TOP > サンヨー食品 > title - file02423 サンヨー食品株式会社 サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテビッグ

file02423 サンヨー食品株式会社 サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテビッグ

皆様こんばんは、


明日からお盆休みの所も多いだろう、今年はその期間中にオフは2回、なんとかきばるで〜〜ものグラムです(笑)。


でもまあ例年に比べればしっかり休むかなと、今年はこの時間をしっかり使って作業に入りたいと思います、ってなんの作業やねん、は今月中にしっかり答えを出しますのでね、なにかわからないながらにお楽しみににして頂けますとウレシいです。



では!
本日もしっかり参ります!いぐでっ!!!






はいよ〜〜!!



今回はですね、サンヨー食品さん、サッポロ一番からの一品はオールドから。しかしサッポロ一番と言えば?の顔な味わいが今回はカップにて商品化、普段は頂けないスポットの味わい、コレはかなり楽しみでした。



早速ですがまず!


コレです〜〜〜〜パケ〜〜〜〜!!



entry_img_2267.jpg



サッポロ一番

らーめん ピリ辛



そう!
あのサッポロ一番と言えばの一品、塩らーめんがタテビッグのカップとして商品化。しかしただ単にそのまま塩らーめんでは無くなんとピリ辛。このパケサイドからすぐおわかり頂けると思うんですが、青と赤の唐辛子、W、ダブルの辛さと風味ですよね、それがこの超定番の味わいと一緒になった味わい。もう普通にピリッと辛さがこの塩らーめんに、考えただけで堪らんなあ、と楽しみにさせます。



コチラは16年5月9日発売、価格はビッグで205円(税抜)でした。



1971年に出されたこの味わいの袋麺は、しょうゆ、みそに続いて出されたもので、当時この塩味は相当な影響を与えた一品だと言われているそうで、日本の塩ラーメンの普及の一助になったと言う説もある程なんですね。その当時はまだワタシはいなかったのでそのリアルはわからないものの、当時の袋麺のレパートリーを思うと塩自体が衝撃的だったのは間違いないでしょう。それが今もなお愛され続け大活躍、この16年時点で45年です。あのカップヌードルと同じ時期に生み出されたと言えば、え?コレもそうだったの?と思われるでしょう。



では!
今回は袋では無くカップ。ニュアンスはかなり変わるでしょう、しかしその世界観はしっかりあるか、そしてピリ辛の美味しさ、カップならではの美味しさがあるか?そこが楽しみなポイントですね。



つづきましょっ!!



th_180000810180810003pirikara.jpg



今回の仕上げの小袋はなんと切りゴマ。オイルではない小袋は実はかなり珍しいです。



th_180000810180810002pirikara.jpg



めん72g、433kcalの6.6g、なかなかしっかりした数値で、特に塩分数値は高めと言ってもいいでしょう。しかし全く味わいは予想できないので続きます(笑)。



かいふう〜〜!!



th_180000810IMG_4940.jpg


かなり具沢山!の前に、なかなかの色素抜けた感はすんません(笑)。もともと鮮度良くない実食でもあるのでもう言い訳は全く出来ないんですが、結構このかやくは個体差、商品差はあります、です(笑)。それがキャベツで、あとは味付卵、かに風味かまぼこ、ねぎ、そして唐辛子となっています。



おっし!つくりますよ〜〜〜!!



さっぽろ〜〜〜いちば〜〜〜ん、しお〜〜〜ぴりりぃい〜〜〜んすた〜〜んと〜〜〜(ワクワクじゃ〜と調理中)



おっしゃ!!でけました〜〜〜!!



th_180000810180810004pirikara.jpg



おおっ!
なんとかキャベツ色素はカバーした彩り(笑)、たまごにかにかま風、そして唐辛子の赤も見え、そして切りゴマのしっかり盛り。スープの色味もかなりしっかりあるのがいいですね。しっかり旨味が詰まった美味しさ、そのピリ辛はどんな味わいか?頂きますっ!!




す〜〜〜ぷっ!!


th_180000810IMG_4948.jpg



塩?と思わせるしっかりした色合いのスープは目に見える旨味かなと、かなり期待させる感じ。しかし先程も書かせて頂いたんですが、袋麺の塩らーめんを思うと、基本スープの作りは同じにせよ、やはり麺は全く別もの、そしてかやくもあります、カップ化する時点でかなりそれがずれて行きます。かやくとのトータルバランスもある、基本は同じではない中、袋麺の味わいにアプローチされているか、それは実は世代によって感じ方は全く変わるのは間違い無いでしょう。ずずz。



いや、
しかしこのうまみかなりしっかり、甘味も感じさせる美味しさは、逆に考えると塩押しではない美味しさなんですよね。とてもわかりやすく、でも感じようとすればする程に旨味を感じさせる。45年前からそれを粉末で作られていたと思うと本当に凄いし、今頂いてもそれが色褪せる感は全くない美味しさ。嫌味もない、しかしそれなりに塩分は使われているのはもちろん感じられましたけども、でも鶏豚よりもむしろかつおの表にまでは来ないシゴトぶりがらしいのかな、他では味わえないスープ。本当に美味しいです。



そしてそこからピリピリっと来る辛味は正直青、赤の識別はわかりませんでした(笑)。しかしピリッと来ながらもさっぱりした感覚だったのは青唐辛子の印象の方が強いかもしれません。辛さが苦手な方にも美味しく頂けるだろう唐辛子の辛味の旨味、美味しさだと感じました、、、と言いながら実は蓄積型、どんどん後から辛さが積み重なって来る、や、やはり辛いのが苦手な方にはオススメ出来ない後から系、結構本当の辛さでした(笑)。辛いものに慣れた、好きな方には本当にピリ辛程度かもしれません、個人差がとても大きいのであまり強くは言えない所でもあります。


め〜〜〜〜んっ!!



th_180000810IMG_4955.jpg



キャベツ色素完全カバー(全て隠れている為笑)!
ですが(笑)、麺はやはり全く袋とは違う若干平打ちな印象で、細めの仕上がり。



もうこの麺自体が全く袋とは別ものなので、その時点で違うと思われるでしょう。しかし袋は熱湯からも火を入れ続け戻すのに対してカップは熱湯状態からみるみるうちに温度が下がる中での湯戻しです。それを同じ感覚に持って来るのはやはり難しいですね。



しかし今回はこの若干平打ちな仕上がりは印象はかなり違うかなと言うのも個人的にはありました。今回はヌードルぽい仕上がりで、全体のバランス感はかなりいいんです。柔めのもっちりで、スープともよく絡むしその美味しい旨味しっかりの塩と辛味が良かった、一体感はあったんです、



しかし本来なら、あの一品↓


file01104 サンヨー食品株式会社 サッポロ一番塩らーめん アナと雪の女王パッケージ(2015年)



丸いフライ麺の方が袋麺の感覚に近かったでしょう。この↑はかなり美味しかったですね。



そして最後はかやく。
もう色素うんぬんはいいとして(笑)、かなりしっかりのボリュームある食べ応えは素晴らしく、ヌードル系のたまご、かにかま風、そしてこの豪華とも言える切りゴマに結構なコストが掛けられているのはおわかり頂けると思います。それもあり袋麺を思って頂くと全く違うに等しい、しかしより若い世代にとっては、馴染みありながらしっかりした美味しさとバランス感、普通に美味しく仕上がった一品なのは間違いなかったと思います。



だからこそ、サッポロ一番の塩らーめん、このブランドを昔から親しむ層にとっては別物と思われる、しかし進化系としてニュアンスは若干変わりながらもクオリティはそれなりに素晴らしくまとまった一品、とも取れ、賛否はかなり分かれる一品なのは間違いないかな、でもその美味しさもひとつ、今後どう軌道を変えていくか、それはユーザーの反応、売れ行きによって変化していくワケです。



それを思うと、袋は全く味わいを変えていないのがこのサッポロ一番でもあるんですね。王道とはどれだけすごいかも感じさせる一品でもありました。



では今回はココまで。
ではまた明日、まだまだ暑いですがなんとか良い1日1日をお過ごしになれます様に!



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

テーマ : カップめん
ジャンル : グルメ

tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン サッポロ一番 塩ラーメン

関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

ものグラム

Author:ものグラム
2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

兵庫県明石市在住。

file001〜0329はコチラから☆

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ものグラムの歩み。
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
サイト内検索
スポンサーリンク
Thanks!
ものグラムのつぶやき。
Instagram
サイト内検索
ランキング参加中です☆
グーバーウォーク☆
楽天ショッピング
ラーメンショッピング☆
スポンサーリンク