TOP > 五木食品  > title - file01930 五木食品株式会社 鍋焼ごぼう天うどん

file01930 五木食品株式会社 鍋焼ごぼう天うどん

皆様こんばんは、


本日仕事終わり1時間前に、スマホに列車運行状況の通知が来たので見てみると、完全に運行ストップしているコトに気づき、


ちょっと電車止まっとるみたいやんか!


とスタッフに言うと、


そうですよ、爆破予告がありましたからね。


と。


ん?爆破予告?
と慌ててニュースとTwitterを見てみるとエライコッチャ!と気づき(笑)、帰られへんがな!!


と思ったけど、それやったら一杯飲みにいこ〜と、一人立ち飲みをして帰って来た、意外とその方がスムーズだった判断オッケーものグラムです(笑)☆


でね、最初振替の電車の駅に見に行ったんだけどね、もう人が多すぎて最初の電車に乗れなかったしね、もうすし詰め具合がハンパ無くて、これ恐らく乗っとう最中に本来の電車動き出すんじゃね?と思い駅を出てね、立ち飲みに行って心の中でカンパ〜いっ!と一口飲んだ時にね、またスマホに通知が来て動き出したと(笑)、ほれやっぱり!


とね、その後40分程飲んでね、いつもの1時間遅れで帰って来たんですけどね、振替で帰ってもその最寄駅から歩きで30分かかる事を思うとね、逆にこっちのが早く帰れたんちゃうか?と、もみくちゃと歩きを回避したのは正解だったと思われました(笑)☆しかも生3杯とチキンカツとポテトで(ジャンキーやな笑)1200円!!やっす〜〜!でしょ☆(笑)



では!!
意外とバッチリ!元気ですのでね、夜の部もいぐでっ!!









はいよ〜〜〜〜!!


今回はですね、まだちょっと朝晩涼しかったり肌寒かったりしますよね、なのでギリセーフとしておきましょう(笑)、五木食品さんからの鍋焼!(ズレズレやがな笑)行ってみましょか〜!九州の博多と言えば!の味わいですよ〜!


コレや〜〜〜パケ〜〜〜!!


entry_img_1636.jpg


ごぼう天うどん


ごぼう天と言われて全国的にはおでんに使われる練り物?と思われる方も多いと思うんですけどね、九州の博多ではごぼう天うどん、ごぼ天うどんとも言われます、ごぼうの笹がきを天ぷらにしたそのままのネーミングのうどんがあるんですね☆


それがこの五木食品さんは九州熊本ですけどね、こうして鍋焼として商品化されてるんです☆


でも馴染みの無い方でもコレは美味しそうでしょ☆あのごぼうの香り、カラッと揚がった天ぷらになってうどんのおつゆと一緒になってつるっとうどん、いやあコレはホントに美味しそうですね☆


ちなみにですが、メーカーも違うしカップなんですけどね、ごぼう天と言えば!な一品が↓コチラなんです(合わせてご覧頂けますとウレシいです☆)


file01021 東洋水産株式会社 マルちゃんバリうまごぼ天うどん(九州地区限定)


そう、マルちゃんの和風シリーズの九州限定バリうまで商品化されてますね☆これはぜひご覧頂きたい味わいなんですけどね、今回は五木食品さん、そして鍋焼!ですからね、アツアツ!うまうまが楽しみです☆


では!見ていきましょか〜〜!!


th_1706IMG_8758.jpg


この鍋焼の調理ポイントは意外と出来てない方も多いかもしれません、なのでまず最初はね、この説明書きにも書かれてるんですけどね、先にお湯を別で沸かしてから熱湯をこの器に入れる!コレなかなか出来てないと思います。まあ水からでも行けるんですけどね、この鍋焼のアルミの器はそこまで強力では無いので容器破損の原因となるんですね。コレはポイントです。


では!
かいふう〜〜〜!!


th_1706IMG_8759.jpg


ゆで生のうどんとかやく、粉末構成。簡単な構成でまさにインスタント!でもアツアツで頂けるのは鍋焼の最大の強みで美味しさですねっ☆後はごぼう天がどんな仕上がりか、味わいは?とても楽しみですっ☆



あと、実際作る前にもう一つポイントがあります!コレは最大のポイントなんですけどね、毎度言ってしまいますが、


箸でちょいちょいしない!


コレが鍋焼の最大のポイント(笑)!作り方3番の※に、めんは無理にほぐさず、そのまま煮込んで下さい。とあります。でもこの説明書きだと大体の方はスルーしてしまう感はあります(笑)、なので当ブログではこの最大のポイントをワーニング的に書かせていただきました(ちなみに五木食品さんグループの高森興産さんに公認で素晴らしいと、説明書きに書きたいとおっしゃって頂きました笑)。


それはなぜかと言うとね、ゆで生うどんは煮込んで初めてもち感が出てくるんですけどその前は結構硬い状態で、その段階で触ってしまうとボロボロに切れてしまうんですね。気持ちはわかる!ほぐしたい!ちょいちょいしたい!昔はわいも何度もした!切れぎれやった!(やかまし笑)とね、経験とこの後から見た説明書き、実際に幾度となく失敗してるのはワタシです(笑)。。。


では!!
それを踏まえて!つくりまっせ〜〜〜〜!!


ごぼうてん〜〜〜うま〜〜〜、こうば〜〜〜しぃい〜〜んすた〜〜んと〜〜(ワクワクじっと仁王立ち調理中)


おっしゃ!!
でけました〜〜〜〜!!


th_1706IMG_8761.jpg


おお〜!ごぼ天〜!ちっちゃいな、ですけどね(笑)、鍋焼でスーパーでは実売ワンコイン強でしょうか、ワタシの住まいではほぼワンコイン、ゆで生のこの鍋焼容器もあって、でも逆に考えるとこれだけしっかりごぼう天はなかなかかな?では無いでしょうか?


そしてちょいちょいしないとしっかり!もちもちな感じが見て取れるうどんの仕上がりになりました☆


では!
いただきますよ〜〜〜!!


つゆ〜〜〜〜!!!


th_1706IMG_8762.jpg


決して大きくも無いし量も多くはないですけどね、笹がきのごぼうが天ぷらになってる、これはごぼう天うどん感しっかり!ですよね☆つゆの色合いも西の濃くない色合いがらしくてね、おおよそ予想が出来そうな味わいですけどしっかり!いただきます!ずずz。


お!
結構しっかり甘味ある味わいは意外でした。でもさっぱり感はやはりで、かやくに少量ながらわかめが入ってるんですけどね、そのわかめの速攻だしが聞いた塩気も実は強かった味わいではありました。


でも昆布が前面に出てる味わいはやはり西日本の味わいで、東の方には新鮮か、もしくは違和感を覚えるかもしれません。


そしてそこから!
このごぼう天の本領発揮!
量はは決して多くはないながらにごぼう天からじわじわ出てきただしがしっかり香ばしさとなって溶け込んでるんですね。最初は感じられなかったのがじわじわだしとて出て来た、これこそが今回の一品の一番のポイントで、しっかりごぼうを感じられたのはホントに良かったし美味しかったです。


ではうど〜〜〜〜んっ!!


th_1706IMG_8765.jpg


なかなかしっかり艶っぽい生うどんが出来ました☆


実際は説明書きの1分の煮込みでは足らず、さらに1分は煮込んでます。これに関してはデフォにとらわれる事無く感覚で作って頂くと良いとは思うんですけどね、要はほ1分ではまだほぐれない!だったのが理由ではあります(笑)!なのでやはり目視で作って頂くと良いと思います(笑)☆


うん!
もっちりがすごく感じられる生うどん感は素晴らしいですね☆


ゆで生なのでしっかりもちとコシ、そしてつるっとした滑らかさがとても活きたうどん、切れずに完成するとしっかり長いうどんが堪能出来ました。この滑らかさは素晴らしかったです。


そして写ではわかりにくいアツアツ具合は鍋焼がやはり一番で、この熱さ、これが美味しさの一つの要素なのは言うまでも無くてね、カップや袋、チルドにも負けない美味しさがココにあり、でした☆


なので意外と鍋焼はインスタントながらこのコツが要る意外と簡単では無いのかもしれません。ね。、


今後もまだまだこの鍋焼メン、ありますので当ブログではバリバリ!ご紹介させて頂きたいと思います!お楽しみに〜〜です☆


また明日もしっかり!活きますのでヨロシクお願い致します〜〜〜☆


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : 鍋焼うどん ごぼう天うどん ごぼ天うどん

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
お知らせ、関連記事
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク