TOP > その他食ヒンfile(etcfile) > title - Column0131 ハシリー株式会社 新福菜館 特製炒飯(etcfile011)

Column0131 ハシリー株式会社 新福菜館 特製炒飯(etcfile011)

皆様こんばんは、


本日無事、家に帰って来る迄が遠征ですよ、奥底から聞こえて来た声を大事に、急ぎながらも冷静に侮る事無く帰って来れた、帰ってからごはん用土鍋が欠けた、え?身代わりなってくれたん?ものグラムです(笑)。


いや、1泊2.5日のクルマ遠征は正直、本気でしんどいっ!!でしたが(笑)、そのしんどさ、簡単では無いからこそ得られる喜びと言うか、無形のプレゼントを貰えた様な気がしながら、今、めっちゃしんどい。(笑)しかしシャワーを浴び、今ふとゆっくり椅子に座ると、昨日から今日にかけてのあらゆる体験が蘇ってくる、ワクワクが復活するワタシでもありました(笑)。


そして本日8月31日、8月、いや、夏の最後をこの様に締めくくれたのは自分でしている様でそうでは無い、他のチカラをとても感じる、ラーメン遠征を始めて2年目、まだまだながら初心で動き回れる事に感謝。しかし行けば行く程、くっそ〜!今回たったコレだけしか行かれへんかった!次も必ず行くからな〜〜待っとけ〜〜!と、内心また行かせて下さいお願いします!、と、合わせて意を投げるワタシでもありました(笑)。



では!
明日からは通常、帰って来て速攻ではあるながら、浸りすぎたらアカン、(笑)本日のメニュー残っとるで!めちゃ元気いぐでっ!!






はいよ〜〜〜!!



さて、切り替えまして、今回もその他続きますが(笑)、あの京都のラーメン界と言えばの真っ先に出てくるお店の、フリーズな一品。しかし本来ならばfrozenmenfileにしたかった、でも麺では無いのでその他にさせて頂きました(笑)、先日ご紹介させて頂いた続編と言ってもいいでしょう!



コチラっ!!


entry_img_2288*




新福菜館

特製炒飯



京都を代表する店舗のひとつがこの新福菜館さん。もちろんラーメン、中華そばこそがこのお店と言えば!なんですが、わざわざコチラへ来たならば、炒飯(お店での表記はヤキメシ)も食べないと!という位のメニューでもあります。



今では京都ブラックとも言われる程に知名度は高まりましたが、このヤキメシ、炒飯も顔。それがハシリーさんより中華そばとともに商品化されていたのが今回の一品でした。この一期一会もかなり興奮させられた一品でもあります(笑)。



先にご紹介させて頂きました中華そば、そしてハシリーさんについて、新福菜館の唯一の直営でもある府立医大前店さんが商品企画されているのは触れさせて頂きましたが、もちろん今回の一品も同じくです。↓コチラ


frozenmenfile001 ハシリー株式会社 新福菜館 中華そば



詳しくは↑に書かせて頂いてますので是非ご覧下さいませ。



あと、この新福菜館さんの本店には実食させて頂き、もちろん今回の特製炒飯、ヤキメシもしっかり頂きました。そのお店の味わいは↓コチラです。


shopmenfile013 新福菜館 本店 中華そば(小)(+ヤキメシ)



皆様にも今回の一品と見比べて頂きたくリンクさせて頂きました。



では!
楽しみに続き、ご覧頂きましょう!



th_180000831180831002shinpuku.jpg



ウラにはフライパン、電子レンジのふた通りの調理法が書かれています。フライパンは間違いなく美味しく仕上がるでしょうね、ですが、今回はできるだけ簡潔に仕上げるのが当サイトの趣旨でもあります(笑)、電子レンジにて500Wで5分、600Wで4分30秒、しっかり待ち、仕上げたいと思います。



おしゃ!!
用意するものは個人的に型!(笑)なんとか!出来上がりました!!(ちなみに中身はこのパッケージにダイレクトにそのものが入っている為撮影不可でした)



th_180000831180831003shnpuku.jpg



おおっ!
の前に、なんと炒飯用のお皿を実は所持していなかった事が判明(笑)、今回は立体感の低いラーメンどんぶりにて失礼致します(笑)。。



それにしてもあのブラック感がしっかり。中華そば、ラーメンだけで無くヤキメシ、炒飯もこの様に色合いがしっかりなのが見事にこの一品でも再現されています。



実食に入る前に、↑のショップメンリンクでもご覧頂けますが、コチラでも見比べて頂きたいと思います。



コレだっ!!



th_180000831IMG_5597.jpg



見比べてくると色合いに雰囲気、なかなかの再現度ですよね。楽しみでしか無い、後は実食!



あ〜〜ぷっ!!



th_180000831IMG_5541.jpg



型取りが整い過ぎた感が否めないものの(笑)、しかし本当に素晴らしい仕上がり。米粒それぞれが主張しているかの様に感じさせ、このかなり濃い色合いから味わいもかなり濃そう、そう思われる方も多いでしょう。



実食りふと〜〜〜!!



th_180000831IMG_5544.jpg


あ”、スプーンあったのに....、が正直今思う思い(笑)。しかしそ、それは置いておき(笑)、このしっかりした色合いのリアルさはスゴい。



うわやっぱり!!
このチャーシューダレからの醤油の香ばしさがこれでもかと香り、味付けは決して塩辛く無い、まず鼻腔を抜けて行く感覚から感じさせる美味しさ。



そしてラードの適度なコクがあり、しかしパラッとした粒それぞれが個性、の様に感じさせる食感は弾力と口の中を泳ぐ感覚のある粘度の低さの独特の感覚、もっちもちなのにパラパラっとしているのも素晴らしくリアル。




正直、お店の味わいをかなりしっかり蘇らせた仕上がりでした。↑の中華そばとセットで頂くと、おウチにいながら?を感じられる一品であるのは間違いない。しかしお店の内装の雰囲気、空気感はお店に行かないと感じられないながらも、それなりにしっかり器も用意して頂くとより美味しく頂けるかもしれません。



お店に行った事がなくとも、味わいとしてはかなり香ばしさを感じられる、見た目から感じられる塩辛さは全くない美味しさです。もし見かけたご縁があった際には是非!頂いて欲しいと思う一品でした。



はい、今本日分のパワー、95%使い切りました(笑)。明日より通常、オールドもしっかりご紹介させて頂きたいと思います、よろしくお願いいたします、おやすみなさいませ〜。


blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : こんなの食べてみました。
    ジャンル : グルメ

    tag : 新福菜館 ヤキメシ 炒飯 チャーハン

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク