TOP > ヤマダイ > title - file01893 ヤマダイ株式会社 手緒里庵 鴨汁そば(15年)

file01893 ヤマダイ株式会社 手緒里庵 鴨汁そば(15年)

皆様こんばんは、


本日朝二度寝で、完全に意識を失ってしまい、気がつけばいつもの20分後にんばっ!と起きた、もうあかんな〜と諦めた、ねむねむものグラムでした(笑)。


最近職場でもWEB関係の仕事が増えてね、ずっとぱちゃぱちゃしてるのでね、若干やられてます(笑)。しかもね、仕事は堅い文面でしょ(一応書けますよ笑)、それを打ってるとなんとなく肩がガチガチになってね(笑)、首が固まってね、頭痛がきたりするワケですよ(笑)。気付なな!と、今後も少しWEB関係が増えるので体調管理には気を付けたいと思いますm(_ _)m。


では!!
夜の部はしっかり!いぐでっ!!









はいよ〜〜〜〜!!!


今回はですね、あら!全開に引き続きましてヤマダイさんっ!!これも意図的では無いんですけどね、今回は手緒里庵シリーズ!お蕎麦ですよっ☆こんな一品がございました〜〜パケ〜〜〜〜!!


entry_img_1599.jpg


鴨汁そば


これはなかなか!楽しいな味わいですよねっ!
鴨だしの旨みと、そしてこの手緒里庵シリーズのノンフライお蕎麦、しかもそば粉を四割使用という、これは楽しみすぎな一品です☆


ちなみにコチラは実は16年に入ってから入手なんですけどね、16年の11月にリニューアルされましたのでね、その前の15年クレジットにしてます。


そして今回のポイント!


独自の技術で生み出した、生そば風食感のノンフライ蕎麦

そして!

鴨エキスと本醸造濃口醤油を使用したつゆ

もいっちょ!

仕上げの”別添鴨風味油”が食欲をそそる!


というメーカーからの注力されたポイントですが、この手緒里庵は素晴らしい蕎麦感を感じさせてくれるシリーズです☆


そしてね、今回はまだあってね、なんと!!


やげん堀 七味がらし使用!!


なんです!
このやげん堀とは、もともと薬研堀と言って、今の日本橋一丁目が昔は日本橋薬研堀町と言って、その隅田川の下流、この堀が薬を潰す道具に似ていた事からそう呼ばれる様になったそうです。現在ではこのやげん堀さんは浅草にあり、浅草の七味唐辛子と言えば!このやげん堀さんの七味唐がらしなんですね☆


そんな本格のやげん堀さんの、しかも!特別調合と書かれてます!この本格感、こだわりはハンパなさを感じますよねっ☆


では!!
実際にどんな仕上がりになるか!見ていきましょっ!!


th_1705IMG_7794.jpg

th_1705IMG_7795.jpg


今回はめん60g、311kcalの7.4g!ををっ!なんとローカロリーでヘルシーな!と思いきや塩分はかなり高めです。。でもね、この本格な味わいのつゆ、鴨だしはかなり期待出来そうな数値でもありますっ!!(力強いな笑)


では!!
かいふう〜〜〜!!!


th_1705IMG_7797.jpg


このお蕎麦ですよ!綺麗なノンフライ☆この色合いといい、そば粉を四割も使用されたこの乾燥して軽いけどどど〜んとしたカンジ!(笑)、そば粉を四割も使うとぼそぼそになりそうなんですが、それをこの独自のノンフライ技術、どんな食感と美味しさを頂けるでしょう?楽しみですよねっ!


そしてかやく、後入れ液体、やげん掘さんの七味唐がらし!楽しみすぎます!純日本なお蕎麦の美味しさ、つくりますよ〜〜!!


こだ〜〜わり〜〜めん〜どころ〜〜、てお〜〜〜りぃい〜〜んすた〜〜〜んと〜〜(ワクワク5分じっくり待ち調理中)


お、おお〜〜〜!!でけました〜〜〜〜!!


th_1705IMG_7801.jpg


この仕上がり!すごいですねっ!
お蕎麦の感じもとても本格的、そしてこの濃い色合いの鴨だしのつゆ!でもクリアな感じと、この鶏つみれとねぎ、かまぼことやげん堀さんの七味!いやあ、もうビジュアルからやられてしまいました(はよ食えや笑)


うっさい!わい!(笑)
ですが、でもそれもそうやなと(笑)、いただきます〜〜〜!!


鴨だしつゆ〜〜〜!!!


th_1705IMG_7803.jpg


この濃いめの色合いはまさしく東のお蕎麦、そんな色合いで個人的には大好きなんですが、さて!!


ずずz。


うわっ!
鴨のコク香ばしさが感じられる、醤油のしっかりした本醸造濃口醤油のコクもしっかりの、でもみりんの甘味もしっかり感じられるオイル感の低い、でも半端ない旨みが感じられるつゆ。もうコレはカップ麺の次元か?と思わせる本格派で、ノンフライ蕎麦だからこそのつゆのクリアな美味しさ、本当のお蕎麦のつゆを感じさせる素晴らしさです。唸ってしまいますねう〜む〜(わざとらしいで笑)。。


そしてしっかりこの味わいは本格派の東の味わいで、余分なオイル感の無い、本来のつゆの味わいを感じられる凄さが確実に感じられました。


では!!
お蕎麦〜〜〜!!!


th_1705IMG_7810.jpg


この綺麗なお蕎麦!
この色合いも本格的なお蕎麦を感じられます、そば粉四割ですが、このリフトでも全く切れるコト無いしなやかさです。


..............。


何も言葉が出ない唸りとはコレで(笑)、なんも言えねえ。でした。


まずね、そばのぼそぼそ感が無くてね、もっちりしてるんですけど、適度なぼそ感こそが蕎麦感を感じさせるアプローチと、そば粉をしっかり使ってぼそっとなりそうなトコロをこの技術でもっちり仕上げてくるアプローチは、似て非なるもの、この本格感あるもっちりはビックリ!です。


でも歯切れもしっかりしてるんですね。このノンフライは全くノンフライ臭さを感じさせないお蕎麦で、個人的にはヤマダイさんのシリーズでは一番凄さを個人的には感じます。深い。


そして自然な甘味も感じられました、これは素晴らしいお蕎麦です。


そしてつみれのほぐれ具合も素晴らしいですしね、このやげん堀さんの七味!これは正直量は少ないんですが、七味本来の香りがしっかり感じられた、辛味はピリッと、昔ながらに今もなおの日本のお蕎麦の美味しさ、本格感をしっかり後押しした奥深さでした。


いやあ、コレは正直ヤバいです。お蕎麦が無性に食べたくなった時に超オススメ!なんですが、実はなかなかどこでも売られてないのが難点です(あら)。。


では今回はココまでなんですが、この手緒里庵シリーズは本当に本格的なカップ麺の常識を超えた味わいを堪能出来ると思いますのでね、食べてみたい!と思われた方はぜひ!ご賞味くださいです☆


では本日はココまでです〜〜☆


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : カップめん
ジャンル : グルメ

tag : インスタントラーメン カップラーメン ヤマダイ 手緒里庵 そば

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
お知らせ、関連記事
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク