TOP > インスタメン調達遠征旅 > title - Column0163 2019年2発目もビューン!やって来た鹿児島。1日目3軒目からチェックイン編(半ダイジェスト)

Column0163 2019年2発目もビューン!やって来た鹿児島。1日目3軒目からチェックイン編(半ダイジェスト)

皆様こんばんは、


本日、実はオフ、昼前に現地に着く様に実食に出掛け、昼過ぎに帰ってから今迄ずっと作業していた、え?もうこんな時間?ものグラムです(笑)。


その詳細はいつになるかまだわかりませんが必ずおわかり頂けるハズ(ほんまか笑)!前向きに進めている計画があり準備中。い、い、いよいよこの時が来たんか〜、と(いやなんかい笑)、今日はかなり頭の中が朦朧としてるのは正直な所です(笑)。


では!
本日も頭パンク寸前ですが(笑)なんとか元気!おしゃいぐでっ!!






前回迄はいよいよ鹿児島中央駅に着き、実食行動開始、路面電車である鹿児島市電に乗り天文館へ。そしてそこでまず第1の実食と決めていた「こむらさき」に着き実食。そして2軒目も決めていた、ながらなんとイレギュラーの休みだったのが「のぼる屋」。実は幻の店で一旦閉業したものの復活されたのがこの店舗。実はカップ麺商品化もされているお店だったのは今明かす(笑)。そしてその実食が出来なかった分、新たなご縁があったのは実は老舗の「のり一(のりいち)」。実はコチラにも絶対に行かせて頂きたい店舗ではあったので嬉しいご縁だった。


そして此処から場所を移し、いよいよ本日の実食最終の店舗に向かう、迄。2月5日13:50。



entry_img_2451.jpg



Column0162 2019年2発目もビューン!やって来た鹿児島。1日目いよいよ実食編(半ダイジェスト)

皆様こんばんは、昨日言葉に出していた、この2月らしくない暖かさの反動がコワいと言うと、本日速攻でその寒波がやって来た、こ、こわ〜ものグラムです(笑)。特に明日は関東では雪への注意喚起がされていますね。我が住まいでは雪の気配はないながらも、本日夕方頃から特に冷えこんで来た感覚で、さっぶ〜!と言いながら帰って来ました(笑)。では!さらに反動で今暖房ばりばりですが(笑)、なんとか元気に参ります。っいぐで...




もう乗り方は理解出来完璧、と、スクラッチ式の1日乗車券をワンマンの運転手さんに見せるだけで実はオッケーだった(笑)、今日1日怖いもんないもんね〜と思いながら(笑)、この天文館から移動。


しかし何も考えていなかった我が一瞬のリラックス脳は完全油断、少しして逆走している事に気付く(笑)。そして乗り換えたのが功を奏したのは結果なのだが、実は市電には2系統の路線があり、次に向かう店舗にはもうひとつの系統の電車に乗らなければならなかったものの、逆走後に戻る電車がたまたま1系統と言う今から行く場所のものでセーフ。(笑)ちなみに鹿児島中央から天文館、最終は鹿児島駅の間が2系統である。



th_1900000209IMG_4576 2



到着は14:16。出来るだけ早い時間で済ませたいのはホテル部屋での宴の為(笑)。しかし今現在実食2軒、今回はまだ行ける!と、やはりマイカラダがかなり準備を整えてくれている様で感謝の念が湧く。(笑)


此処からは徒歩で少し離れた場所にあり、通常は車で行くだろう店舗でもある(笑)。しかし行ける距離なので歩く。(笑)


そしていよいよ見えて来た、ああこれかあ!た、たまらん〜!の瞬間がコチラ。



th_1900000209IMG_4588.jpg


鹿児島のラーメンでは外せない地元に愛されている味わい、さぼんラーメン 与次郎店。実は鹿児島中央駅すぐにもあるのは承知しながらも、やはり此処に来なければと思い到着。14:36。(詳細はショップ麺、店舗紹介でしっかり書かせて頂きたいと思いますので宜しくお願い致します)



そしてオーダーし、いよいよやって来た一杯。



th_1900000209IMG_4616.jpg



見た目としてはシンプルな豚骨ラーメン。しかし我が地ではなかなか頂けないだろう白濁ながらさらっとして仕上がりが印象的。実は3軒3食頂いたながら腹具合も満腹は満腹ながらに苦しさは無く(笑)、鹿児島のラーメンのライトさを感じさせた。


店を出たのが15時過ぎ、出発からは8時間が経過。いよいよ帰りたい気分、いや、チェックインしたい気分と、まだ鹿児島の他の景色も堪能したい気持ちでカオス的になる(笑)、でもやはり少し休みたい気分で(笑)元来た道に戻り、1、2系統もしっかり把握出来たのもあり(笑)、スムーズに鹿児島中央駅に到着。



th_1900000209IMG_4703.jpg



コレが今回泊まるホテルなんかあ、なかなか期待してもいいんじゃない?と、実は桜島ビューの部屋を今回チョイス。宿泊費は今までの遠征で一番高い約1万円。しかし人生初の桜島、今日来てまだ1回も見てないしいいんでないの?と(笑)、少しだけ贅沢させて頂いた。16:20。



th_1900000209IMG_4699.jpg



駅にある有名な像、若き薩摩の群像。結構な存在感。


当時の幕府は、日本人の海外渡航を禁じていたので甑島への出張として,1865年,英国貿易商グラバーが用意した蒸気船オースタライエン号でロンドンに出航した。
ロンドンに着くと,大学に留学,その後,大部分の人がアメリカやフランスに渡り,留学生活を続けた。
帰国後,明治政府に仕えて,留学の成果を大きく発揮した。
このように薩摩藩当局の勇気ある決断と若き薩摩の青年たちの積極的な熱意は日本の歴史を大きく転換させた。

 使節団・留学生は以下の人物

新納久脩(使節団・監督)
寺島 宗則(使節団)
五代 友厚(使節団)

町田 久成(学頭)
村橋 久成(サッポロビール創始者)
畠山 義成(東京開成学校(現在の東京大学)初代校長)
名越 時成(語学教師)
鮫島 尚信(フランス特命全権公使・外務大輔次官)
田中 盛明(生野鉱山局長)
吉田 清成農商務大輔次官枢密院顧問官
中村 博愛(オランダ公使)
松村淳蔵(市来和彦(海軍中尉)
東郷 愛之進(戊申の役で戦死)
森 有礼(初代文部大臣)
町田 清次郎(不明)
町田 実積(不明)
長沢 鼎(アメリカのワイン王)
堀 孝之(通訳)
高見 弥一(土佐藩出身)

鹿児島の偉人達 〜鹿児島の銅像〜より引用




と、鹿児島、薩摩は凄いなと思いながら撮影。その後凄いなと思った一瞬が過ぎ、回れ右。(すみません笑)



th_1900000209IMG_4705.jpg



反対側が鹿児島中央駅、そしてこの観覧車のある存在感大の建物はアミュプラザと言う商業施設。入ってみる。



th_1900000209IMG_4721.jpg



すると、なんと先程行ったばかりのこむらさきがこの駅直ぐの地下に。そしてその先に見えるは



th_1900000209IMG_4724.jpg



ざぼんラーメン。
さっきどっちも路面電車に逆走に徒歩に、めっちゃ時間浪費したがな!と、一瞬思うものの、やはり本店、本部に行かせて頂くのがこの道で紹介させて頂きたいのもあり、実は全くダメージは無かった(笑)。しかしこの2軒が隣同士で営業されているのも凄い、し、実はさらに奥にはしろくまのむじゃきまであった、本日メニューの全てがお隣さんだったのはビックリ、と言うか超有名だからだろう。



もうアカンとチェックイン。



th_1900000209IMG_4729.jpg



このアミュプラザから地下通路直結の素晴らしさを感じながら鹿児島中央ターミナルビルにインし、地下からホテル専用エレベーターに乗る、いよいよがコチラ。実は初日ながらかなり脳内メモリ不足で情報処理が追いつかない、そしてただ単に体力的に消耗していたとも言える(笑)、やっとこさや〜堪らん〜イン。(笑)



th_1900000209IMG_4746.jpg



おおっ!
決して広いわけでは無いものの、シックな落ち着きと高級感を感じさせた瞬間。さらに進むと。



th_1900000209IMG_4748.jpg


今回は無駄に広く無い仕様ながら(笑)、無駄にダブルである(笑)。しかし今回は今までのホテルとは違い壁面ミラーアンドテーブル形式では無い鏡越しの自分との対峙が無いのは素晴らしい(笑)、しかし記事編集作業は奥のソファとテーブル。今までに無い環境に少々戸惑いはあったものの(笑)、ええ宴ができそうやんか〜、燃える(笑)。


そしていよいよ初のご対面となる瞬間、桜島ビューイング。お初お目にかかります、よ、よよ.....



th_1900000209IMG_4749.jpg



霞んでほぼ見えない。(笑)うっそ〜〜んっ!!と思うしか無かった(笑)。


しかしやはり価格だけありミネラルウォーターが2本サービスで置いてあり、その横にはなんと。



th_1900000209IMG_4754.jpg



Wi-fi接続でフリーに使えるスマホがある。主に海外からの旅行者向けのサービスだろう、さすがと思えたサービス。個人的にはホテル内Wi-fi接続で自分のスマホが一番勝手が良いのでラーメン検索をした以降は使用していない(笑)。


此処からしばし、ゆっくりした時間を過ごしたものの、17:20、このままゆっくり記事アップ、そして宴で終わらせるのには納得出来ないもやもやがあった。


以上ココまで。
このもやもやがどう作用するのか?次回明らかになります(笑)。初日も本当にあっという間、でもその流れで終わらさへんで〜!と続きます。



ものグラムインフォ:Instagram(cupmen)/Instagram(RAMENSHOP)/Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : ラーメン 遠征 食べ歩き ラーメン旅 鹿児島 南九州

    関連記事
    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク