TOP > ARCHIVE - 2018年10月

file02477 日清食品株式会社 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん(18年10月29日発売フライングゲット第70弾)

皆様こんばんは、


この一週間の天気の良さはかなり気持ちよく、このまま先週に続き最高の遠征に向かおうと思っていたら、ただいまかなりのしゃ〜というクルマの走る音が聞こえる、結構降ってね?ものグラムです(笑)。


あっれ〜〜、明日5時には出発なんだけどなあ、です。(笑)
でも予報では回復に向かうハズ、最近結構晴れおっさんに変わりつつあるので大丈夫かな、それにしてもしゃ〜しゃ〜音なかなかうっさいでと思うワタシでした(笑)。



んでは!
今現在で5時間半後起床とかなりハードル高しですが(笑)、今回はサラっとめに、元気いぐでっ!!






はいよ〜〜!!


今回は受け取りに難儀した、いや、転送費用が1,134円も掛かってしまった、いやしかし時間には変えられない、本日早朝に実食を完了させた日清さんからのフラゲ。(笑)まあけっこうギリゲではあるんですが(この流れは昨日冒頭をご参照下さい笑)、よっしゃ間に合った!的に参りたいと思います、いやあ、今年も頂けるんかあ、しかも初の味わい商品化、関東では今ではかなりの有名店、大山と言えば?


コレです〜〜〜パケ〜〜〜!!



entry_img_2341.jpg



AFURI

柚子醤油らーめん



そう!
あのAFURIさん、今回も日清の「日清 THE NOODLE TOKYO」シリーズの商品化となりました。実は今回第7弾となるんですが、もうこのヌードルトーキョーシリーズ、ほぼほぼAFURIさんが占めてます。



今まではお店の看板商品だった柚子塩らーめんを今まですでにご紹介させて頂いたんですが、毎度次元の違う味わいに驚かされたシリーズでもあります。現段階でご紹介させて頂きましたヌードルトーキョーシリーズは↓コチラ、ぜひ併せてご覧頂けますと今までの流れと味わいがおわかりになると思います。



file0396 日清食品株式会社 AFURI 限定鶏塩らーめん


file01572 日清食品株式会社 日清 THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ


file01927 日清食品株式会社 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん(17年6月12日発売フライングゲット第18弾)


file02284 日清食品株式会社 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん(16年)


file02289 日清食品株式会社 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん(18年3月19日発売フライングゲット第45弾)


file02368 日清食品株式会社 日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺(18年6月18日発売フライングゲット第55弾)



と、もうこの段階でAFURIさんオンパレードなのがご確認頂けると思います。しかしドゥエ イタリアンさんや、あとはMORIZUMIさんもこのシリーズにある(未紹介ですが必ず!です笑)、しかし圧倒的なのがこのAFURI=ヌードルトーキョー的になっている、それだけ好評で売り上げが凄かったのを物語っています。いや、でもこのAFURIさんの今までの商品化は毎回衝撃的で、やはり次元の違いを感じさせた、淡麗系の味わいをカップで表現、いや、商品化されたのは間違いないと思います。



それが今回はなんとお店の味わいのもうひとつ、柚子醤油がいよいよ商品化。個人的には堪らなく楽しみだった一品がいよいよ来週月曜日、2018年10月29日に発売となります。価格は205円(税別)。




では!
まだお店の味わいは体験していないんですが、柚子塩の美味しさは何度も衝撃的でした、いよいよその醤油!かなり楽しみ!頂きたいと思います!



続きましょう!



th_1800001023181023003afurishouyu.jpg



商品化を重ねるごとにこの写真のコラージュの枚数が増え今現在最大。もう一枚一枚見れない程ですが(笑)、カップとしてのデザインは今回もかなりオシャレで他のシリーズでは感じられないスタイリッシュな感覚でもあります。このパッケージでも盛り上がりますよね。あとは香味油がペっと貼られているのはいつものスタイル。



th_1800001023181023002afurishouyu.jpg




めん80gは実はタテビッグサイズ。それで205円の価格を思うと決してお高くは無いと言えるでしょう、しかし一般的消費者を思うと一見高く感じてしまうのも事実です、しかしのんのん!この味今までのヌードルトーキョーを思うと笑顔で手に入れる自信があります!(ってか時間的なものが最大なんだけどこの一品に掛かった価格は1,000円超え(くどいな笑))



いやいや、それ以上に楽しみだったですよ!(笑)
では中身っ!!あけました〜〜〜!!



th_1800001023181023005afurishouyu.jpg



今回も説明が書かれており、下には店舗リストですが、いよいよ来月にはなんと北海道!北海道トマム飯能店がオープンされるんですね、北海道の方にとっては待望のラーメンファンも多いのではないか、そしてカップ麺で今までの美味しさを感じられた方で楽しみにされている方もいらっしゃるでしょう。いや、中村ブラザーズ、ご兄弟は本当に凄い(↑リンクに詳しく書かせて頂いています、ぜひそちらも)



今度こそ中身!コレです〜〜!!



th_1800001023IMG_4457.jpg



ん、結構かやく量としては少なめ、ってコレが普通だったっけ?と思わず思ってしまったんですが(笑)、炙りチャーシューに進化を遂げたのがこの具材。そしてねぎ、メンマと入っています。しかしこの一品もでしょう、具材に全く頼る事ないスープ、そして麺の美味しさが勝負所。ヌードルトーキョーの最新、淡麗な美味しさはいかに?




お湯入れ4分、多少ゆっくりと完成させ出来上がり。うっわやっぱり。



コチラっ!!!




th_1800001023181023004afurishouyu.jpg



もう見た目は完全なる淡麗系の仕上がり。カップ麺でココまでの上品な仕上がりはなかなか他に無いでしょう、盛り付けもあまり無理する事なく(笑)、シンプルながらに存在感ありありはやはり。日清さんの注力を感じさせます。



では!
頂くしか無い!す〜〜〜ぷっ!!



th_1800001023IMG_4481.jpg



やはり柚子塩よりも色合いしっかりながら、醤油を押した感も無い旨味を最大限に出されるAFURIさんを思わせる仕上がり。いや、醤油はかなり個人的に楽しみだったのが商品化されるとは、たまらない思いでした。ずずz。



うん!
柚子塩の時と同じく、柚子風味が表立って感じられる美味しさは今回も久しぶり!元気だった?的に感じられる個性で(わかりにくいな笑)、魚介の出汁感の素晴らしさと柚子が全く負けていない一体となった香り旨味がダイレクト。コレは塩の時も感じられた特徴、ポイントでコレこそが個性で他ではなかなか出せないだろうなと思う美味しさでした。



しかし今回の醤油はかなりまろやかで、鶏油のコクと共に包み込む様な美味しさ。まとまりが凄く、塩の時ほどインパクトが感じられなかったのは正直な所でした。



いや、AFURIさんの塩は究極の旨味あってこそタレは塩の美味しさなんですが、それが醤油となると、より丸い味わいになり、文字で見ると解りにくいかもしれませんが実に親しみやすい美味しさ。でもやはりカドの取れた、と言うか優しくまろやか、オイル感もそれなりにあるバランスの妙。万人にごく普通に美味しいと思わせながらの深みを感じさせました。




め〜〜〜〜んっ!!



th_1800001023IMG_4490.jpg



このヌードルトーキョー麺は本当にしなやかなストレートですがご覧の通りです。見た目からもすぐにわかるでしょうこの全粒粉入りの麺はコストもかかっているでしょう、この見た目の段階でかなりヤバいです。




やはり。この麺はタテ型カップ、どんぶり型をとっても他では全く無い麺。しなやかなのにしっかり最初に来る歯切れの良さがあり、もち感、弾力よりも耐久性優れたするする入って速攻完食系、どんどん進むのが特徴。この麺はフライ麺ながら、それを本気で忘れさせる食感のすべすべ艶やかさは現時点カップで他では皆無の美味しさで別次元です。もう言い切ってしまいましたが、いやコレ本気です。



トータルとして、あとは好みなんですが、この醤油、塩はもともと旨味勝負ですが、それ以上の深さを感じさせた、通常の醤油として捉えられなかった美味しさ、今までに感じた事のない美味しさがあり、しかし自然に感じられ一瞬で完食してしまった美味しさでした。柚子塩をよりマイルドに、そんな感覚で、深さ増した感覚を思いました。



ではココまで。



いよいよですが、気になられた方は是非!ご自身の味覚で堪能して頂ければと思います。



やっばこんな時間(笑)、明日こそ18年締めひとつ前、起こして〜〜!!(笑)



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 日清 AFURI

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク