TOP > 明星食品  > title - file02350 明星食品株式会社 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ

file02350 明星食品株式会社 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ

皆様こんばんは、


本日丸一日超快晴なり、傘を持って帰る猶予など全くなかった、というか、あ”、傘のコト自体わすとった〜ものグラムです(笑)。


それにしても今日はなかなかに暑かったですね。先日の肌寒さがウソの様、といいながらもでももうすぐ6月、えっ!もう6月!?は、はやすぎ〜〜、と、言いいながらもマイペースが乱れているワタシであります(笑)。


まあ、このペース、リズムを掴むのも自分自身なんですけどね、このままではいかん!と思いながらも更新頻度はかなり減っております(笑)。。なんとか戻せる様努めたいと思います。



では!!
ま、まけへんで〜〜〜!と気持ちだけ(笑)、、いぐでっ!!!






はいよ〜〜〜!!



さて、当ブログではいつの日からか、とうとう自分でも割り切ってしまったオールド(笑)商品ご紹介がありますが(笑)、それは何故に起こったかと言うと超カンタン、インスタントは皆様が想像している以上にどんどこ出されているワケで、それを追っかけ実食、記事にして行くにあたり、実食はまだ追いついていこうと頑張れるものの、記事化が一番時間がかかるワケで、それに追いつくハズもありません(笑)。。しかしながら、そんな事よりもひとつでも多く!しっかり!調達して来たツケはどんどこところてん、出て行くとスッキリするワケですが、そのところてん天突き器の器がまたどんどこ大きくなっているカンジ(笑)。。


いや!必ずスッキリ!つるんっ!と出していぐで!ってなんの話や?ですけどね(笑)、そんなカンジで過去の一品のご紹介をオールドともうワタシ自身開き直り(笑)、今もなおそのスタンスは変えず!しっかりご紹介させて頂きたいと思います!


それもあり、今後、コレは!今ご紹介しなければ!と思った商品に関してはリアルタイムにご紹介させて頂こう、よりフレキシブルに行こうとも思っています(笑)。なのでfileナンバーは全く若いものからの実食順では無いのは現在でもおわかり頂ける方もいらっしゃると思いますが、てんでバラバラ、でもないですけどね、オールドは順を追い、合間に新作のコレは!を入れる感じで今後も基本は変わりません、って変わっとるか(笑)。。


「こんなにあったんか!へえ〜〜!」をお伝え出来ればと思っています。おしまい。



うぉい!!
と、あ、そうね、始まったばっかりね、嗚呼、最初から長文すんませんでした。(笑)。。



今回オールド!進めな!でした(笑)。



気を取り直して!



今回はですね、明星さんからの一品なんですが、この時にしか販売出来なかっただろう、今後も同じ商品は二度と販売されない、と思うとなんだか希少。しかし当時はしっかり全国販売で出されたこの味わいは、ある事を記念して商品化された、それがカップ麺になってしまったという一品。しかも普段食べ慣れては無いでしょう海外からの味わい。コレもまた楽しみな一品でした。



では!!それはシンガポールっ!!というとあっ!でしょうか?



コレや〜〜!!パケ〜〜!!!



entry_img_2185.jpg



シンガポールシーフードリパブリック

カトンラクサ



おおっ!
シンガポール!そして、ラクサ!ですよね!



しかし、この一品は日本とシンガポールの外交関係樹立50周年記念商品。という事で、まず、2016年は、日本とシンガポールの外交関係樹立50周年、そして"日シンガポール国交50周年実行委員会" (2015年1月設置) が組織され、両国の交流促進や相互理解につながるさまざまな記念事業が計画されている。(公式HPより引用)そうです。


と、ココでまず発売日ですが、16年4月25日、価格は205円(税抜)とお伝えさせて頂きます。



そしてこの一品のスゴいトコロは、なんと!


シンガポール政府の推奨を受け、日本でも3店舗展開しているシンガポール料理専門店「シンガポール・シーフード・リパブリック」監修



ええ!
シンガポール政府推奨!ですよね。その「シンガポールシーフードリパブリック」さんがなんと今回のカトンラクサを監修、それがなんとカップ麺に!という商品化の凄さ、明星さん、というか日清さんとも言っていいでしょう、この凄さは言葉には表せない、へえ〜〜としか言えない一品でもありました。



このラクサですが、ガランガルやターメリックなどの香辛料が効いた東南アジアの麺料理とあり、このシンガポールやマレーシアで一般的に見られる料理だそうです。しかし地域によってその味わいは様々だそうで、唯一の共通点は出汁が魚やエビから取られる事だそうです。



そして今回の一品も、このパケ写からはエビが見えます。魚介のダシの美味しさとココナッツミルクのクリーミーな美味しさが伺えるかな、でもまだどんな味わいかは頂くまではわかりません。



続き!参りましょか〜〜!!楽しみっ!!



th_180000524180524004katonarkusa.jpg



仕上げのオイルがペっ、とされており、それを取り撮影。最近になってこのままペっ、と貼ったまま撮影の方がいいよなと思うもそれに気づくは2350品目(笑)。ま、まあええか。



th_180000524180524002katonrakusa.jpg


コチラには先程の内容が書かれた説明文。それにしてもこのタッグというか、シンガポールシーフードリパブリックさん監修というのがスゴいなあ、もう今後そうカンタンに商品化されないと思うと超希少な一品と言っても過言では無いでしょう、と思うワケです。



th_180000524180524003katonrakusa.jpg



めん75gはタテビッグサイズの少し少なめ、445kcalの5.1g。決して高カロリーなワケでもなく、塩分もこのサイズとしては高い方では無い数値。



かいふう〜〜!!



th_180000524IMG_0309.jpg



え”っ!刻み揚げ?


はかなりビックリ(笑)。ラクサと聞いて日本の味わいでないながらに、和のお揚げが入ってるとは!と普通に思ってしまったんですけどね、それにもワケがあるのでしょう。このかやくだけを見るに、たまご、ねぎ。そしてエビはラクサとしてありですけどね、和でもありますね(笑)。その辺りもかなり楽しみ!よりそう感じさせました!!



おっしゃ!
あとはお湯インして!つくりま〜〜すっ!!


にち〜〜〜〜しんがぽ〜〜〜、なかよ〜〜〜しぃい〜〜〜んすた〜〜〜んと〜〜〜(ま、まだ理解しきれてないながら時間は進む調理中)



おわっ!!おお!!で、でけた〜〜〜〜!!!



th_180000524180524005katonrakusa.jpg



この仕上がりはやはり和ではなかった(あたりまえやろ笑)。しかし、この刻み揚げは少々違和感あり(笑)、しかしこの見た目のスープの色合いからはクリーミーさがしっかり感じられるのと、調味油の赤い色合いの辛さ、スパイシーさも感じられるでしょう。



では!!
いただきますよ〜〜〜!!!



す〜〜ぷっ!!



th_180000524IMG_0320.jpg



えび、たまご、ねぎ、馴染みある、刻み揚げも大いに馴染みあり、ですけどね(笑)、このスープのは白濁し、オイルの赤がかなりインパクトある仕上がりです。このスープはまだ予想がつかないかな、どんなでしょ?ずずz。



おおっ!!
思いっきりクリーミー。ココナッツミルク粉末が今回使用されており、クリーミーでココナッツミルクの香りもしっかり感じられました。ひと口目からかなりひろがるエスニック。かなりクリーミーながらにレモングラスやジンジャーの爽やかさも感じられるながら、やはりそれがありながらもクリーミー濃厚なクリームスープを憶えるスープ。かなり濃厚でした。でもクドさは全くなし。コレは他では全く味わえない唯一無二の濃厚さを爽やかさと言ってもいいかもしれません。



め〜〜〜〜んっ!!



th_180000524IMG_0326.jpg



コチラはヌードル麺は見てもおわかり頂けると思います。しっかりつっぷりした歯切れの良さ、麺本来から感じられる甘味も良く、変幻自在と言っていいか、このヌードルの柔よく剛を制す的な柔軟なしなやかさ、コレがこの濃厚スープにするする〜と入ってくる自然さ。自然すぎて特筆事項がないワケなんですけどね(笑)、そう感じさせるこの麺は実は香ばしく味付けされた細麺とのコトです。75gはしっかり食べ応えあり、満足感を十分得られる容量とこの美味しさ、良かったですね。


あと、刻み揚げですが、このクリーミーなスープがじゅわ〜と来るのがもちろん今までに感じたコトの無い食感であり味わい。あっ!


このラクサはムスリムに禁じられている豚肉が使われていない、そうで、ムスリムとはイスラム教。肉的な食感としてこの、日本では精進料理でしょう、キザミ揚げか!(公式HPではキザミ揚げ表記)
と最後にああ!とわかったのは時すでに遅し?でした(笑)。しかし、肉っ気の代用として使われたかなこの刻み揚げ、違和感は無い?と言えばウソながら(笑)、でもじゃまするものでも無い食べ応えはあったかな、コレを知ってから頂くと意識は変わって印象はうまい!に変わっていたかもしれません、でした(笑)。



しかしこのスープはかなり濃厚ながらすんなり入って来る美味しさでした。今後を思っても記念な一品でやはり、今回限りと思ってしまうともう一回頂きたかったかなあはもう遅すぎ(笑)な一品でもありました。ごちそうさまでした。




では今回はココまで〜。


明日は朝大丈夫か?ですけどね、や、やすみます〜〜、とさせて頂きます、ありがとうございました☆



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : カップめん
ジャンル : グルメ

tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 明星 シンガポール ラクサ

関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
響 (1)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
サイト内検索
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
サイト内検索
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク