TOP > インスタメン調達遠征旅 > title - Column0103 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その18

Column0103 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その18

皆様こんばんは、


本日は7時過ぎに家を出発、そして18時前に帰宅した、プチ実食遠征終了!やった!ものグラムです(笑)☆


でも今回はどうしても行って頂きたかった味わいがあってそれが期間限定で明後日までと言うのもあってね、10日程前から行こうと決めてたトコロ。それは京都!でね、京都の烏丸に着いたのが10時。あれ?早よ着きすぎてもたなと思いながら目的地には歩いて行こかとJRの京都駅まで歩き、その間にお腹が痛くなりながらガマンして歩いて(笑)到着するは10時45分。結構時間かかったなあ、と駅でお腹痛いを解消するは11時開店5分前で、やっぱりなかなかちょうど良かったのは計算済み!では無いワタシでした(笑)。


その後もう1軒実食をこなして13時前に本日のメニュー終了!帰ったら16時には家に着くだろうと思っていたものの、あ”っ!間に合うかも!と大阪に帰って来てから、かなりの葛藤をした後、いや、もう結構しんどいし満腹で動きが悪い、やっぱ帰ろ〜と思った所、目の前にはその場所に向かう電車がもう出ますよ〜!と最後に電車に乗り込もうとしている方を待っていた、


その後ココロよりも先にダッシュしており、気が付けばギリ乗り込みセーフ!で向かった先は池田のカップヌードルミュージアム、今回で6回目なんですけどね(笑)、無事今回の特選具材をテーマにチョイスして持って帰って来、帰りの電車では超爆睡して未だに少し眠いワタシです(笑)。



それにしてもまあまあかな。プチプチ遠征にしてはかなり行動範囲が広かった京都往復と池田往復プラスで250kmの移動。コレ考えてみると距離だけで言えば名古屋まで行ける距離なんよなあ、と思うとなかなかの移動やし、徒歩も今日は15,000歩、まあ九州の時と比べるとあまいあまい(笑)ながらに10km歩いたみたいで今日は爆睡出来そう(笑)☆(ちなみにこのプチプチ遠征は記事には致しません笑)



と、結構満足ではある3月締めだったんですけどね、おい!遠征記事は!?どないなってんっ!?はかなりヤバイす。(笑)


ですのでね、本日は夜の部から、九州進めなアカン!ので、いぐでっ!!!






はいよ〜〜〜!!



前回まではいよいよ久留米に入り、2軒目は丸星ラーメンさん、そして本日ラストと思いながらココは外せない!とこの遠征出発前から事前に決めていたのは大砲ラーメンさん。そして何を思ったか丸星ラーメンさんから歩いて行った方が早いやろと、意外と元気ながら到着時には結構キテたにも関わらず、今思えばアドレナリンが放出されてたでしょう(笑)、今回もまた実感が湧かないながらに到着の感動を憶え、コレまたスムースに店内へインするのであった。



entry_img_2117.jpg



Column0102 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その17



そして実食はすでにご紹介させて頂きました↓コチラです☆


shopmenfile031 大砲ラーメン 本店 昔ラーメン


今回は実は結構迷ったんです、昔ラーメンかラーメンか。でもやはりカップ化もされてる昔ラーメンが食べたい!と。でもしかししかし、帰ってからかなり後、記事書き中に気づいたは食べ比べセット、うわ”っ!こ、コレにしたらよかった!!!んもうっ!とも思ったのが本当のトコロ(笑)。。



しかしっ!実は自分のココロ奥底の御魂は迷うコト無く昔ラーメンをチョイスしてただろう、今はこの昔ラーメンをチョイスしてしっかり頂けたのは間違いでなかった、いや、今回本当にご縁があったんやなあ、と思わせました。



コチラが昔ラーメン!!



th_18000329IMG_3576.jpg



1953年(昭和28年に)屋台から始められたお店で、その屋台時代の先代、香月昇さんが作り出されていた味わいを復活させたのが2代目の香月均さんです。それが平成10年で、今ではやはり人気で定番化された味わいでもあるんですね。



そしてこの大砲ラーメンさん、実は香月均さんがタウン誌にコラムを連載していたんですね(「くるめすたいる」)。そのコラムは約140話にものぼり連載され、その中の「初代熱風録」シリーズが、映画「卒業写真」の撮影で久留米に来ていた瀬木直貴監督の目に留まり、「これは面白い、映画になる!」と動き始められたそうで、それが本当の本当に映画になってしまった、この映画こそが「ラーメン侍」と言う映画で、この「初代熱風録」の親子二代をモデルとして映画化されたフィクションではありながらも、そのドラマを実際に映像化、映画化されたのはなんと1985年の伊丹十三の「タンポポ」以来のラーメン映画だそうです。この上映が2011年秋。今からもう7年前の映画ですがコレは観なっ!と後から観させて頂いたんです。(大砲ラーメン公式HPラーメン今昔物語バックナンバーより内容がご覧頂けます)



th_18000329IMG_0143.jpg


海外カップヌードルやカレーメシくんはお気になされぬ様お願い致します(笑)


もうまさにこの一番最初のドアップがこの昔ラーメンでした。もうコレにもかなり驚いたんですけどね、この本編では昭和40年ごろの活気ある屋台街と、バブル崩壊後の不景気に沈む現代を舞台に、「ラーメンの力で人と街を元気にしよう」と奮闘する親子二代のラーメン店主と家族のドラマを人情的に描写した映画、その現代の信頼ある弟子に言った名前がなんと!個人的ながらワタシと同じ苗字だったのには超驚きました(笑)。



それはどうでもいいとして(笑)、この映画ではあの支那そばやの故佐野実さんや、一風堂の創業者である河原成美さんをはじめ、ちばき屋、なんつッ亭、魁龍、龍の家。博多新風などの有名な店主さんがエキストラとして登場するのはラーメンファンにとってはたまらない!んです。



でね、この映画、主演はあの渡辺謙さんの息子の渡辺大さん。実際に新横浜ラーメン博物館に通われて習得された所作はかなりリアルで、ヒロインは山口紗弥加さん、若かれし時と現在の境目がわからない程で、演技も自然で素晴らしく、あとは脇役ではあの津川雅彦さん、淡路恵子さんという大御所の存在も凄かった、でもかなりほっこり心温まる、でも本当に大変な日々を過ごされて来たんだなあ、と3日前、深く思いながら実は観させて頂いてました。


この映画は日本全国公開から海外へ、韓国、台湾でも公開される予定だったそうです(詳細把握出来ておらずこの表現です)。にしてもこの久留米をラーメンで元気にしよう!と言う想いがひしひし伝わって来るとともに、ワタシも底辺ながらに情報発信をさせて頂いている身、考えさせられる時間を頂きました。そういう意味でも今回の遠征ではただ単に来た!食った〜!!だけでは無いこの久留米の地のラーメンから感じさせられた生きる事、それをとても感じさせられた様に思いました。それにしてもなんか変な符号が多くて身近に感じ過ぎてしまう感を今になって勝手に感じるのでした(笑)。



では!!
ご馳走様!!ありがとうございました!!とお店を出ます!!



th_18000329IMG_3587.jpg



この光景を刻むんや!一時忘れてもええ!脳内に刻めよわいっ!わ〜とんか!!



と言い聞かせながら(笑)、しっかりパチャリ(笑)。撮ったら後で見れるやん、いや、それが無くなっても心に刻めっちゅうコトやがな、わ〜とんか?と葛藤(笑)、この時14:35。お昼時としてはかなりいい時間での実食終了でした。



おっしゃ!
でもまだ今日は2日目!!まだ14:35、まだまだ1日は長いやんか!と、そう思うとむふふと思ってしまった(笑)。さて!今から何をしよかな?



と、3軒で結構満腹。でも福岡のラーメンだからこそ出来る3軒実食を体験しましたね。他の地では絶対無理かな。あといつもどうしても頼んでしまう飯類、サイドや替玉、もうめっ!だめっ!と何度も喉から出る手を封印して来たか...(笑)。いや、でも今回思う通りにこの3軒に来れてホンマよかった!ありがとう!!



と、未練無くし前向き、いや、元通って来た道戻って(笑)、あの駅へ向かいます!!



でも下り、引き返しはやっぱり早いな、登りめちゃ長く感じるも下りは早し。もう駅?



th_18000329IMG_3593.jpg



の前にかっこええ〜!!は自衛隊のクルマ。(笑)



そして!!


th_18000329IMG_3594.jpg



そのクルマ過ぎ去りコチラ!!はなんと駅前にあった岩田屋さん、デパートですね☆



こ、コレいかなアカンやん、ん。


と!(エクスクラメーション)を付けられないのはかなり達成感から来る脱力感(笑)。調達リサーチも遠征ではあるんだけど、ちょ、ちょっとしんどい(正直笑)かな、...........んっ!!アカンっ!!ま、まけるか〜〜〜ばーろ〜〜〜!!



と強く思い、まだ昼過ぎにも関わらず満身創痍間近、まぢか?ながらに振り絞りいざっ!進むしかないのでした(笑)。



今回また進んでないやん!ですね(笑)。。でもちょっとは進んだ!(ほんまか笑)というワケで2日目の実食は終了。そして帰路に着く前に見つけた地元のデパート。2日目もいよいよ終盤?は次回に続きます!!あんまり進んで無くて寸ませんですけど進めますのでね(笑)、宜しくお願い致します〜〜!



今回の遠征の一連はコチラ


Column084 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発編 その1


Column085 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発編 その2


Column086 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発編 その3


Column087 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 出発車中編 その4


Column088 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 目的地到着編 その5


Column089 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その6


Column090 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その7


Column091 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!でもまだ夜は終わら編 その8


Column092 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 到着!そしてやっと夜は終わる編 その9


Column093 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目開始編 その10


Column094 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目ついに目の前にアレが編 その11


Column096 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目いよいよ実食進め編 その12



Column098 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多2日目いよいよ実食到着編 その13


Column099 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、次どこや編 その14


Column0100 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、次どこや編 その15


Column0101 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その16


Column0102 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その17


Column0103 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その18


Column0104 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その19


Column0105 2018年一発目!ついにあの地へ!気合い入れていぐでっ!! 博多から小郡、はるばる来るは久留米!編 その20


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : ラーメン
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 遠征 久留米 大砲ラーメン 聖地 巡礼 豚骨ラーメン

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク