TOP > インスタメン調達遠征旅 > title - Column0162 2019年2発目もビューン!やって来た鹿児島。1日目いよいよ実食編(半ダイジェスト)

Column0162 2019年2発目もビューン!やって来た鹿児島。1日目いよいよ実食編(半ダイジェスト)

皆様こんばんは、


昨日言葉に出していた、この2月らしくない暖かさの反動がコワいと言うと、本日速攻でその寒波がやって来た、こ、こわ〜ものグラムです(笑)。


特に明日は関東では雪への注意喚起がされていますね。我が住まいでは雪の気配はないながらも、本日夕方頃から特に冷えこんで来た感覚で、さっぶ〜!と言いながら帰って来ました(笑)。


では!
さらに反動で今暖房ばりばりですが(笑)、なんとか元気に参ります。っいぐでっ!!!






前回は起床から出発、そしてそこから約6時間の工程を経ていよいよ到着は鹿児島空港経由鹿児島中央駅着迄。到着時刻はほぼ正午で、なかなか行けない地というのもあり、何としても今から3軒は実食させて頂きたいと計画、明日に響かない様に、しかししっかり行きたい思いが強く、此処からは静止画、動画を撮りながらいざ実行。そしてその前に今回ばりばり使用するであろう路面電車、それを考慮して事前に調べていた1日フリー乗車券もなんとかスムーズに購入出来ホッ、とした(笑)。



entry_img_2450.jpg



Column0161 2019年2発目もビューン!やって来た鹿児島。出発から到着編(半ダイジェスト)

皆様こんばんは、本日は遠征後の仕事、なんとかこなし通常モードに持って来る事が出来た、切替バッチリものグラムです(笑)。それにしても我が住まい、コチラもかなり暖かく、2月らしくない気温でしたが、その後の反動が実はコワい(笑)。しかし今日はなかなか快適で身体的ストレスは全く感じなかった久々でした。では!行って来たらすぐにアップ!は当たり前なんですが、今までそれが出来ていなかった為(笑)、出来るだけ次に...




鹿児島中央駅から見えるこの路面電車、いよいよ初乗車の時が迫る。そういえば個人的には広島の路面電車に約10年前に乗ったのが初で、それ以降人生で2度目。しかし今回はスクラッチ式1日フリーなのでコワいものなど何も無い(笑)、無敵だもんね〜〜!と思いながらも、油断はアカン。何が起こるかわからんぞ!と、今までの人生経験からヤバいと思い無敵撤回(笑)。


それにしてもこの独特の風景が堪らない。


あ、そうや、今日泊まるホテルって駅スグのハズやけどどこかいな?


と、地図と名前等しっかりスマホのスクショで見られる様保存してあった、それを見ると、え”っ!!こ、これか!!



th_1900000208IMG_4445.jpg



実はこの路面電車のホーム向かい、バス到着時のビル、これこそが今回の宿泊先。この鹿児島中央ターミナルビルの7階以上がホテルとなっており、今回はそこを知らずながら予約していたのにビックリ。鹿児島中央駅〜鹿児島空港の直行バスは特に乗り場がわかりづらいとの声があり、ビビりながらしっかり調べていたのは事実(笑)、それがなんとホテルの下が乗り場だという事がこの時点で判明。かなりかなりホッとする。(笑)


いや、来てみればめちゃわかりやすいやん〜!と思いながら(笑)、実はそこまで複雑では無い、しかし下調べをしていないとまさかこんな所にバス乗り場があるのか?と言うのも大いに理解出来た。もし鹿児島に行きたい、そして初めてでフライト旅の方は鹿児島中央ターミナルビルに鹿児島空港直行バスがあるのをインプットして頂きたい。(と思います)


此処からの路面電車の景色、この車内の中の一員と思うと堪らない瞬間。1軒目まではもう直ぐの筈、しかしその間も撮影に必死なのは正直な所(笑)。


そしてやっと!ココかあ!テレビ画面で見る印象とは全く違うなあ!と、やっと着いた喜びは大きかった。



th_1900000208IMG_4448.jpg



天文館、鹿児島と言えばのワードのひとつでもあるこの場所、いよいよこの商店街の中に目的の店舗がある。この時点から少しどきどきし始める(笑)。



th_1900000208IMG_4451.jpg



この活気ある光景に喜びを感じながら、細進めるが、実はこのメイン通りにには無いのが判明(おそ笑)。



th_1900000208IMG_4453.jpg



しかしメインから外れ即発見。い、い、いよいよ来たかあ!今度は血圧上昇(笑)、1軒目はまず此処からと決めていた。



th_1900000208IMG_4454.jpg



鹿児島初の1軒目はこむらさき。まずはこの味わいを頂きたいと思いイン。しかしメインから外れたこの場所でずっと創業時から営業されていたそうで、存在感はかなりあった。



th_1900000208IMG_4493.jpg



th_1900000208IMG_4502.jpg



詳細についてはショップメン記事にてお伝えさせて頂き割愛(しっかりご紹介させて頂きますのでお楽しみに宜しくお願い致します。)ながら、この仕上がりのビジュアルは此処だけの個性と言える仕上がり。メインのラーメンが出来るまで、おもてなしとしてお茶と漬物が提供されるのはこの鹿児島スタイルの特徴。しかしお冷と別にポットでお茶が用意されていたのにはかなり驚lき、そして喜びは大きかった。



そして一瞬の時が過ぎ実食終了。2軒目もすぐ近く。此処も外せない、外したく無い店舗だった、が。



th_1900000208IMG_4528.jpg



んへっ?し、支度中?う、うせやん?


と、いや、ホンマである(笑)。なんと下調べでは営業中の筈ながら、イレギュラーで工事の業者が入っている様だった、今回外したく無かったのがのぼる屋。鹿児島ラーメン界を牽引された老舗で、惜しくも廃業されたながら同じ暖簾を掲げ新たに営業されるドラマがあった、それを是非頂きたいと思っていたながら、残念。しかしコチラは宿題店としてキープさせて頂きたく、今回はご縁では無かったと思う様にし、その代わりの今回のご縁を探す。


そのご縁はその後一瞬で見つかった。2軒目。この出会いも正直嬉しかった。



th_1900000208IMG_4553.jpg



コチラも老舗の店舗。のり一。正直今回ご縁があるとは思っておらず(カップ麺等商品化された店舗優先で実食を行なっている為(しかしそればかりに拘っているわけではありません))、しかしこの店舗の味わいを頂けるのは正直嬉しかった。昔ながらの雰囲気を十二分に感させる、外観内装も五感の一部、今回まさかのご縁に躊躇するもご対、麺。



th_1900000208IMG_4540.jpg



このシンプルさの奥の味わいを経験を重ねる中で少しづつながら理解出来る様になって来た気がした、貴重な一期一会。


この時点で13:24。思った以上に早く2軒の実食が出来たながらも脳内メモリはいつも不足で感性追いつかず(笑)。しかし腹具合はまだ行ける!と思った喜びが大きく(笑)、それまで正直言うと1日カップ麺1食の生活が数日続く不調だったのが信じられず、この日の為にマイカラダがフルで働いてくれているのを感じた瞬間だった。(笑)


此処からは本日最終の3軒目ながら、路面電車で少し離れた場所にあり。その前にこれも目に収めておきたいと来させて頂いた。しかしどうしても頂くのは無理で断念。ただの観光では無いガチラーメン遠征のさが。



th_1900000208IMG_4560.jpg



天文館むじゃき。鹿児島と言えばしろくま。その中でも一番有名と言えるのがコチラで、全国的にもかなり有名だろう、そこに来れた喜びは大きかった。ながらどうしてもしろくまを頂けないのはラーメン道で来た故(笑)。



th_1900000208IMG_4561.jpg



しろくま、無邪気、このワードと共に子供しろくまが店舗外観にもあるこの光景から、しろくま連想の極寒とは真逆の温かさを感じ、本当にほっこりした気分に浸れた。本当は頂きたい!ながら麺まんはそれを堪え(笑)、どうしてもあと1軒、そこもどうしても外したく無い思いが強く、しろくまを払拭、切り替え路面電車の駅へ向かった。



th_1900000208IMG_4563.jpg



この時13:50。いつもの実食からはかなりペース遅く、次へいつ着くのかも実際はわからない状態。15時には全て実食をすませ、夜は恒例のひとり宴をしたいのもあり(笑)、急ぎたい気持ちが大きかった。あと1軒!なんとしても食らうで!



はいっ!
今回はココまででした。半ダイジェスト、このペースで良いでしょうか?ですが(笑)、1日目の鹿児島初上陸はフラれながらも順調でした(笑)。後は1軒の実食と、宴調達、そして調達遠征としてもココでしか手に入れられない家庭用麺ももちろん最低限で調達予定(思った以上にあったら逃げるけど笑)。



次回は1日目〆まで進められる様参りますので宜しくお願い致します!















ものグラムインフォ:Instagram(cupmen)/Instagram(RAMENSHOP)/Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 遠征 食べ歩き ラーメン旅 鹿児島 南九州

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク