遠征が決まったのが約10日前、茨城・東京・横浜遠征出発寸前で、他に候補がいくつもあり、手配をしてはキャンセルをする定まらない時間を何日も与えられた後。コレや!の決定打、実は本当に東北は我が住まいから遠くなかなか行けなかった、本当はもっと時間を取ってじっくり行きたかった、しかしそんな事を言っていると永遠に行けない、そう思ったのもあり最終決定。



しかしその後、実際にどのお店にするかについては、知らずもあり相当調べたながら全く定まらず、どこ行ったらいいんでしょうかね〜〜?と思いながらある日床に着く。



すると最近夢を全く見なかった中、ある鮮明な夢を見た。



ラーメンを食べに店を入ると白く明るい清潔感のある輝いた空間。そこでイスに座っている時に渡されたメニュー表を見るに、洋食メニューばかり。その中にラーメンもあった。え?なに?と思ってるとおまい誰や?な人がほれ!と差し出して来たのがなんとカツ。そのカツをサクッと一口頂いた、その時点で目が覚めた。



そこからコレかっ?
と検索から始めるも、そのイメージに合うようなお店は全く見つからない。しかし根気で調べ上げた結果、あ、コレかも知れない、と、今回もうコレで間違いない!と決めた到着。やっとこの時が来た。想いの世界と現実の世界、ココだったのか?いや、ココだったに違いない、そう思うとする!



は、コチラ。



th_1800001031IMG_4567.jpg



いよいよ到着。夢の世界は抽象的ながら、調べていたココに着いた、7時間の道のり。いやあ、やっと着いた〜、あ、そういえばめっちゃはら減っとった、、いざっ!!



行くとは決めていたが、いざ着くと、一旦息を整えゆっくりと。慎重に、しかし間違い無い夢からの導きには自信があり、入るのであった。




今回はこの辺りまでにしておきましょう(笑)。
ダイジェストと言いながらまあまあ時間もかかりました(笑)、見て下さる方にも長めかもしれませんが、以後続きます。今回この時点ではまだまだ!です(笑)、この後進み後半からはえっ!?の符号にビックリしました。


ではココまで。
明日も宜しくお願い致します!!



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 遠征 ラーメン旅 東北 岩手

    関連記事

    file02481 日清食品株式会社 日清焼そばU.F.O. わさびマヨ焼そば

    皆様こんばんは、


    本日先程、楽しみにベランダに出、空を見上げる、しかし何にも起こらなかった、流星かも〜ん!ん、来おへんやんか〜ものグラムです(笑)。


    そう、意識し欲するとしゅ〜と消え二度と現れないのが神秘の世界かな、期待してしまうとな〜んにも起こりませんでした(笑)、昨日一昨日と人生初の超大きい鮮明な流れ星を目の当たりにしたワタシ、やはり幻だったのだろうか?いや、確実に見たぞ、でした(笑)。



    では!
    本日、怒涛の10月連勤→遠征→連勤→遠征→連勤→明日のオフ前です(笑)。明日こそはぼ〜とするぞ!と思いきや、明日は、どこか行きます(笑)。やはりオフの過ごし方が大事だとつくづく感じたのが大きいかな、だら〜が1番アカン!と喝を入れ(笑)、明日も外に繰り出す予定、しかしまだ場所は定まっていません(笑)。元気いぐでっ!!!






    はいよ〜〜!!


    今回はオールドから、日清さんのU.F.O.シリーズのこの時は復活!の一品。いつでも頂けそうで実はなかなか頂けない味わいで、ワードはわさび。と言うともうあ、あれか!とおわかりになられた方もいらっしゃるかもしれません。



    早速ご覧頂きましょう〜〜パケ〜〜〜〜!!



    entry_img_2348_20181030232751013.jpg


    わさびマヨ



    そう!
    日清焼そばU.F.O.シリーズとしてのわさびマヨは実は1997年3月に出されそれが業界初の味わいでした。そしてその後は2011年、13年に出されたものの、それ以降は出されていなかった。逆に明星の一平ちゃんのわさびマヨは露出が大きくその刷り込みがあったのか、個人的にはいつでも頂ける感覚があったのも事実で(笑)、しかしU.F.O.で3年ぶりに復活したのが2016年、THANKU.4.0.THのU.F.O.シリーズ40周年の節目で実はたった4度目の発売でした。いや、今思うと本当に希少な味わいでした。


    発売日は2016年5月30日、価格は180円(税別)でした。


    では!
    その味わいを楽しみに見て参りましょう!続き!



    th_1800001030181030002ufowasabi_20181030232749816.jpg


    th_1800001030181030003ufowasabi_201810302327430e6.jpg


    めん100g、577kcalの食塩相当量5.3g、脂質25.2g。U.F.O.シリーズとしては突出したものは無い、いや、脂質だけは結構高めで、レギュラーで約20gです。このわさびマヨで数値が上がったか、25gはカップ麺でもなかなかの数値ではあります。でもそれがより楽しみに感じてしまうのがカップ麺ブロガーかな?(笑)しっかりした美味しさを期待してしまいます。



    まずシュリンクベリベリ!(実はパッケージ保存のためハサミチョキチョキと意外と繊細作業笑)



    th_1800001030181030004ufowasabi_20181030232745cbe.jpg



    おお!
    今回は40周年のキャンペーン、フライングスピーカーと日清焼そばU.F.O.クロックの応募について書かれているのでビッシリですね。A賞がフライングスピーカー、B賞がクロック、各2,000名の合計4,000名に当たる企画。もうそれが2年前!?とちょいと焦るのがワタシ(笑)。(実はこのA、B賞の一品、インスタメンノベルティ・コレクションにて紹介させて頂こうと思いながら2年経過にビックリ。ココだけのハナシ笑)A賞はU.F.O.対象商品(レギュラー、ビッグ、極太、プチ(※))のバーコード、A賞は6枚1口、B賞は2枚1口(※プチは2枚で1口分とみなす)で応募出来ました。もちろんこの湯切りフタ、コレももちろんパッケージとして今まで約2,500種、全て保存してあります(笑)。



    さらにべりっと!開封です!




    th_1800001030181030005ufowasabi_20181030232746471.jpg



    液体ソースにきざみのり、そして今回のわさびマヨ。わさびマヨがU.F.O.では本当に稀少な商品化だったとは、実は一番気づいてなかったのがワタシかもしれません(笑)。一平ちゃんのわさびマヨに刷り込まれいつでも頂ける感覚だった、そらアカンな、でした(笑)。



    では!
    味わいはレギュラーにわさマヨの構成、そしてきざみのりで仕上げです。しかしレギュラーのソース焼そばにこのわさマヨでどれだけ世界観が変わるか?本当に楽しみ。40年間に4回目の40周年。THANKU.4.0.、実に4が偶然?いや、日清さんはそれも計算されたかな?と勝手ながら思わせるんですが、たった4回目のこの味わい、作ります!



    通常通り3分で速攻完成!コレや!



    th_1800001030181030006ufowasabi_20181030232747ab3.jpg



    うん、きざみのりのなかなかの多さとこのマヨ。この仕上がりでもちろんわさびは全くわかりません。しかしツンと来るのがたまらなく、ファンからの要望で復活されたこの味わなんです、いざ!



    アップ!!



    th_1800001030IMG_8113_201810302327402da.jpg



    美味しそうですよね。本当に海苔の多さは素直に嬉しい、このわさびに合う風味を感じさせそうです、



    最後リフト!



    th_1800001030IMG_8129_20181030232742470.jpg



    ずずz。、



    うん、
    まずやはり酸味と甘みもある独自のU.F.O.の唯一の力強いテイストのソース焼そば。U.F.O.の関西シェアがトップのこの味わいはやはり関西人のワタシには馴染みある濃い濃いながらの独自の美味しさ。まあ全国区で発売なので皆様もご存知の味わいですが、やはり近畿圏以西では特に馴染みありより美味しく感じ頂かれる味わいでしょう。今回はそこからのわさびマヨになります。



    う、うん、ツーン、来たっ!
    結構しっかりと来ました。個人差はあるとは思うんですがしっかりわさびツーンを効かせながらソースの美味しさベースでU.F.O.のソース焼そばの味わいを壊すことなく持って来る美味しさ、絶妙。強すぎず弱すぎず、と個人的には感じたんですが、その感じ方はそれぞれでしょう。しかしソースにわさび、よくよく考えてみると通常ではなかなか一緒にならない、いや、料理として使用されないのでは無いでしょうか?しかしそれが見事になんの違和感も感じられない、それがよくよく考えてみると凄いなあ、やはり日清さんのアイデアに脱帽です。



    そして麺ですが、コレはU.F.O.シリーズのもっちりプリッとした活き活きしたトップクラスのフライ麺。もう文句なしの美味しさで説明不要の美味しさはこの一品でもバランス壊れず健在でした。



    ソースにわさびの相性の良さを感じさせるのは、カップ麺ファンやこの味わいを頂いた方には十分におわかり頂けると思いますが、カップ麺、即席麺に日頃ご縁の無い方にとっては目からウロコなミックスでは無いかなと思います。しかしソースにわさび、マヨのマイルドとの一体感、ごく自然に美味しく感じさせた美味しさ、意外と4品目の希少な一品でした。インスタントラーメン史を思うと刻まれたなあ、もっと普通に商品化されてもおかしく無いのになと。



    ではココまで。
    未だ明日の予定は決まってませんが(笑)、なんとか動きます〜(笑)!また明日もお願い致します!!



    blogramで人気ブログを分析


    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 日清 カップ焼そば

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク