TOP > 日清食品 > title - file02432 日清食品株式会社 日清麺なしどん兵衛 鴨だし豆腐スープ(18年8月27日発売フライングゲット第63弾)

file02432 日清食品株式会社 日清麺なしどん兵衛 鴨だし豆腐スープ(18年8月27日発売フライングゲット第63弾)

皆様こんばんは、


本日8月25日、インスタントラーメンの日を迎えた、朝からインスタント、即席とアレンジリアル飯と、きっちり3食頂いた、感慨深いな〜おめでとう60周年!思ふものグラムです。


そんな1日もあっという間に過ぎ去りそうな時間の早さを感じるんですが、実は8月24日、即席麺発売60周年のこの時、日清食品ホールディングスの安東宏基社長が、現在は紙や発泡スチロールを使用しているカップ麺の容器などを自然に分解される「生分解性プラスチック」に2〜3年後をめどに順次変更していく方針を明らかにされました。


この新たな試みこそ、味わいだけでない、今深刻化しているプラスチックごみによる海洋汚染を認識し、大手企業として環境保護の取り組みの一環として発表されたのは大変大きい一歩である、やはり日清さんの素晴らしさを感じるとともに、各メーカーもこの流れを取り入れられ、そしてワタシ達消費者もより意識を高め美味しく頂きたい、そう思う次第です。



って、パケ保存している間に生分解性プラスチック、分解されへんやろか?と、少し心配してしまった(笑)ワタシでもありました....(笑)。



では!
ハッピーバースデー!チキンラーメン60周年!ですが、本日は違う銘柄をどうしてもアップしないと間に合わない!ので(笑)、元気いぐでっ!!






はいよ〜〜〜!!



今回はですね、その日清さんからのフラゲ。今回の発売はお盆明けで超タイトなフラゲ、販売自体がギリげ?だったんですが、なんとか受け取りも今週中に出来、他記事をどうしても先にご紹介させて頂きたく実行、そして本日ギリのご紹介です(笑)。


では!
カップ麺、ん?ではあるんですが(?笑)コレです〜〜〜〜パケ〜〜〜!!



entry_img_2282.jpg



麺なしどん兵衛

鴨だし豆腐


なんと!
カップなのに麺がない!という事はただのカップ、という屁理屈はヤメにして(笑)、実はこの麺なしシリーズは日清さんからは第2弾、今回はあのどん兵衛からの一品というコトで、カップ麺では無いながらにカップメンfileとしてご紹介させて頂く今回の一品。なかなかの企画というか、思いっきりが素晴らしいというか、斬新、ですよね!



実は今回のフライング発売は今週火曜日、8月21日で、なんと8月27日、明後日発売の1週間を切る6日前。(笑)あわわあわわと勝手ながらに慌てたんですが、なんとかオフのタイミングが合い受け取れた次第。コレもタイミングがズレると完全アウゲ(アウトなゲット笑)になっていたワケで、このお盆後、油断するトコロでした(笑)。


そこを踏まえもう一度正式に。発売は明後日18年8月27日、価格は170円(税別)となります。



実は昨年同時期、17年8月21日に第1弾として「日清麺なしラーメン 豚骨豆腐スープ」と「日清麺なしラーメン 担々豆腐スープ」が発売されました(フレキシブル未紹介です笑)。その時に麺がない?と衝撃を受けたんですが、今回第2弾はなんとあのどん兵衛シリーズで麺なしが出されるとは、正直うどん、おそば、麺が無ければ成立しないと言っていいこの日清さんの顔のひとつであるシリーズからまさかの麺を無くしてしまう、それを想うだけでなく実現させてしまうのがなんとも凄いと言わざるを得ないのがこの一品。



どん兵衛のお出汁、スープは本当に美味しいしクオリティも高いのは重々承知。しかし新提案のカップスープという今回の一品は、現存のカップスープの商品群とは明らかにアプローチも違う和だしの美味しさ、そして今まで培ってきたどん兵衛の味わいのノウハウが凝縮された一品?と言ってもいいでしょう、しかしながらカップスープ、そして今回はヘルシー志向の方への一品、飲んだ後の〆にも好評だったと言われる第1弾、今回どん兵衛の新たな一品、楽しみながら未体験、是非!楽しみに頂きたいと思います!



続きましょう!



th_180000825180825004kamodashi.jpg



麺なしながらに今回の一品は豆腐を入れた「豆腐入りカップスープ」と言うのが日清さんからの提案です。既存のカップスープとは明らかに違ううどんつゆ、それがカップスープとして発売される、考えてみれば本当にすごいですよね。味噌汁とも違うアプローチ。楽しみすぎます。



th_180000825180825002kamodashi.jpg



th_180000825180825003kamodashi.jpg



やはり、今回はヘルシー志向というのもあり、カロリーはなんと64kcal、食塩相当量2.5g。脂質も2.6gとかなりの低い数値。特に糖質を気にされる方へも配慮された5.7gは、この一品全体としても気軽に頂ける一品なのは間違いないでしょう。後は食べ応えがあるか、そして味わいが実際どんなものか、この辺りの感覚がポイントでしょう。



か、かいふう〜〜〜!!(やっぱりコレがないと、クセです笑)



th_180000825180825005kamodashi.jpg



構成を通常通りに配置するとカップのみになります(笑)。そう、麺なしカップですもの(笑)。しかしいつものどん兵衛、今回は鴨だしですので液体、そしてかやく。あとは麺の代わりになる豆腐はフリーズドライ、FDのこんもりした構成。完全未体験な一品ながら、この鴨だしのどん兵衛は何度も頂いています、後は!実食!



では!!
熱湯3分!出来ました!!



th_180000825180825006kamodashi.jpg



おお!鴨だし!


と言う他ない仕上がりで、本当に麺がないんやなあ、それしか思えない感性のボキャブラリーの無さを感じながらでもウマそう!でした(笑)。豆腐は若干つゆに隠れてますが、実は小振りの豆腐がたくさんでは無く、大きいひとつの豆腐。で〜んと鎮座されている仕上がりでした。



頂きましょう!!



す〜〜〜〜ぷっ!!



th_180000825IMG_7973.jpg


しかしこの仕上がり、鴨だしのどん兵衛そのままの仕上がり。


ちなみに、鴨だしで最近ご紹介させて頂いたのはおそばでは無くうどん!でした、併せてご覧下さいませ↓コチラ


file02373 日清食品株式会社 日清のどん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん(18年6月25日発売フライングゲット第56弾)


コチラもフラゲで鴨だしのラー油仕立てではあったんですが、つゆの感じはしっかり感じられると思います。液体の香ばしいフレーバー、甘味ある美味しさが堪らないのが鴨だしの美味しさ。どんなでしょう?


うん!
やはり、今回も真っ先に感じられたのは香ばしい独特のフレーバーで、鼻腔を抜けていく香りに、やはり甘味もしっかりした味わい。醤油感もしっかりした味わいはまさに鴨だしで、どん兵衛の鴨だしをしっかり感じられる美味しさ。



しかし通常のどん兵衛のつゆそのものをそれだけでは無い量と味わい、微調整を加えられているのは感じられ、麺がある味わいよりはつゆそのものを飲んでも違和感ない様にされている感覚、味わいは決して薄まってはいないんですが、スープ単体としてのキレも感じたかな、そんな印象でした。



では!
麺の代わりとなる豆腐!コチラです!!



th_180000825IMG_7984.jpg



さすがにしっかり本格な食感の豆腐、最初から若干ヒビがあり、少しでも刺激を与えると崩れる様な絹漉し感。そのきめ細やかな食感はやはりかなりの本格で、するすると入る食感の美味しさ。しかし食べ応えと言う意味ではやはり物足りないかな、と言うのは正直な感想。


しかしながら本当にお湯だけで完結?インスタント?な本格感は本当に素晴らしいし、嫌味の無い本格な味わいをしっかり感じられた美味しさ。


あと、この味わいを頂いて衝動に駆られるのはご、ご飯!本気でそう思ったのが正直な所で、ご飯を入れてしまいたい、それに耐えうるつゆの美味しさを感じました。麺ちゃうんか?ですけどね(笑)、このスープ単体で頂いて麺よりも先に思ってしまったのがご飯の存在(笑)。


それを思うと、ご飯のお供としてこの一品を頂くスタイル、お昼のお弁当にこの一品、スープとしての一品はミニどん兵衛でも実現しなかったと思うと十二分に新しく、今まで無かった、こんな一品が欲しかった!と言う方も多いとも思わせました。


食のスタイルを考えると深い。


しかしもう一度の正直は170円の価格、麺なしを思うと若干設定はお高め?ではあるかもしれませんが、他に無いこの一品を思うと、そうでも無いかも、と思わせる説得力も感じさせる一品。日清さんの企画力、前例の無い商品もリサーチをされ痒いトコロに手が届く、そんな唯一無二を感じさせる一品でした。



いやあ、今回は味わい云々よりもスタイル。そのニッチな感じが素晴らしかったです。今後もそれらのニーズをしっかり捉えられ新たな一品を生み出される日清さんに期待したい、ですね!



ではココまで。
個人的タイトは続きますが、なんとかこなして参ります、お楽しみに〜〜です!



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : カップラーメン 日清 どん兵衛 鴨だし 豆腐

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク