TOP > 日清食品 > title - file02499 日清食品株式会社 ラ王 黒タンタン

file02499 日清食品株式会社 ラ王 黒タンタン

皆様こんばんは、


本日21018年11月29日、ユネスコ政府間委員会が、



秋田のナマハゲ含む日本の来訪神の無形文化遺産登録を決定!



と、岩手秋田遠征、人生初の秋田訪問の日に世界文化遺産勧告されたのが予定より1日遅く本日正式に決定。個人的にかなり嬉しい、やった〜!ものグラムです(笑)。


いや、しかし先日の岩手秋田遠征の奇妙な符号は気のせいかもしれませんが、いや、やっぱり不自然な位に自然で(笑)、この旅を応援してくれてるかの様に思ったんですが(笑)、それが↓コチラ


Column0139 2018年7発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その5 完結


このナマハゲ、来訪神と、この遠征で行かせて頂いたお店の言った順番を見てみるとえっ!?とビックリ!と言ってもそのワードを元に自分で繋げたんですが、何か応援されてる様にかなり感じられたワケなんですが、この日以来10月月末から今まで、実はかなり悶々とした想いを感じる、当ブログ運営上最もしんどい状態が続いていました(笑)。


いや、でも結構真剣に色々考えさせられた1ヶ月で、あのナマハゲ符号、帰ってから人生初に見た流れ星がなんと2倍で2日連続!(やはりその次の日以降今日も?と思っていつもより空を長めに見るも全く無いこの1ヶ月笑)


その11月がいよいよ12月へバトンタッチのこの時、あ、やはり勧告されてから正式に決定されたんやなあ、良かったあ。と思っている本日、実は先程、陰のものグラムと電話をした際、「思わず送っちゃった」と、ナマハゲ来訪神決定のスクショを決定時に瞬時に送って来た、その数時間前にワタシ、ものグラムは、普段全く無い何年振りかの衝動、居ても立っても居られない症候群に見舞われ、ついにブログ用のカメラ、調達してしまった! ....。。。。



もちろん現金は無いのでゲップですようっぷ、ですが(笑)、アタマ、理性では全く説明出来ないここ3日間の物欲の衝動があり、明日オフで手に入れようかと思っていたものが本日、全く想定外の入手がこのナマハゲ含む来訪神の文化遺産決定、えっ?それを知って送って来たんや?あ、ただ単に決まったのを送って来たんやと思い込んでいた、今先程さらに偶然の偶然を知ったワタシでした(笑)。。



って、この冒頭、たまたま当ページをご覧下さった方には何の事やらさっぱり?でしょう(笑)、毎度余分が多い当ブログですが(笑)、本日2018年11月29日、いいや!いい肉!か?良いニクいか?ただ単に言いにくいか?わかりませんが(笑)、本日より動画方面もやれよ!と感じ、動画の勉強と、今後、全国の麺をご紹介させて頂くに辺りもっとその土地の雰囲気やリアルな感覚をブログながらに動画も交えてご紹介させて頂きたい、そう思っていたのがいよいよスタート出来そうです。



その動画交えては今後少し先にはなりますが、今回のヘンテコなタイミング、自分のしたかった趣味が身を結ぶか?わかりませんが(笑)、久々のハード面強化と、ソフトは、、日進月歩で歩ませて頂きたいと思いますので宜しくお願い致します!(笑)


では!
冒頭からぐだぐだですが(笑)、元気いぐでっ!!







今回は新作からの一品、日清さんからラ王なんですが、コレは今までに全く無かった一品と言っていいでしょう。縦ビッグで何よりもパッケージ的観点からしても、えっ?とびっくりさせられ、そして味わいももちろんえっ?の商品化。何を言っているかこの段階では全くおわかり頂けないと思うんですが(笑)、コレは今いただきご紹介させて頂きたかった、そんな衝動を感じさせた一品。



コチラっ!!!



entry_img_2378.jpg



ラ王黒タンタン


このパッケージのデザイン、ラ王ロゴは現行と同じながらにシャープ黒タンタンの文字、そして白黒はっきりのメリハリ、今までに見た事が無いですよね。そう、今年2018年11月13日にファミリーマート限定で商品化された一品がコチラなんです。価格は200円(税別)。


日清さんのラ王と言えば八角形のかなりコストが掛かっているどんぶり型を想像し、高級で上品なイメージを持たれていた方も多いと思いますが(ワタシ含む)、ココまで攻撃的というか、押しの強さを感じさせるパッケージデザインは今までに無かったハズ。それがなんとファミリーマート限定ながらタテカップでビジュアルインパクト半端ない、いや、味わいのインパクトもハンパないかな、なんと黒タンタン。担々麺に黒のインパクトを商品化。製品パッケージインパクトと味わい共に持って来た感覚を感じさせるのが今回で、コレは今のうちにご紹介させて頂かねば!と思った次第です。



このパッケージには黒ラー油という、今までに見た事の無いワードがあるのもポイント。黒マー油は熊本の焦がしにんにくですが、黒ラー油、これはお店から編み出された黒マー油の進化系?黒ラー油は今回のスポットと言っていいでしょう。もう想像も出来ないですが、担々麺に黒マー油の香ばしさを、さらに辛味を?と思い想像させました。




では続きましょう!



th_1800001129181129002kurotantan.jpg



このトップも白黒しっかりで回ってます。モノトーンに貼付小袋の黄金もパッケージデザインの素晴らしさかな、高級感を漂わせるのがなんともニクい。


そしてもう一度サイド。



th_1800001129181129003kurotantan.jpg



めん75g、実はタテ型ビッグ。そう思うと価格の200円はそう高い印象では無いと思わせます。数値は495kcalの食塩相当量6.6g、脂質は17.9g。それなりのカロリーはありますがタテビッグだとそれ程でも無く、しかし塩分、脂質ともにしっかりした数値。ラ王のノンフライ麺を思うとかなりしっかりした濃厚スープを感じさせますが、いやノンフライの恩恵、一昔前では考えられなかった数値と言っていいでしょう。後はスープと麺の相性バランスが楽しみで仕方ありません。



では開封し中身!



th_1800001129IMG_8100.jpg



この粉末のオレンジの担々具合からも仕上がりはさらに楽しみ。かやくは 味付肉そぼろ、チンゲン菜、ごま、赤唐辛子等クレジット。ラ王感が無いパッケージングでしたがいかに?楽しみです。5分戻し、いざ!



完成!コチラ!おおっ!!



th_1800001129181129004kurotantan.jpg



見事なオレンジの明るさと対局の超ブラック。貼付オイルからのブラックですが、ココまで漆黒のブラックもそうそう無いものです。原材料には植物炭末色素と今までに無いものがクレジット。要はマー油に近い存在かな、その炭化の色素でしょうか、それにしても濃厚坦々のオレンジに近い色合いと漆黒のコントラストのインパクトは凄い。



では頂きましょう!スープ!



th_1800001129IMG_8120.jpg



本当にオレンジ&漆黒のコントラストがこのパッケージにも現れている様で、見た目インパクトも十分。濃厚さもしっかり感じさせ次世代のカップ麺を感じさせる仕上がりです。



うっわ!
もう全開のごまクリーミー。超濃厚なコクがカップでもトップクラス。コクイコール価格では無いですが(笑)、この濃厚さは200円を思うと半端ない。しかしコクだけでは無いごま風味と、小麦ベースでとろみを出された濃厚さは今までにあったコラーゲンとは別の力強さ。やはり小麦パワーはハンパないのもよく感じられた一品でした。



それだけで無く風味も素晴らしく、何と言ってもチンゲン菜の香りがたまらない。担々麺に青梗菜のタッグはこのチンゲン菜にもありでしょう、それがカップでも風味として感じられたのはとても大きかったです。



あ、そしてこの黒ラー油でした。マー油的に感じてスルーしてたんですが(笑)、まず速攻でピリッと感じさせる辛味が美味しいと思いながらも、それが最後まで持続したアクセントで、しかしマー油の香ばしさはやはり感じさせる香ばしさと苦味、ビターな美味しさがtまりませんでした。



そしてラ王麺!



th_1800001129IMG_8167.jpg



リフトあまり見えませんが(笑)、平打ち角ありの形状で、食感はヤバかった。


なによりもしなやかな不自然さを全く感じさせないスープとの一体感、そして一見柔目ながらの弾力しっかりの讃岐を感じさせる弾力こそコシ、それを垣間見せる自然な食感は今までに無い素晴らしい自然さでインスタント?と本気で思わせました。しかし素直な歯切の良さがあるのがなにより!素晴らしかったです。



ちなみに、この麺ば今までに無い花椒練り込み麺というのもポイント。担々麺に花椒(かしょう、ホアジャオ)はおなじみながら麺に練り込み、それを麺だけ頂き感じてみようと思いました。



するとやはり花椒本来の辛味。主に後からから来る痺れの余韻が感じられたのがウレシいポイントでした(笑)。



トータルの味わいとしては決して感じられない味わいなんですが、この要素、味わいがあるか無いか?この隠し味の存在、、いや、今やカップでココまで計算され作られている美味しさ、あじわって〜な!強めにそう言える一品!でした。



押しもあるながらに深さもある濃厚系の美味しさ。気になられた方はまだ今ご賞味頂けます!ご自身の味覚で味わって頂きたいと思いました。




ではココまで!
一歩一歩の中で少しイレギュラーだった本日が終了!でした(笑)、少しづつパワーアップせな!自分の事は一番わからないワタシ、ぐだぐだいきますねん、つづけますねん、でした(笑)。






ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : カップめん
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン カップラーメン 日清 担々麺

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク