TOP > 日清食品チルド > title - file01955 日清食品チルド株式会社  ひるぜん風焼そば 2人前

file01955 日清食品チルド株式会社  ひるぜん風焼そば 2人前

皆様こんばんは、


本日はしっかり行動し、先程帰って来た、結構へろへろものグラムです(笑)。


先日から行動する、とばかり言ってましたが、そのうちの一つを明かしますと、実は本日、日帰りでプチ遠征に言って参りました。でもプチと言いながら今までで一番キツかったかもしれない(笑)。。


でもおかげさまで無事帰って来れましたしね(笑)、なんとかまだこうして文章を書けるので大丈夫です☆(超眠いんちゃうんか笑)


というワケでこの2日間の行動は後日しっかり!ぼちぼち参りたいと思いますのでね、よろしくお願い致しますm(_ _)m


では!
本日も夜の部から!!いぐでっ!!!









はいよ〜〜〜!!


今回はですね、日清チルドさん!なんですけどね、今回も地域限定での販売、そしてそもそも地域限定にするというコトは全国的にまだまだ知られてない味わいというコトでもあります。でも個人的にはコレはかなり楽しみな一品でね、我が地域も販売地域ではなかったんですけどね、なんとか手に入れるコトができましたっ☆


では!
どんな味わいでしょう?それは焼そばや〜〜!!パケ〜〜〜〜!!


entry_img_1661.jpg


ひるぜん焼そば


そう!
蒜山と言えば岡山県、我が兵庫のお隣なんですけどね、岡山県真庭市にある蒜山高原なんですが、ここは本当に高原なので気持ちのいい所です、ワタシも今まで何度か行きました☆(おまいのことはど〜でもええで笑)


そしてその蒜山で昔から食されてたのかこのひるぜん焼そばなんですけどね、実はもともと昭和30年代にジンギスカンがこの地でブームになったそうで、当時ジンギスカンのタレで鶏を焼いて頂いてたそう。それがお酒のアテ(酒の肴のコト)に〆にそばを入れて焼いて頂いてたそうで、この地域の家庭でもお家でこの味わいで頂かれてたそうです。そのタレは味噌だれだそうです。


そしてね、当時はこの焼そばに名前なんてあるはずも無くこの蒜山地方では焼そばとして普通に食されてたそうなんですけどね、この名称は最近のこと、2008年にひるぜん焼そば好いとん会という会が「ひるぜん焼そば」と命名され、のちに商標登等速されました(録登録第5411983号)。


でね、話戻してこのひるぜん焼そば好いとん会なんですけどね、2008年12月10日、地元蒜山でひるぜん焼そばを提供していた店舗が集まって結成されて、以後は各種イベントに参加して、PR活動を行っているそうです。


なるほど!ですよねっ☆


ワタシの住まい隣の兵庫県ではね、名前こそ知ってるものの実際どんな味わいか、それと実際に味わったコトがあるかでいうと結構少数かもしれませんね。なのでまだまだ全国区ではもちろんご存知無い方も多いと思います。


あ、そうそう、この一品はね、日清チルドさんからの、販売地域は中国、四国、九州と、完全岡山以西でね、ワタシ兵庫県は隣ながら近畿地区と中国地方とのボーダーを感じる一品でもありました(笑)。。


今回2人前で315円(税抜)、でも手に入れられてよかったなあ、とコチラは実は岡山遠征で手に入れたものでは無く、家からゲンチャリダーで10分圏内のスーパーで出会った、それ以前以降全く見かけることの無かった希少なご縁を思ってます(笑)。


そして!話は少し横ですけどね、↓コチラ!同シリーズ、B-1グランプリ焼そばシリーズと言ってもいいかな、コチラは先にご紹介させて頂きました☆


file01926 日清食品チルド株式会社 日田風やきそば 2人前


実はシリーズというかこの焼そばは日田風やきそばに今回は岡山のひるぜん風焼そばと来ました。でもどちらもなかなか全国的には希少、レアですしね、メーカーHPでもしっかり商品情報はありながらも普通なかなか見れない感じ。(笑)



ま!
それはさておいてっ!!


あとね、このひるぜん焼そばはB-1グランプリでは2010年9月18〜19日、神奈川県の厚木市で開かれた第5回B-1グランプリでこの好いとん会は初出場でなんと2位!シルバーグランプリ受賞!46団体が参加ですよ。


そして翌年2011年の11月12〜13日のB-1グランプリは我が兵庫県、姫路市で開催だったんですけどね、そこでなんと!好いとん会は1位!ゴールドグランプリ受賞だったんです☆しかも同グランプリでシルバー、2位はなんと!同じく岡山県の津山ホルモンうどん研究会!このワンツーフィニッシュイン姫路、アット岡山、スゴい勢いでした☆


あ!
あと、もう一つだけお伝えさせて頂きたいのを忘れかけてました(笑)!!


このパケにあるトーテムポールみたいなの、見えますよね?


コチラはスイトンと書かれてます。そう、またちょっとだけご説明(うんざり笑)!



このスイトンとはね、妖怪なんだそうです。昔から蒜山にはスイトン(粋呑)という妖怪が住んでたとされててね、この妖怪がこのパケにあるトーテムポールの様な出で立ちで、実際に蒜山高原に行くとどんっとあるんですね(置物としてね笑)☆


このスイトンは人間の考えや思いがみんなわかるんだそうで、もし悪いことを企んだり、他人に迷惑をかけたりした者がいれば、


そこからとも無く


スィ〜〜


と現れ、


トンと一本足でたったこいつにたちまち引き裂かれ、食われてしまうという。そうで、だから岡山には悪人がいない、と、


めっちゃええやつやん!(笑)と思うんですけどね、ワタシも知らず知らずに迷惑を多々かけてる身なのでもう裂かれまくりやな、とも思います(笑)。。。。


そのスイトンからの好いとんなんですね!!というのが最後にお伝えしたかったポイントです(笑)、ながなってすみません!



では!!
つづきや〜〜〜!!


th_1706IMG_9492.jpg


もうこのパケウラにひるぜん焼そばとは?と書かれてますね(笑)。でも鶏と味噌味の甘辛、コレは焼そばでは他ではなかなか味わえないでしょう。ちなみにひるぜん焼そばは商標なのでね、今回の一品もひるぜん風焼そばとされてるのはもうお分かりですよね☆


あ、あとね、最後!あさぜんとよるぜんも派生として出されて来てるんですよ!!(今回もうええやろ笑)


かいふう〜〜〜〜!!!


th_1706IMG_9561.jpg


おお!
しっかりしたこのソースの袋!面もなかなかしっかりしてそうですっ!そして後は山椒!ああそうなんか!味噌味にピリリと、コレは美味しそうですよねっ☆



では!
やっと!(笑)
つくりますよ〜〜〜〜!!


ひる〜〜〜ぜん〜〜〜〜きもち〜〜〜、よくて〜〜〜うま〜〜ぃい〜〜〜んすた〜〜〜んと〜〜(ワクワクじゃじゃ〜と調理中)


おっしゃ〜〜!で、でけました〜〜!!


th_1706IMG_9564.jpg


もちろん兵器使用(笑)。
いや、この山椒が味噌と合いそう!なんですけどね、立派な焼そばルックスはたまらないですねっ☆


では!
長くなりました、頂かないと!で、


あ〜〜〜ぷっ!


th_1706IMG_9571.jpg


見た目としては普通に焼そばぽいですけどね、山椒がしっかり見てわかりますよね。想像が膨らむ感じ☆


め〜〜〜〜んっ!!


th_1706IMG_9573.jpg


このなかなかの太麺もおいしそうっ!!


ずずZ。


おうっ!!
まずね、味噌の香ばしさ、特にこの鉄板仕様なのでよりだとは思うんですけどね、芳しい香りが素晴らしい。そして甘辛の甘味はとてもしっかり!味噌焼きの美味しさをとても感じながらね、甘味と味噌の香りのコンビが素晴らしくしっかり濃い美味しさ。ご、ご飯欲しいと思ったのは関西のワタシです(笑)☆



でもそれだけではないのがこの山椒。このピリリとシビ感が引き締め効果で上品になるのが素晴らしくて、より深みを出されたかな、やられたかな、のアプローチ。ただただ甘辛だけでない風味が今回特に味噌、そして山椒からも感じられたのは力強いながらの上品さを感じる味わいです。



そして麺はもっちもち!この太さと弾力もしっかり。しなやかにたれを絡めるみずみずしさもしっかりキープしながらの力強さは素晴らしかったです☆カドありのしっかりした噛み応え、口の中を踊る食感も元気でとても良かったです☆



これは正直、味わいに好みがあるから好き嫌いが分かれるでしょう一品。でもこれはたまらなかった味わい!で個人的には好感を持てた素晴らしい味わいでした☆ただしなかなかにしっかり濃いめの味わいと甘味もあるのでさっぱり系の焼そばが好きな方にとっては濃い!と思われるでしょう。でもこの山椒のポイントはかなり高くて、日本ならではの培って来た知恵というか、この山椒あるかないかで全く違うニュアンスになるかなと、ベースの美味しさがあるからこそですけどね、ポイント高いなあと思わせていただけました☆



正直ご飯!が欲しいのは最後まで同じですけどね(笑)、このシリーズはやはり知って頂きたいなと思いました☆



後はね、この焼そばシリーズ、もう一品!!実はあるんですよっ☆


そちらも近々ご紹介しっかり!させて頂きますのでね、お楽しみにしてくださいませ☆



では、本日はここまでです、また明日から通常に戻しながら新しい一歩も参ります〜〜〜☆



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : チルド麺 焼そば 蒜山 ひるぜん焼そば

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
お知らせ、関連記事
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク