TOP > CATEGORY - インスタメン調達遠征旅

Column0137 2018年7発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その3

皆様こんばんは、


本日昼過ぎ、JRの事故により約2時間弱、阪神間の運転が見合わせ。午後4時過ぎから運転再開され、帰り、いつもより10分早いタイミングで電車が来た、かなり喜んだものの、いざ最寄駅に着くといつもの25分遅くに着いた、ん〜〜、もう〜〜っ!ものグラムです(笑)。


いやあ、ラッキーなんて思ってしまったワタシが甘すぎの甘々すぎでした(笑)。途中ある駅から全く動かなくなり、それが大きかったみたいで、個人的にはこの夜の時間、1分1秒がお宝なのでげんなり(笑)。しかし押した分は必ず取り返す!とシャワータイムを手短に済ませ、今ぱちゃぱちゃは、、そんなに変わらない、少し押しかな、程度まで来ました(笑)。



では!
本日は遠征ダイジェストを挟んで実食!と参りたかったものの、写真編集等の時間もあり、今回この流れで連発の遠征ダイジェスト、参りたいと思います(笑)。どこがダイジェストやねん!?かもしれませんが、遠征記事の当ブログ比約80%カットで進めている次第(笑)、のつもり。(笑)


と言いながら少し通常に戻りつつはあるんですが(笑)、今回は完結まで時間をかけません!(当ブログ比笑)



おっしゃいぐでっ!!!







前回までは仙台空港から紫波まで来て1軒の実食、今回岩手はこの1軒に全てを注ぎ実食終了。そしてそこから秋田へ向かい、その合間に調達遠征が入り、当初予定より遥かに多い仕入れをしてしまう。しかしそれはいつもの事でもあり(笑)、想定内と言えば想定内か?思わぬ仕入れもしてしまった。。



entry_img_2351.jpg


Column0136 2018年7発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その2

秋田犬、これは正直本気で想定外(笑)。麺に意識が行っており、秋田と言えばの中のリストに無かった。完全やられた感がありながらも、か、かわええ、と思わず手に取ってしまった。


実はこのぬいぐるみをレジに持って行った際、



「わん!わん!わわわん!」



と小さく聞こえ、あれ?これって振ったりしたら音声が出るやつ?と思い、車内で振ってみるも全く反応無し。あっれ〜?と思っていると、まさかのまさか、実は女性店員が口をほぼ開けない状態で言っていた、このぬいぐるみが売れるのがそんなに久々だったのだろうか?車内でわんこを振り耳を傾けたわい、カッコ悪すぎちゃうん?と思ふ。(笑)



そしてそこからはもう秋田中心地直ぐ、ホテルまで10kmを切った所で、本日の晩酌、宴タイムの調達。しかしココでも調達遠征リサーチが待っている。嫌なんかい?だがそうでは無い、嬉しいんだけどもう懐も帰りの事も、家のストックの事も、全てにおいて複雑。(笑)しかし丁度良くそのスーパーが見つかったのでイン。あるスーパーの売り場。



th_1800001102IMG_4732.jpg



まずはスーパーにもお土産コーナーがあり、そこにもやはり麺は鎮座。嬉しいが今回は断念(笑)。



th_1800001102IMG_4735.jpg



比内地鶏を打ち出した商品が多いのも特徴。コチラも初見ながらメーカー等チェックし断念。残念(笑)。



th_1800001102IMG_4739.jpg



そして一般の即席麺コーナー。やはりかなり規模の大きい売り場。東北の即席麺消費量は全国でトップクラスだが、実は寒冷地で冬季は備蓄にもってこいというのが大きい。しかしそれだけでは無く、即席麺のクオリティがどんどん高まっている、そして麺需要自体が大きいのもあるだろう。しかし実は全国様々に見て来た中で特別な大きさを感じなかったのも事実ではあった。



th_1800001102IMG_4740.jpg



この1番上がストックでその下、エースコックの東北タテカップシリーズがしっかり並んでいるのがご当地らしさを唯一感じさせる。最近マルちゃんの激めんワンタンメンシリーズが全国販売へ拡大し、日本全国の即席麺ボーダーがなくなりつつある、それを嬉しいとも捉えられるものの、地方に来る楽しみがひとつ減る様にも感じられ複雑。しかしこの東北ヌードルはこの地に来ないとなかなか通常では手に入れられない品々。



th_1800001102IMG_4745.jpg



1番上に秋田醤油ラーメン、そして1番下には納豆!実はあまり好き嫌いは多く無い方だと自負しているが納豆は苦手(笑)。しかしこれは手に入れたい!とも思いながら断念、いや、本当に断念(笑)。



こうして1品だけ仕入れ、宴準備完了(笑)。



今現在はもうゴール手前のコチラ。



th_1800001102IMG_4737.jpg



そしていよいよ到着。



th_1800001102IMG_4750.jpg



ああ、なんとか無事来れた、走行距離340km、17:27、もう真っ暗、個人的には深夜を思わせる感覚だった(笑)。



th_1800001102IMG_4751.jpg



いや、ホンマにわいの足の代わりとなってよ〜働いてくれた、ホンマありがとうなノート君!と、多少偉そうながらも偉そうに思ってみる(笑)。本当にクルマのありがたさに感謝。もう今日は乗る事ないし、もうゆっくりさせて〜〜、到着させて〜〜!と、結構疲労困憊(笑)。



th_1800001102IMG_4752.jpg



駐車場はホテルには無く、提携の立体駐車場で、そこを降り出るとこの光景。独特の光景、アーケードで学生がかなり多かった印象。あれ?こんな夜遅くに、あ、わいが勝手に夜中化しとっただけやった(笑)。。。



th_1800001102IMG_4763.jpg



実は寒いかと思っていたものの、薄手のコートを着る機会は殆ど無く、唯一今この時間帯だけが必要に感じた位。秋田の駅直ぐのホテルまでは目と鼻の先、秋田駅直ぐの光景。これも独特で目に焼き付けたいと一枚。



th_1800001102IMG_4768.jpg



そう、振り返ると宿だった、この手前は西武百貨店で、同じ建物の中にホテル。いや、やっと来れた。17:37。おっさんは完全感覚としては22:00位だった(笑)。。



th_1800001102IMG_4765.jpg



嗚呼、ええなあ〜。



そう思うのは晩酌したいだった(笑)。しかしそれが出来ない、いや、記事さえ書けば行ける、そうよ、本日最後の大きな、もう仕事的な記事アップ。時間はまだまだある。まずチェックインしかない。



th_1800001102IMG_4771.jpg



おおっ!
今回もなかなかの広さのダブル一人仕様、この広さは嬉しいながら手前のイスとその正面の鏡の向こうの自分自身との対峙が主になるだろう(笑)、ちょ、ゆっくりさせて〜〜!



th_1800001102IMG_4775.jpg



今までの若干張り詰めた時間を和らげる為と言い訳し一口。あ、し、しみる。(笑)。しかしここでしんどさがどっと来ては後のメニュー、特に記事アップが出来ない。(笑)。しかしちょっとだけゆっくりさせてよね、一服。



少しだけ染みた所で、現地に来ながらあまりにもそれを感じない自分をいかんと思い(笑)、駅周辺だけ散策させて頂こうと出発。約1時間後の18:30。



th_1800001102IMG_4786.jpg



駐車場から出て来たこのアーケードに戻り、この正面先が秋田駅。期待膨らむ。しかしもう調達は要らんで!とも思いながら(笑)、一杯だけし程よく気分上昇で進む。



th_1800001102IMG_4788.jpg



やっぱり来たんやな!秋田!



実感があまり湧かない中、こうした文字も実感に繋がる。いやあ、ホンマに来れた。些細な事だがそれが大きく盛り上がる(笑)。


そしていよいよその先、エスカレーターを上り駅構内へ。



th_1800001102IMG_4792.jpg



おお!
めっちゃいい感じ!


ここだけの独特の空間がありそれを初で感じられるこの一瞬が一番堪らない。この景色は印象に残る一瞬。



th_1800001102IMG_4798.jpg



秋田、やはり来れたのか?来たのはわかるながらにこうしたイメージがよりテンションを上げる。



th_1800001102IMG_4810.jpg


改札口。
これもありそうで無い光景で、



th_1800001102IMG_4809.jpg



この提灯も堪らない。しかし古き良きでは無く今現在の最新と歴史の融合、この空間づくり、いや、我が地では全く味わえないからこそいいのかもしれない。このまま電車に乗ってみたい気もするが身体は結構来ている(笑)。



この改札反対側にお土産店、コンビニが一体となった売り場があり、コレも堪らんなあ、と入る。



th_1800001102IMG_4800.jpg



お父ちゃんごめんなさい、だが(笑)、この先にはなまはげ。本日なまはげを思いお土産をいろいろみて来たのは、あるスタッフがなまはげキーホルダーが欲しいというのがあり、それを探すのに結構注力。しかし個人的にも秋田ってなまはげよなあ、こうして売り場にしっかりなまはげがあるけど、当たり前ながらに少し離れるとここまでなまはげ感は無いよなあ、と、キーホルダーゲット。



そしてその売り場を出るそこにふと目に入って来たもの。



th_1800001102IMG_4803.jpg



ガチャガチャ。
普段このガチャガチャに100%意識を持って行かれる事は無いながら、ふと目にし、異様に気になったのが今回。今までの遠征でもガチャが出て来た事は1度も無い。しかし気になりしょうがなかった。




th_1800001102IMG_4805.jpg



それはやはりこのなまはげ。400円もするこのガチャ、普段なら絶対に回さない、しかし高揚していたのもあり、財布を開けると400円、しっかりあるのもあり(笑)、ガチャ自体何年振り、いや、子供時分以来かな、ほぼそうだろう記憶に無いぶりのガチャをする、個人的に異例中の異例。



th_1800001102IMG_4807.jpg



やった!
コレがガチャか、いやあ、童心に帰ったか?いや、おっさんのままである(笑)。



しかしこの人生、20〜40代では初となるガチャをした、いや、ごく普通に吸い寄せられ自然にしてしまった感覚、今思えば普段なら絶対して無いと思ったこのひと時。このどうでもいいガチャが証を示してくれているのは帰ってからしか分かり得なかった。この時は正直満身創痍だった秋田到着。。




と、少し歯切れの悪い所で終了です。(笑)
しかしココが最大に大きかったと言えます。ガチャに何があるねん?ですよね。ワタシ自身そう思います(笑)。しかしその後紐解く流れがありました。



ダイジェストの様でダイジェストちゃうやん?ですが(笑)、等ブログ遠征80%カットでこの位です(笑)、続きお楽しみに頂けると嬉しいです。



ココまで。
では明日はラーメンにシフトさせて頂きたいかなと思うんですが(笑)、この3日間商品紹介出来ず申し訳ございませんでした(笑)。



ではまた明日!



blogramで人気ブログを分析


ランキング参加中です☆
応援ポチりといただけますとウレシいです☆
いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : インスタントラーメン ラーメン 秋田 遠征

    Column0136 2018年7発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その2

    皆様こんばんは、


    本日出発前、部屋の中には角度の低くなった太陽が目一杯入り、若干暑く感じられ、ロンTに薄手のコートで出発した、その後丸1日後悔する羽目になった、さっぶ〜!ものグラムです(笑)。


    玄関を出た瞬間にあ、アカンかも?と思ったんですけども(笑)、ま、まあ昼にかけて暖かくなるやろ、コレが間違っとった(笑)。夕方から夜にかけての寒さにはよ〜〜!時間過ぎて〜〜!と本当に思ってしまった、明日はしっかり装備しようと思ったワタシでした(笑)。



    しかし元気っす!何があっても負けへんで!と思いながら、本日もしっかり!今日も遠征続き!いぐでっ!!!







    前回は出発から1軒目到着まで、7時間掛かり到着はちょうどお昼時。夢のお告げで来てしまった、そんな遠征ある?なのだがワタシにはある、大アリなのである(笑)。しかし人生2回目の岩手県、もちろんこのラーメン道初のこの地の初めてのお店。それが夢のお告げだとは、誰にも言えない(ゆーとるがな笑)。



    entry_img_2350.jpg



    Column0135 2018年7発目、東北岩手・秋田遠征ダイジェスト その1


    大きな邸宅に見えるが実は店舗、岩手県紫波郡紫波町にある洋食店、ビアック大盛軒。いよいよ来てしまったか、いや、コチラ目掛けて来たのだ、いぐで〜〜!よっしゃきた〜〜!ながら、やはり本気で着いちゃった?というのが本当のトコロ。



    ではイン。



    th_1800001101IMG_4582.jpg



    この内装が夢の抽象的なイメージに近いかと言えば、この様でもありそうでも無いかもしれない、しかしこの様な神々しさ、眩しくて見えない感覚はあったのは事実。



    th_1800001101IMG_4583.jpg



    お客さんは他にいらっしゃったものの、この空間はワタシ一人貸切状態。このシチュエーション自体がヤバい。こんな贅沢な空間を独り占めしていいのだろうか?あくまで実食に来ただけではあるものの、実食中集中して頂ける、いや、高揚してしまいそうなのをなんとか抑え、メニューからチョイス。



    th_1800001101IMG_4596.jpg



    夢の通りにまず豚カツ。この地の有名なブランドは白金豚(はっきんとん)。危うくハンバーグカツドミソースセットを頼んでしまいそうになるが(笑)、やはり白金、プラチナポーク、実は紫波SAで白金豚ラーメンを見ていなかったらこのチョイスには至っていなかっただろう、白金豚は知りながらもこの地のブランドであったというのを知っていなかった為。本気でハンバーグカツドミソースに行ってしまう所だった(笑)。



    th_1800001101IMG_4608.jpg


    肉厚しっかり、かなりジューシー、そして思った以上にボリュームしっかり。や、ヤバい、と思ふ(笑)。



    しかしもちろんラーメン遠征、しっかりオーダーし直ぐにやって来た。



    th_1800001101IMG_4619.jpg



    シンプルで素朴でもあるビジュアルながら、一口啜ると、淡麗な旨味と醤油の香り、そして予想以上の熱さが堪らなく美味しかった、王道やみつきな美味しさで、無化調煮干しの他でも味わえそうでこのお店独自の味わい。ラーメン屋では無いながらのハイクオリティな一品に驚きながら、これこそがお告げだったのかもしれない、まだ実感が湧かないながらにそれぞれ完食。もう満腹度数はマックス(笑)。今回東北岩手秋田遠征実食、初日之にて終了。(笑)



    そしてそこから、会計時にお話させて頂き、取材的な運びになったのが意外、時間は決して長くは無かったものの、ワタシの名前やブロガーをさせて頂いている事、今回記事にさせて頂く事をお伝えすると、ご主人、奥さん共に色々お話下さった、元は割烹で10年前にこの場所に洋食屋として店舗を構え、地元に根ざし愛されているお店だという事、そしてラーメン屋では無いんですが、と謙虚ながらハイクオリティの無化調ラーメンを提供される、「うちは提供出来る味わいはなんでもさせて頂こうと思っています」、力強いお言葉を頂いたのが印象的だった。



    th_1800001101IMG_4654.jpg



    実はかなりアットホームで温かい空間だったひとときが夢のお告げアンサーだった、いや、ホンマにこんな展開になるなんてビックリ!ま、まぢでっ?と内心思いながら(笑)、今回のご縁に感謝。これこそが旅の醍醐味であると、そう思いこの場を後にした。(この日の夜遅くに必ず記事をアップさせて頂くとお伝えさせて頂きました)


    shopmenfile045 ビアック 大盛軒 煮干しラーメン(+白金豚カツ定食)



    しかし此方がゴールでは無い!
    おっしゃと言い聞かせ、次に向かう、いや、本日ゴールは秋田。今現在岩手県盛岡の手前紫波町。ナビをセットすると約120kmもある。仙台からこの場所までは約200km、しかし高速を使っての到着。今現在13:06。今回のビアックさんには約50分も滞在していた事になる、遠征滞在最長記録である(笑)。あれ?一瞬の感覚だったんだけどなあ、人の感覚の曖昧さをとても感じさせた(笑)。



    そしてクルマ発進、進めると直ぐに地元に根ざしたローカルなスーパーを発見。コレは絶対に見逃せない(笑)。しかし今回は調達はあくまでサブ中のサブ。余程の物でない限り買うたらあかん!と自分に言い聞かせ、はいはい〜と気持ちはスルー(笑)。この流れは結構仕入れてしまいそう(笑)。しかしせっかく遥々この遠い地に来て完全スルーはなるまい。インし調達遠征のこんなのがありましたよ〜と、ご覧頂きたく此方。



    th_1800001101IMG_4663.jpg



    うっわ!じゃじゃ麺めっちゃあるやんか〜〜!しかも旭川とか、盛岡冷麺、戸田久さんのチルドがこんなにもあったんか!?



    この地でしか見られない、スーパーの当たり前な光景をじっくり見てみると地域によって全く違う商品陳列がされている。これこそが我がインスタント、チルド麺道の最大のご紹介ポイントでもある。しかし同時に自分自身がフリーズ。(笑)この中でどれをチョイスするよ?となる(笑)。



    th_1800001101IMG_4667.jpg



    実はこの一枚の中の情報量も半端ない。マルちゃんの北の味わいもそう、戸田久の煮干し醤油らーめんも初見、その隣の盛岡みそ、あ、コレ仕入れてない!意外と肉眼、というか意識はこのカメラの視野より狭く(笑)、嗚呼、と思ふ(笑)。



    いや、調達遠征では無い!サブが調達!調達の前に食え!食いまくれ!と、葛藤(笑)。



    あと、この地を感じさせるもの。



    th_1800001101IMG_4669.jpg



    漬物である。この様に簡易パウチで鮮度の高い漬物が売られている地域はそんなに多く無い。我が関西、近畿ではこの様な状態でスーパーで販売されているのは無く、この光景はかなり新鮮に感じられた。しかし美味しそう。



    そしてこのスーパー最後。



    th_1800001101IMG_4674.jpg



    思わずカゴに入れてしまいそうになる衝動を抑えるのに必死。や、やっす〜〜!!だが、帰路は飛行機。空港でネギをリュックから垣間見せるチラ見仕様は出来ない事は無いが800km離れた地でする事では無いだろう(笑)、それにしても我が地の価格はこの2倍以上。なんとか衝動を抑えきった(笑)。



    しかし。



    th_1800001101IMG_4676.jpg



    確実に仕入れている。(笑)この段階でこれらを手荷物として飛行機に乗せる手段は無理なのが判明(笑)。まあええかと思ふ(笑)。ちなみにこの傘はレンタカーでどうぞと言われ借りたものの、未だに使っていない(笑)。



    th_1800001101IMG_4677.jpg



    1軒目から全く進んでいないが(笑)、ココからは下道で本気で進む。13:45。この間お腹チェックも欠かさず行ったのもあり結構な時間を要した(笑)。



    th_1800001101IMG_4695.jpg



    紫波からやっと北上をすると(笑)人生二度目の盛岡の地に。しかし1度目は10年以上前で新幹線だった、なのでこの道を走っていても全く二度目の感覚は無し。しかし前方に見える存在感大の山は岩手山。この山は憶えがある、しかも雫石かあ、我が本業ではかなりご縁のある場所。その雫石ルートを進み秋田へ進む。14:23。



    th_1800001101IMG_4697.jpg



    クルマを走らせながら自然を満喫させられる一瞬。神秘的に一点が照らされたこの光景に萌える(笑)。



    この下道約120kmの工程は高速200kmの道のりと比べると遥かに長く感じられ、実際にそれ以上の時間が掛かる。しかし電車、飛行機のフライト、クルマ高速、下道。それぞれの時間軸を感じるのも旅の醍醐味のひとつなのは間違いない。それにしても一般的観光地をどんどんスルーする辺りが個人的ゴーイングマイウェイ、もったいな〜と言われる所存(笑)。



    しかし。



    th_1800001101IMG_4700.jpg



    紅葉はこの地では始まっており見られただけで十分。走行中押さえられない光景を目に焼き付けた、つもり(笑)。




    そしてとうに秋田県境を越え、もうすぐ到着の前、道の駅に吸い寄せられた。後30km程で本日の宿、ドライブ時間もトータル6時間弱に差し掛かった所。



    th_1800001101IMG_4708.jpg



    道の駅 協和 四季の森



    この時15:43。東北というのもあり、我が住まい近畿圏の日差しと全く違う夕方を感じさせる。ここでトイレ休憩、というか眠気マックスだったのは今明かし(笑)、もちろんトイレ休憩ながらお土産コーナー、緊張させるひと時が待っている(笑)。いざ!進む。


    その前に現在地。



    th_1800001101IMG_4710.jpg



    中央左の赤い点が現在地。秋田までもうほんのわずか。しかし油断はならない。安全運転を心がけたものの、そのスローが眠気を誘引し(笑)、今回この道の駅にも誘引されたワケだ、あ、いやコレもご縁。ではいざ!入ると、



    わあ!!



    th_1800001101IMG_4712.jpg



    清潔さと明るさ、木のぬくもりを感じさせる内装。道の駅独自、SAやPAとは違う雰囲気も堪らない(笑)。ココにもしっかりお土産が販売されており、最後のチェックが待っている。覚悟!(笑)



    th_1800001101IMG_4715.jpg



    あ、横手やきそばは有名だしわかってましたよ、それと比内地鶏のラーメンね、コレは持ってないけど今回はパスかな、黄色い末廣さんは、いぐでっ!ですよ、でもコレは実は入手済み。あ、きりたんぽ!やはり特色見えていい感じ!(ホッとする笑)



    そしてこれだけではないだろうチェック。




    th_1800001101IMG_4719 2



    あっ!
    秋田って秋田犬!あ、わすれとった〜。。しかしかわいいなあ。(笑)。実は惚れた(笑)。秋田犬かあ、正直麺々で来てたので不意打ち(笑)。やられた感満載だった(笑)。



    そして。



    th_1800001101IMG_4717.jpg




    んもうっ!!ねぎやっすう!すぎやねんっ!!もろて帰りたいねん!



    って、どれだけネギまんかはわからないものの、妙にねぎに燃えるワタシ自分自身、この安さに燃えすぎた(笑)。しかし断念(笑)。



    th_1800001101IMG_4720.jpg


    今日はよう頑張ってくれた相棒よ、あともう少しでゴールや!頼んまっさー!


    と、思い、
    もう直ぐゴールの秋田中心部を思いながら。



    th_1800001101IMG_4725.jpg


    か、買っちゃった(笑)。。




    今回はココまで。
    だらだら遠征に着実に近づいているながらも、計算すると当ブログ遠征比約80%カット。(笑)
    やはり自分のクセは治せないなあですが(笑)、即完結まで高速で続きます(笑)。



    では!明日も宜しくお願い致します!



    blogramで人気ブログを分析


    ランキング参加中です☆
    応援ポチりといただけますとウレシいです☆
    いつも本当にありがとうございます☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサーリンク

    テーマ : 食べ歩き!
    ジャンル : グルメ

    tag : 遠征 岩手 秋田 ラーメン道 道の駅

    スポンサーリンク
    プロフィール

    ものグラム

    Author:ものグラム
    2014年から始まったものグラムな生活。で、偶然にインスタントラーメンと出会う。

    以後1日1麺を基本に麺活道中邁進中。

    ただただ商品を紹介するだけで無く新たな試みも常に視野に入れながら、あーでもないこーでもないと頭ひねり中 (笑)。

    特にレアリティの高い一品に力が入る癖がある。

    もう一つの顔は動物フォトグラファー(自称←instagramでナショジオのジェイソンエドワーズにいいねを貰ったり、フォト蔵でピックアップに選ばれていい気になっているらしい笑)

    兵庫県明石市在住。

    file001〜0329はコチラから☆

    最新記事
    カテゴリ
    響 (1)
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ものグラムの歩み。
    ページジャンプGreenDisplayEdit.

    Presented by Asondara Nakamada. hen Game
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Thanks!
    ものグラムのつぶやき。
    Instagram
    サイト内検索
    ランキング参加中です☆
    グーバーウォーク☆
    楽天ショッピング
    ラーメンショッピング☆
    スポンサーリンク